FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回石鎚山ヒルクライムレポート ~レース編~

おはようございます (^。^)y-.。o○

一夜明け、全身筋肉痛のひろ父でございます。
今日休み取っておいて良かったと、文字通り痛感中(笑)

昨日の記事をアップした直後にリザルトも発表になりました。
その辺も加えて、大会の様子をアップ。
全部一記事で網羅するのは無理なので、今日はレース本番の様子を中心にお伝えします。
一応、昨日あったことの7割程度は盛り込むつもりですので、長文覚悟でお楽しみください (^O^)/


朝3時45分起床。
朝食を食べて4時半に自宅を出発。
まずは参加メンバーと合流するために、一路松山を目指します。

CIMG1619_201409010615512d2.jpg

三坂峠登り口のローソンで仲間と合流。
ぱぱんさん、突撃隊さん、Pさんの3名です。
もう一人、masaruさんとは現地で落ち合うことになっています。

時間がないので早速出発。

CIMG1620_20140901061552622.jpg

マイカートレインで一路久万高原へ。

CIMG1621_20140901100753c5f.jpg

久万高原町内に入ると天気が一変。
厚い雲に覆われて山々が見えません(汗)
また雨かい~と思いつつ先を急ぎます。

で、受付会場に到着。
前日受付を済ませているぱぱんさんとは、ここで一旦お別れ。

CIMG1622_2014090106155512c.jpg

仕七川小学校にて受付。

CIMG1623_20140901061611993.jpg

ゼッケンや参加賞、そして大事な計測タグを頂いて、今度は駐車場である旧面河小学校を目指します。

この辺からわたしのテンションだだ上がり(笑)
運転中なのに、にやにや笑いが止まらず、無事走れる喜びに浸ります (;^ω^)

7時ごろ、面河小学校到着。
すでにほぼ満車状態で、運動場ではなく脇の高台に誘導されます。
準備をして、7時半ごろ出発。
ここから会場まで約5km。
アップがてらロードバイクで走ります。

で、会場到着。

CIMG1624_20140901061612c73.jpg

CIMG1625_201409010616149e4.jpg

CIMG1631.jpg

すんごい人だかり(汗)
空いているバイクラックを探すのも一苦労で、ここで一旦メンバーとははぐれます(笑)
トイレに行ったりうろうろしている間になんとか合流。
突撃隊さん、Pさんとは合流できましたが、ぱぱんさんとはちらっとお会いした後再度はぐれ、masaruさんとは開会式直前になってやっと合流。
結局ぱぱんさんとはレース中もお会いすることなく、昼食会場でやっと合流できました(笑)

せっかくなので3人で記念撮影。

CIMG1629.jpg

CIMG1630.jpg

緊張と笑顔が入り混じった良い顔しています (^_^)v

そんなこんなしているとあっという間に時間が経ち、開会式開始。

CIMG1635.jpg

CIMG1636.jpg

この天候不順の中晴天に恵まれた、と中村県知事があいさつしましたが、

CIMG1627_20140901061618fa0.jpg

この頃には本当に抜けるような青空が広がり、陽射しが痛いくらい。
寒さ対策は万全にしてきましたが、暑さ対策はさほどでも。
オーバーサングラスも持ってきていましたが、荷物預けの段階ではそこまで晴れていなかったので、下山用のゴール行き荷物と一緒に預けてしまったし(汗)
しまったな~と思いつつ、何とかなるさと気楽に開会式の話を聞きます。

大会の注意事項など説明があり、開会式終了。
年代別カテゴリーごとにスタートとなるので、久万高原ヒルクライムと違って大規模スタート。
スタートの混乱に巻き込まれないようにしようとメンバーと打ち合わせます。

で、

CIMG1640.jpg

レッドブルを無料配布しているらしいと聞いていたのに見つからなかったのですが、スタート直前にゲット♪

CIMG1639.jpg

とても可愛らしい、スタイル抜群のお姉さんから頂きテンションさらにアップ♪(笑)
ちょっと化粧濃ゆかったですけどね~。

この辺から、会場全体の雰囲気が高まっていきます。
スタート10分前から順次整列開始。
四国のてっぺんクラスからスタートし、順次若い者からスタート。
うちら40代クラスは後ろから2番目。9時20分スタート。
まだ30分もあるので、整列もせずにしゃべくりタイム。
そんな中、

CIMG1641.jpg

9時に四国のてっぺんクラススタート!
飛び出していく先頭集団のスピードに「速すぎだろ!」と突っ込みを入れながらさらにテンションアップ。

CIMG1642.jpg

突撃隊さんは30代クラスなので一足先にスタート。
わたし、Pさん、masaruさんで「ファイト!!!」と送り出し、いよいよわたし達40代クラスの番。

CIMG1643.jpg

スタート地点に並びますが・・・多すぎませんか? (;^ω^)
40代クラスは総数202名。
何名かDNSされた方もいらっしゃるようですが、写真に写っている全員が40代(笑)
Pさんはスタートダッシュを決めたいとのことで前方に陣取り、わたしとmasaruさんは後方からスタートの混乱に巻き込まれないように走る作戦。

残り1分!の声に緊張が高まり、9時20分スタート!! (^O^)/


ここからは写真ほとんどなしでレースの模様をお伝えします(笑)

まずスタートから4.8kmは平たん区間。
試走ではそれなりにアップダウンがあることも知っていますが、レース本番は全く違いました。
集団での走行で風の抵抗が全く感じられず、周囲の速度も徐々にアップ。
気づけば40km/h前後。
そして、

足が軽い!腰も痛くない!気力も十分!

行ける!
ここで確信し、一緒に走っていたmasaruさんを振り切って順位を上げていきます。
スタートから1kmほどで一車線走行になりますので自然に集団の密度が上がる。
集団走行は基本大嫌いなのですが、この時は少しでも前へと気持ちが上がり、隙間を見つけてはすすっと前に出ていきました。
この辺で50名前後はパスしているはずです (^_^)v

橋で直角に右に曲がり、関門を通り抜けていよいよ登坂区間突入。
平均勾配7%ほどの登りが6.2km続きます。
ここでも好調さを確認。
少しペースを落として、それでも15km/h前後をキープしながら走行。
力を入れ過ぎて腰に痛みが出ないようにと、最初からインナーロー。
それでも足がくるくる回る感触がありましたので、余裕があるときはギアを上げて、傾斜が強くなったらすぐに軽くしてを繰り返します。

そして、久万高原ヒルクライムで会得した、踏む~回す~引き足の交互ペダリングを最初から投入。
傾斜が緩く感じたら回し、きつくなったら踏み、しんどくなったら引く。
なるべく多くの筋肉を動員できるように、上体も振ったり固定したり。
ハンドル位置も基本フラットですが、中心に近いところを持ったり離したり、ブラケットを持ったりとにかく一点だけに疲労が集中しないように気をつけて走ります。

登り始めて1kmくらいでかなりの人数をパス。
集団が落ち着いてきて、同じくらいのペースの方を数名見つけました。
久万高原の時のように全く同じペースの人はおらず、それぞれ緩斜面に強い人急斜面に強い人がおり、抜きつ抜かれつの良いペース。
心配していた腰の痛みも感じず、必死に前だけを見て登ります。

そして、第一計測終了!
サイコン表示で38分45秒と確認!
よし!40分切れた!
ここで、目標タイムである75分切りできるかもしれないと実感し、さらに気持ちが高まります♪

下りはのんびり、なるべく足を止めないように軽いギアでゆっくり走行。
かなりの人数にパスされましたが、下りで速く走る必要は全くないので休憩がてら走ります。
そして、給水ポイント到着~。

CIMG1645.jpg

すんごい混雑。イモ洗い状態 (;´・ω・)
ここではあまり休憩できないなと思っていると、突撃隊さんと合流。
調子が出ない~とおっしゃっていましたが、いやいやなんのなんの。
聞くとPさんはとても速かったらしく、1時間切れるんじゃないかと(汗)
すげ~な~、速いとは思っていたけどそんなに速いんだ (^_^;)

水ボトルだけ受け取って、水分補給して、足がまだまだ回る感触があったのでそのままリスタート。
しようとしたところでmasaruさんと合流し、せっかくだから飲んでいきなよと教えてくれたのが、

CIMG1644.jpg

メイタンブース。
人だかりで見えていませんでした。masaruさん感謝~ <(_ _)>

補給を済ませ、これで大丈夫と確信し、masaruさんに「良い調子なのでこのまま行きます!」と伝えリスタート。
足をくるくる回しながら下り、少し回復したかなと感じたところで第2計測スタート。
下りの勢いを利用して、100mほどは20km/hオーバーで登り、徐々にギアを軽く、速度を落としてペースを見つけて登ります。

第2計測は年代別入り混じっての走行。
第1計測後半でも30代クラスの人は交じっていましたが、速い方は50代クラスの人が抜き去っていき、遅い方は四国のてっぺんや10代20代クラスの人も交じっている。

で、

女性ライダーも多々交じるようになり、余裕がある時は「ファイト、頑張れ!」と声をかけつつ走行。
もちろん、余裕がない時は無理でしたが (^_^;)

そして・・・

この辺から、しんどいはずなのにやたらと楽しくなってきました(笑)
自然に笑みがこぼれ、カメラの撮影に対して「楽しい!最高!」と叫びながら通過 (^_^;)
カメラマンから「余裕あるじゃないか!」と声がかかり、「おぉーーー!!!」と答えて速度アップ。
・・・すぐに落ちるんですけどね(笑)
この後、声がかかるたびに「おぉー!」と答えて速度アップを繰り返し、それが足への疲労に繋がらないので楽しいったらありゃしない♪

コース全般に、「後何km」の表示を持った係員さんが立ってくれていたのですが、途中からサイコンの表示を見ずに、その表示を見てさらに意気を高め、同じペースの方々と競い合って走っていました。

それでも確実に疲労は蓄積。
ハムストリング&大臀筋、特に右側が攣りそうに痛み、腰も徐々に痛くなる。
握りしめている腕や肩も痛みだし、気付いたら力を抜いて上体を倒して、力を入れるときは上体を起こして、振ってみたり固定してみたり、とにかくペースが極端に落ちないように、何よりペダリングの力が抜けないように(一度抜けると入らない)。
やっぱりヒルクライムは苦しい。
けど、それ以上に楽しい!を実感しながら走ります。

そして、残り1km。
途中に下り区間があるのを覚えているので、そこでペースアップするつもり。
足が攣りそうなので、ここまでダンシングは一切していませんでしたが、下りの勢いを利用してダンシング!
・・・すぐに攣りそうになって慌ててシッティング(笑)
えっちらおっちら、後500、400、300、200・・・

そして残り100mでゴール地点を確認し、足が攣っても構わないとギアを上げてダンシング!
ゴール直前で前を走っていたライダーをパスし、


ゴール!!


10637746_451212041686344_87943922_n.jpg
10637965_451212011686347_1738748184_n.jpg
(Pさんがスマホで撮影してくれました。多謝)

小さくガッツポーズ。
タイムを見るのを忘れてしまったので、多分35分くらい? (;^ω^)
第一計測と合わせて・・・おっ、74分台じゃないのかな!
目標達成できたかもしれないという想いもあって、嬉しさがこみ上げてきます。

そして、Pさんと突撃隊さんが出迎えてくれました。
というか、いつ抜かれたのか覚えていないんですけど(笑)
給水ポイントでmasaruさんと話している間に、先に出発していたんだろうか。

下山用の荷物を受け取り、3人で話をしているとmasaruさんも到着。
足が攣ってしまったとのことでかなりしんどそうでしたが、それでも無事ゴールできた喜びを分かち合います。

CIMG1646.jpg

CIMG1647.jpg

ゴール後のお楽しみ、とろけるプリンを受け取って座り込み、レース中の様子などをお互い話し合います。
わいわい話をして、これも偶然ですが久万高原ヒルクライム山頂でお会いした方々とも再度出会い、写真撮影をお願いしました。

CIMG1648.jpg

もうね、笑顔しか出てこない(笑)
山頂地点もさほど寒くなく、放っておいたらいつまでも話が続きそうでしたが、係員が「準備ができた人は下山してくださ~い。大変混み合ってきました~」と何度もアナウンスしているので下山。

CIMG1649.jpg

CIMG1650.jpg

わたしも右足が攣りそうなので気をつけて移動。
待っている間にストレッチしたり、トップチューブにお尻を押し付けてマッサージしたり。

CIMG1651.jpg

自撮りしてみたり(笑)
普段自撮りなんてめったにしないのに、よっぽどテンションが上がっていたんでしょう (;^ω^)

さすがにひんやりしたので、ダウンヒルの影響も考えてウインドブレーカーと長指グローブは装着。
正解でしたが、標高が下がるにつれて暑かったです。

下りの最中はmasaruさん、Pさん、突撃隊さんとわいわい話しながら走行。
途中登り(行きの下り区間)でmasaruさんが千切れてしまいましたが、のんびりわいわい話しながら下るのはまた楽しかった。

会場到着直前で、すぐ前を走っていたライダーがパンクしたのにはびっくりしましたが Σ(・ω・ノ)ノ!
よく転倒せず持ち直したもんです。
下りでのパンクは怖い、と話ながら、クダリストの突撃隊さんにPさんが「70km/hオーバーはやめようよ~」と説得を試みたり(失敗しましたが(笑))。

なんだかんだで無事会場まで戻り、お腹が空いたので昼食のうどん。

CIMG1653.jpg

CIMG1654.jpg

愛媛独特の甘めの汁が染み渡って美味しかった~。
量もあったし、デザートも取り放題だったので満足。
masaruさん、ぱぱんさんとも合流しわいわい。
閉会式の途中で天気が怪しくなり、リザルトもなかなか出ないので、わたしは先に失礼させてもらうことに。

途中雨が降りだし、早めに帰って良かったと車載。
載せ終えたところで、

CIMG1666.jpg

どしゃ降りの雨になりました (^_^;)
その後なんだかんだあって、帰宅したのが17時前。
バイクを洗車して、シャワーして、短報記事を書いて一息。

夕食の前にリザルトが発表されているのを確認。
以下記載します♪


< ひろ父リザルト >

タイム : 1時間13分34秒95
      第1計測 38分28秒94
      第2計測 35分06秒01


年代別順位 :  79位 (出走182名、DNS26名)

総合順位  : 251位 (出走577名、DNS91名)



でした。

というわけで、


目標タイム75分切り、年代別・総合順位半分以上という、当初の目標を大きく達成できましたよ~! (T_T)ウレシナキ


もうね、本当にシンジランナイ。
出走できるかどうか、完走できるかどうかという状態での出場でしたが、予想外に調子が良かったこと、何より仲間の存在が背中を押してくれて、無事目標達成することができました。
楽しくて楽しくて、仕方ない大会でした。

書きたいことがたくさんあるのですが、今回はこれにて終了。
一緒に出場した仲間に深く感謝。
大会のサポートをしてくれたたくさんのスタッフさんにも感謝。
沿道で応援してくれた人、同じペースで走ってくれた出場者。
いろんな元気をもらいながら、無事走りきることができました。

もちろん、家族にも感謝。そして陳謝。
心配をかけてしまい、それでも父の我儘で出場させてくれた。
ロードバイクは一人で走るものだし、走っている最中は誰も助けてくれない(アシストなどは除外)だけど、こうした人たちの後押しがなかったら走れなかった。
それを、とても感じた大会となりました。

今回はレースの模様を中心にざっと書きました。
書けていない点、笑い処などは次回「雑記編」ということでまとめます。
リザルトについては、大会ホームページの事務局ブログから見ることができますので、まだ見ていない参加者の方々、興味がある方などはご覧ください。

ということで、まずはレース編終了。

今日は休みですが朝から雨。
全身筋肉痛改善の為、午後少しだけローラーを回すつもり。
子供たちは2学期が始まりましたので、午前中は奥さんと二人きり。
昨日の感謝を込めて、ちょっとデートがてら買い物に行ってまいります (^O^)/

ではまた。後日 (^。^)y-.。o○


関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

こんばんわ( ̄^ ̄ゞケイレイ!
初コメ失礼します。ゴール後に「ブログされてるかたですよね?」と声を掛けさせていただいた者です。
初めてお会いする方に失礼かなと思ったんですが、せっかくの機会だと思って声を掛けたのですが、掛けた後から何だか緊張してしまい言葉が続きませんでした・・・すみません^^;
あらためまして目標達成おめでとうございます!
私は今回初参加だったのでスタート前はどうなることかと思っていましたが、スタート後は何も考えずペダルを回していたように思います。
でもゴール後は達成感MAXで、やっぱりヒルクライムは楽しいなと再確認できました。
(特に同じ年代で走られてる方々が多いので励みになりますし)
来年の大会も出たいなと今から思ってますよ(笑)
またどこかでお会いすることがあればよろしくお願いします。

Re: タフBeeさん

おはようございます。

はい、覚えております(笑)
あの時はすみません。こちらもゴール直後で仲間とも合流したところでテンションが上がってしまって、こちらから話を広げることもしませんでした(笑)
楽しかったですね~♪

早速ブログにもちらっとお邪魔しました。
岡山の方ですか?
大会などではまたお会いすることもあると思いますので、その時はよろしくお願い致します。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。