FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚山ヒルクライムコース解析

おはようございます。

今日も雨の愛媛県です。
はい、今日も雨です(汗)
先週金曜日、1日から降り始めた雨は、断続的に降っては止みを繰り返し、昨日までで260mm(西条市)を超えているようです。
トップニュースになっている高知・徳島に比べれば可愛いものですが、それでも河川は増水しているし、山肌からは晴れたときでもじゃんじゃん雨水が溢れてくるし、サイクリングなんて考えるのもおこがましいような天候が続いています。

おまけに今度は台風11号がじわじわ接近中(汗)

1411-00.png

最悪コースです(大汗)
九州を横切って瀬戸内海に入るルートは、愛媛で一番被害が出やすいルート。
お願いだから予想ルートが変わって欲しいと思うところですが、こればかりは天に任せるしかないので、被害が出そうだったらできる限りの対策をする、というくらいしかないですね。

今年は本当に当たり年。
台風、大雨、何かと落ち着きませんし、体調的にもなんだかすっきりしません。
天気が悪いせいもあるかもしれませんが、なんだか動きづらく、月火とローラーは回しませんでした。
そんなことじゃいかんのんですけどね。
無理は出来ないお年頃なので、せめて精神面を向上させようと、石鎚山ヒルクライムのコースを解析して自分なりの対策をたててみようじゃないかと思い立ちました。

今日はその記事です。


まずはルートラボ掲載。



試走のときの物なので往復分になりますが、途中下りの計測しない区間がある、割と珍しいタイプのヒルクライム大会になります。

map_big2_20140806084214121.png

これがよく分かりますね。

なので、ヒルクライムを2本行うと思ったほうが良さそう。
途中の下り区間は必ず止まって給水しないといけないらしく、約20分間の休憩となります。

1本目が11km、平均勾配は大体5%。
ただ、このコースは独特で、前半の約5km、旧石鎚スカイライン料金所門までの区間は、平均勾配1.3%ということでほぼ平坦です。
その後の約6kmは、平均勾配8%弱。
この6kmに限ると、久万高原ヒルクライムの平均勾配6.8%を上回ります(汗)

なので、前半の平坦でどれだけタイムを縮められるか、後半の登りでどれだけ踏ん張れるかが鍵ということになります。

CIMG1410.jpg

試走のときは激しい腰痛でダウン寸前でしたが、それでもこの区間の景観の良さは特筆物です♪
試走の時はタイムどころでなかったのが悔やまれますが、一応ほぼ同じ距離の久万高原ヒルクライムメイン会場まで(約10km、平均勾配6.1%)で先日40分程度のタイムでしたので、同じくらいということで第1計測区間は40分を目標タイムにしたいと思います。


第2計測区間は約7.4km。
平均勾配は6.2%ですが、先日の試走でも感じましたが緩急織り交ぜた登坂となります。
先日の試走では散々で、歩くのとほぼ同じ速度(5km/h平均)でしか登れませんでした。

ただ、久万高原ヒルクライムで力を出せたことでちょっと自信をつけておりますので(笑)、試走の時の様な駄目駄目さは出ない予定です、はい。
第1計測区間よりも斜度が緩いし、距離も短いので、本当に出し切るつもりで走っても何とか最期までもつだろうと思っています。
まずはシッティングで維持できるぎりぎりの速度、ギア比を見つけ出して、あとはひたすら回す回す。
第2計測区間の目標タイムは35分と考えていますので、アベレージ14km/h程度。
久万高原の平均が12km/h台ですが、斜度が緩い区間では軒並み15km/h程度で走っていましたので、無理なタイム予想ではないはずです。

第1第2合計タイムが1時間15分ということで、逆算してのそれぞれの目標タイムではありますが、今のわたしなら十分行けるはず、と思っています。
あ、いや。訂正。


久万高原ヒルクライムでの力を出せればやれるはず!


です(笑)

あれからはや10日。
乗れていないし、腰痛はあるし、ちょっと増量傾向にあるので焦ってもいるのですが、本番当日に体調をどう整えるか。
そして、気持ちをどう整えるか、です。
この辺の大事さを、久万高原ヒルクライムで実感したばかりなので、徐々に上げていかないといけないな、と思っています。


えっと。

タイトルに「コース解析」と書いた割には解析になっていないような気がしますが・・・(笑)

一応まとめると、

第1計測区間・・・前半かっとばしてタイムを稼ぎ、後半の登坂をできるだけしのいで40分以内を目指す。

第2計測区間・・・限界ぎりぎりのペースを序盤でつかんで、最期までそれを維持して35分以内を目指す。

ということで、合計1時間15分(75分)以内で無事完走する、という、解析なのか目標確認なのか分からない記事になってしまいましたが、一応そんな感じで頑張ろうと思います。


さて次回の記事ですが、いよいよ発注していたブツが本日届きますので、そのインプレ記事を書きたいと思います!♪
乞うご期待!
あ~、楽しみ。
早く帰りたい(笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。