FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華ライトをぽちりました ~UltraFire 501B XM-L U2+~

こんにちわ。

昨夜から雨の愛媛県東予地方。
そのせいもあってすごく涼しく、久しぶりにエアコンをつけずに寝ました。

ま~その~、一人だけなので室温が上がらない、ということもあったと思いますが(笑)
いつもは5人家族で川の字になって寝ていますから、その分室温も上がっているはず。
一人というのはいろいろ普段と違って、テレビの音量はかなり小さくても大丈夫だし、洗濯物がたまらないし、洗い物もたまらないし・・・

なにより静か過ぎて落ち着かない(汗)
予想通りというかなんというか、落ち着かなくて眠れず、1階の居間に布団を敷いて、テレビをつけっぱなしで寝落ちしては起きを繰り返し、寝たのか寝ていないのか分からない状態で起床しました(笑)

朝から、兄ちゃんに末っ子に、起きるたびに子供達が電話してきて「おとーさん起きてる?」と起こしてくれたのには笑いましたが(笑)
今日はプールに行くんだそうな。
天気大丈夫かいな。


さてタイトル通りの記事なのですが、とうとう手を出してはいけないものに手を出してしまいました。
これまで使っていたのは、度々記事に登場していますが、



ジェントスの355Bと、



キャットアイのEL340でした。

ただ、元々ロードバイクで高速走行をしている時にはほとんど役に立たないくらい暗く、それを先日の石鎚山系一周サイクリングで改めて実感してしまったので、さすがにこの体制を継続は無理と思っていました。
加えて、31日に石鎚山ヒルクライムがありますが、このコース上にもいくつか短いトンネルがあります。
なにより、ホームコースの1つである寒風山ルートも3つトンネルがあり、特にダウンヒルの最中に路面を確認できないので危ない、ということがありました。

ただ、光量の大きい品質の良いライトというのは軒並み高額。



これが一番安く、評価も高いのですが、EL340を使用してみて、あまりに光の範囲が狭いのを体験してしまっていますので、上位機種とはいえキャットアイはちょっとどうかなと思っています。
全然違うのかもしれないですけどね(笑)

折りしもタイミングよくamazonギフト券が2500円ほど届きましたので、駄目元で一度使ってみようと中華ライトに手を出すことに決定。

購入したのはこちら。

CIMG1595.jpg

CIMG1593.jpg



UltraFire 501B XM-L U2+の、電池と充電器のセットです。
購入先はamazonのi-Ponさん。
中華ライトの中で、一番レビューの評価が高かったところから購入しました。

中華ライトと言うと、



こちらのタイプのほうが購入される方が多いみたい。
実際、当ブログのメンバーの中にもこちらを買っている人がちらほらおります。

なぜ今回ペンライト型の方を購入したのかと言うと、

① バッテリーを別にバイクにつけるのが鬱陶しい。
② 今までのライトが全部ペンライト型なので統一したい。
③ 一応防水加工だから。

という3点が理由だったりします。
もう一つの理由として、ペンライト型はいざと言うときの懐中電灯の代わりになる、という利点もあります。
落雷や大雨など、最近気象状況が落ち着かないこともあって、自宅にはわたしのバイク用ライトの他に2つ懐中電灯があるのですが、いざと言うときに家族全員が持てるようにしておきたい。
今回ペンライト型を購入したことで、自宅にあるライトは5つになりましたので、いざと言うときでも安心です。

電池は18650型3.7Vリチウムイオンバッテリー。
初めて見ましたが、結構大きなものですね(笑)
容量は2,600mAhということですが、レビューを見ると実際には1,800mAh弱ということで偽物だそうです。
というか、ライト自体がそうらしいので、この辺は許容範囲内(笑)
実際に使えたらOKだし、わたしは夜間走行はしないのであくまでトンネル走行専用。
時間的に1~2時間もてば十分ですので、そういう意味でも中華ライトで十分。

心配していたのが初期不良(これがま~よくあるらしい)だったのですが、電池を充電して使ってみたところちゃんと点灯しました。ほっと一安心♪
ちなみに、



ジェントスで使用していた、このライトホルダーで2号機に装着しています。

これまでのライトと光量を比較してみようと写真を撮ってみたのですが、わたしの馬鹿たれカメラはなんとジェントスの方が明るい写真しか撮ってくれません(笑)
改めてビデオ動画で比較してアップしてみようと思いますので、これはしばらくお待ち下さい。

まだ実際に走って使用はしていないのであれですが、今までのライトに比べて格段に明るいのは間違いないです。
ただ、1300ルーメンは、嘘(笑)
レビューの中にも書いてありましたが、せいぜい5~600ルーメン程度ではないかなと思います。
爆光、とまではいかないような気がしますが、それでも比較にならないほど明るいので、これでトンネル問題は解決・・・してくれたらいいなぁと思っていますが。

どうかな?(笑)

今年は、大物の購入はありませんが、こういう小物の購入が続いています。
ちょっとね、お小遣い事情的に厳しいものがあるのですが(手術もしたしね)、背に腹は変えられないので大事に使っていこうと思っています。

ジェントスは1号機専用に戻し、キャットアイは非常用で引き続き2号機で使用予定。
ジェントスは元々ホルダーが付属していたので、ライトホルダーを中華ライトに転用しても1号機での使用は可能です。
当初は売り飛ばそうかとも考えましたが、懐中電灯としての役割もあるし、なんだか愛着があるので引き続き使用します。

特にジェントスは初めて買ったライトだし、1号機から使用してかれこれ3年ほど使っていますから。
故障一つしないし、ロードバイクでの高速走行では暗すぎるけど、時速20km程度ののんびり走行であれば夜間でも十分明るいのは、1号機での自転車通勤時代に体験済み。
品質は良いのですけどね~。
これ以上の光量の物になると、途端に高額になってしまうので手が出せません(笑)

中華ライトは、石鎚山ヒルクライムで初実走ということになります。
役に立ってくれたらいいな~♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。