FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚山ヒルクライム試走? ~アブ情報あります~

こんにちわ。

土曜日に体重が62.5kgだったのが、日曜日の石鎚山系一周サイクリング後の夜に61.0kgになり、「よっしゃ、減量成功♪」と喜んでいたところが、昨夜62.0kgまで戻って意気消沈しているひろ父です(笑)

一旦落ちた筋肉がそんなすぐに戻るわけが無い。
減ったのは汗と補給が足りなかっただけ、という事実を受け入れるのにちょっと時間がかかりました(笑)


さて、石鎚山系一周サイクリングの第2稿目です。
前回は、

CIMG1560.jpg

クロモリロードで黒森峠を制覇したところまででした(笑)

到着したのが9時22分。
自宅を出発してちょうど3時間。
さすがに1本目のボトルが無くなったので追加。
写真を見ていただくと分かるのですが、普通のボトルにスポドリを入れて凍らせて、100円均一の保冷カバーにくるんだものを持参していました。

ふたを開けるとちょうどシャーベット状に溶けており、それを保冷ボトルに移し一口。
きーんと来るほど冷たく、ひじょ~に美味しかったです♪
あまりの旨さに数口飲み、ここで本日初の一服。
ここからはしばらく下り基調。
途中登りもあるとはいえ、22kmほどで昼食会場のおもごふるさとの駅。
1時間ちょっとだろうなと見込んで出発です。
ちなみに下り始めてすぐに久万高原町に突入します。

CIMG1561.jpg

しば~らく下り。
ここの下りはとても涼しく楽しかった♪
ほどなく分岐に出て左折。

CIMG1563.jpg

面河ダムのダム湖を眺めながらのんびり走ります。

・・・が、この辺にあった2つの坂が信じられないくらい激坂でした(大汗)
最初は「あ~、登りだ~」と気軽に登り始めたのですが、すぐに「これはいかん」とダンシング開始。
黒森峠をクリアしたすぐの登りということもあって足を使ってしまい、やっとこ登り切ると息も絶え絶え(汗)
距離が短くて助かった。
これがkm単位で続く坂だったら絶対に足をついていましたよ。

国道494号線から県道12号線に分岐し、見覚えのある道路になってからが逆に長く感じました。
あれ~、こんな遠かったっけか~と思いつつえっちらおっちら。
時速は20km/h程度。
思った以上に足を使ってしまい、「これでヒルクライム試走なんてできるんだろうか?」と思いながら走行。

それでもほどなく、

CIMG1567.jpg

おもごふるさとの駅到着~。

CIMG1565.jpg

トイレに行ってから撮ったので、到着時刻は10時20分くらいだったと思います。
本当に予定通り(笑)

ここで昼食休憩を摂ります。
お腹の減り具合で、試走後の土小屋でも、と思っていましたが、お腹がぐーぐーなって仕方ない(笑)
それでも試走前だからと量を減らして、

CIMG1566.jpg

わかめおにぎり2個(200円)のみの昼食休憩としました。
前回試走で訪れた時は、

CIMG1406.jpg

山菜おにぎりでした。
おにぎり大好き(笑)

米の1粒1粒を味わうようにゆっくり食べます。
お茶があるからそこ座りな~、と言ってくれたおばちゃんに従って小屋の中で食べました。
お茶が熱いやつで「冷たいのが良かったな」と思いましたが、この熱いお茶が染み渡って美味しかった~♪
どうしてもドリンクでも何でも冷たいものを求めてしまうので、温かい物が腹に入ると落ち着くというかなんというか。
昼食で熱い飲み物を飲むようにしたら良いなと思いましたよ。

昼食休憩は30分の予定。
予定よりまだ早いので、11時まで休憩するつもりでのんびりします。
試走に来ているサイクリストがちらほら。
メールばかりではなんだからと思って奥さんに電話しているところで土砂降りの雨(汗)
これはまずいな~と奥さんと話していると、10分足らずで止みほっと一息。

CIMG1568.jpg

電話を切って元気を補給し、バイクのサドルだけ水分を拭きとって、準備万端整えて11時ジャストに試走開始!

ここからはしばらく写真無し(笑)

まず平坦区間ですが、先ほどの土砂降りの雨が、その後注ぐ日光に炙られて路面から湯気が立ち上ります。
これがま~なんというか暑い
気温は下がっているはずなのですが、立ち上る湯気が本当に熱い湯気で、メガネやミラーが曇るくらい。

おまけに30分の休憩ではリカバリーできなかったらしく、足が全く動きません(笑)
ここまで70km。
途中桜三里、黒森峠、急坂2つをこなしてきて、後で調べてみるとすでに獲得標高は1300m。
ま~、疲れていたんでしょうね~(笑)

なんと平坦区間でインナーロー発動(爆)
まぁでもよく分かりましたが、前半5kmの平坦区間も真っ平らというわけではなく、細かいアップダウンがありました。
これが分かっただけでも試走に来たかいがある、と前向きに捉えて登坂区間突入。
当然のようにインナーロー縛り(笑)
時速はそれでも12km/h程度は頑張ってキープ。

・・・途中まではね(笑)

残り3km辺りからもう息も絶え絶えとなり、それでも前回の5km/hにはならん!と頑張って7km/hキープ(笑)
やっとの思いでたどり着き、

CIMG1570.jpg

タイムは52分~(爆)
遅!
一応目標タイムは40分なんですけどね~。
ま、いっか。と気分を切り替えて下り(笑)

ちなみにここで1万キロ突破していたことに気付きました。

CIMG1569.jpg

ここから27km手前ということは、おもごふるさとの駅にたどり着く16km手前。
黒森峠をクリアしてほどなく。
たぶん、

CIMG1563.jpg

この辺で達成したんじゃないかなと思います。
一応そういうことにしておこう。
1万キロ達成は面河ダムのダム湖で達成、ということで(笑)

さぁ第2計測も頑張るぞ!(笑)

・・・と、走り出そうとした瞬間、



痛い!!



首筋に激痛!!





アブにやられました(泣)




痛みが出た瞬間ばしっと首をたたくと、グローブに止まって「ギロッ」とこちらを見ているアブと目が合いました(汗)
そのまま何事もなかったかのように飛び去り、首の痛みだけが残ります。
・・・アブって強いのね。
相当強く叩いたはずなのに(汗)

そのまま下って、

CIMG1571.jpg

下りの給水ポイントと思われる空き地を見つけ停車。
こんなこともあろうかと、

CIMG1573.jpg

これを持ってきていました。
保冷タオルとムヒ。
保冷タオルは先ほどの昼食休憩で改めて洗ってフロントバッグに入れておいたので、まずタオルで首筋を拭いて冷やします。
で、写真。

CIMG1572.jpg

見事に刺されておりました(汗)
先の記事でコメント頂いたように、アブは刺します、はい。
しかも、かなり痛いです、はい(泣)

で、ほどよく冷やしたところでムヒを塗ります。
ついでなので首全体に塗りました。涼しくてよかった(笑)

その後は、保冷タオルを首に巻いてしっかりガード。
保冷効果もかなりあったので、大会当日も暑かったらこの手でいこう。

ちなみに当日の服装ですが、長タイツ、長袖インナーに半袖ジャージでした。
唯一露出していたのが手首と首筋だったわけですが、ま~見事に首筋をやられましたね。
情報によると、服の上からでも刺すらしいですが、どっちかと言えば露出しているほうがアブにとっても刺しやすいのではないかと。
この日は一日通してアブなどにたかられながらのサイクリングでしたが、結局刺されたのはこの1回だけ。
できるなら、長袖ズボンで保護しておいたほうが良さそうですよ。

ちなみにちなみに。
刺されてすぐに清潔にして冷やして薬を塗ったのが良かったらしく、刺された痛みはほどなく消え、今日現在でも全く後遺症がありません。
刺されるのは服装である程度予防するしかないけど、刺された後の薬を持っていくと後が格段に楽ですよ。
小さいものだし、ジャージのポケットに入れておいてはいかがかなと思います。


と、余裕のコメントを書いていますが、第2計測は地獄でした(笑)

CIMG1575.jpg

CIMG1574.jpg

スタート地点と思われる空き地に到着し、エネルギーを補給して、12時10分にスタート。
もちろんインナーロー縛り(笑)
もうね、頑張れる気がこれっぽっちもしない(爆)

やっぱりぐるっと回って試走は無謀だったなと実感しながら、それでも登らないことには先に進めないので亀走行。
時速?一桁ですが何か?(笑)

まぁそれでも終わらない坂はないので、途中で同じサイクリスト(MTBでした)に2回抜かれたり、仕事の電話がかかってきて歩いたり(はい、足つきです)、もうこれ以上ないくらいぐだぐだな状態で登り、

CIMG1577.jpg

なんとか到着。
57分。参考にもなりません(笑)

まぁとにもかくにも終わりました。
そして、この時点で瓶ヶ森林道に上る気持ちは欠片もなくなりました(笑)
とりあえず休憩~。

CIMG1578.jpg

CIMG1579.jpg

CIMG1580.jpg

ここの標高って1492m(いよくに、だそうな)だったんですね(笑)
さすがに気温が低く、雲が勢い良く流れ込んできます。
かなり寒いので、休憩してすぐにウインドブレーカーを羽織ります。
雲は厚かったですが、さほど天気が悪いという感じでもなかったので、大会当日も防寒具は必須ですね。

食欲も全くなくなるくらい疲労困憊し、座り込んだら立ち上がれなくなるような気がしたので立ったままストレッチ。

CIMG1581.jpg

土小屋でトイレを借りて、売店を覗いたけど購買意欲がなくすぐに出て、補給食(これも写真撮り忘れ)のバーを1つだけ食べてリスタート。
時刻を見る余裕もないほど疲労困憊していましたが、ここからは下り基調が続きます。
リスタート時刻は13時25分。
直前に携帯で写真を撮っていて良かったです。

さぁ下り!・・・なのですが、

CIMG1582.jpg

げげっ!
前が見えない(汗)

文字通り大きな峠を越えて一安心、と思っていたのにどうなることやら・・・
これも文字通り暗雲立ち込めたところで、今回はこれにて終了。

次回、完結編!
乞うご期待!(笑)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

数年前盆に石鎚スカイラインを車で登って途中止まって外に出たら
うわ~~アブ アブ アブでした。

ドアを開けていると車内まで入ってきてあせりましたよ。
ということで石鎚=アブということで
トラウマです。

本番のヒルクライム頑張ってくださいね

さすが!

アブに注意と、言葉で言うだけでなく、
刺されて実演までしてくれるなんて、
ブロガーの鏡ですねw

本番ではアブがとまれないほどのスピードで駆け上がると期待しております(≧∇≦)

Re: まっくろくろすけさん

おはようございます。

アブはね、嫌ですね、ほんとに(汗)
晩秋になるといなくなる(気温&オニヤンマ)らしいですが、今年はまさにベストシーズンみたいです(笑)
本番当日もアブに負けずに頑張ります♪

Re: ガサルスさん

おはようございます。

痛かったですが、「ネタゲット♪」と一瞬思ったのは事実です(笑)
アブを振り切るほどのスピードですか~?
無理!(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。