FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイチャリメンテナンスしよったらポジションまで調整できたんよ~

思い切り伊予弁のタイトルにしてみました (^_^)v


前回の記事でこういうことを書きました。

春の寄り道ポタリング

ネタが2つ手に入ったのでまず1つ書きます~。
ということはネタがもう1つあるわけです。

もう1つのネタというのが前々回の記事に関係ありまして、

あちこち微調整が必要になってきたかな。

ここで、最近目立つようになってきた、マイチャリの問題点について書きました。
特に気になったのが、マイチャリ各所で鳴る異音。
これをなんとかしたいと思い、先日帰宅後、平日ではありますがマイチャリのメンテナンスをしたのです。
これが今日の記事 (^。^)y-.。o○



まずは、前々回の記事では書いていなかったペダル。
というかクランクなのかな?
前々回の火曜日帰宅時から、ペダルが一回転するたびに「カコン」と音がする。
なので、走行中ず~~~っと、カコンカコンカコンカコンカコン・・・
とにかく気に障ります(笑)

一度ペダルを外して・・・と思いましたが、全く外れない(笑)
じゃあクランクを・・・と思いましたが、これもまた外れない(爆)
ネットで調べると、非常に固いので・・・と書いてありますが正にその通り。
しば~~らく頑張ってみるも、「無理!」と判断。
結局そのままに。

なぜか翌日から異音解消(笑)
う~ん、どういうことだ??? (^_^;)


気を取り直して次の問題。
ハンドルあたりからの異音です。
速度を出したりダンシングすると「ミシミシ」いうあれです。

わたしのマイチャリはクロスバイクとは言え「なんちゃって」ですので、一般のクロスバイクとは構造が違います。

画像 013

バーエンドバー装着時の写真流用(笑)

見てお分かりのように、ハンドルとステム、さらにはヘッドチューブ内にはめ込むパイプまで一体となったタイプ。
画面中央に見える丸い部分をレンチで緩めると着脱可能です。

なのでハンドルやステムの交換なぞできんのですわ~(泣)

とにかくここを一回緩めて再度締め直そうという計画です。
ここは今まで何度かいじったことがあるので、簡単に外れます。
で、再度ハンドル位置を調整の上締め直す・・・

あ、しまった。ちゃんとはめ込まずに締めちゃった。
・・・あれ?

きちんと固定できてるねぇ。

ということは・・・



マイチャリってハンドルの高さ調整できたんだ~!!(爆)



え~~っと・・・
何言っとん?と言われるかもしれませんが (^_^;)

いやね、言われて当然だとは思うんですがね。
買った時に付属していた説明書、という名の紙切れに、「きちんと底まで入ったのを確認してからしっかり締めて下さい」って書いてあったのよ。
今はもうその紙切れは紛失しているんですけどね。

だから、てっきりハンドルの高さは固定されているものなんだと思い込んでいたわけですよ、奥様 (^_^;)
それで、ハンドルの高さは固定なので、それに適応しかつ自分としても合っているポジションを出せるようにサドルの高さを出していたわけですが・・・

実は、自分としてはもっとサドル高上げたかった (^_^;)
なぜなら、どうしても足が地面にしっかり着くくらいまでしか上げられなかったから。
その高さだと、どうしてもペダルを下まで踏み込んだ時に、膝が曲がったままになってしまうわけです。

ポジションだしの基本。
ペダルを一番下まで踏み込んだ時に、膝が軽く曲がる程度。
かつ、つま先が地面につくかどうかくらい。

なのに、基本信号待ちの時にはサドルから下りてトップチューブを跨ぐわけですが、サドルにどっしり座ったままでも足が地面に着くのでそのままでも待てる。

これが今までのポジションだったわけです。


でも~、ハンドルの高さが変えられるといことは~、すなわち~、サドルの高さも上げられるということじゃないですか!! \(◎o◎)/!

早速実行♪


画像 014

これが元の位置。
これを・・・

画像 015

嬉しさのあまり、いきなり2センチアップ(笑) (^_^)v
ちなみにくるくる巻きついているのは、サイコンの導線ですよ。

試しにハンドルに思い切り加重してみたりしましたが、きちんと固定できているようです。

これに合わせて、結局サドルは1センチアップしました。
このくらいが高さ的にちょうどみたい。
合わせて1センチほど緩やかな前傾姿勢になるわけですが、その辺は実際走ってみてから調整するつもり。

今までは、あくまでできるだけサドルを上げたい、というのを優先した結果の前傾姿勢でしたので、クロスバイクなんだからさほど前傾姿勢じゃなくても良いのかな、という想いもあり。
サドル高はちょうどなので、もっと前傾にしたいなと思ったらハンドル高を調整すれば良いですよね。


ここまでの結果に大変満足し一服する父。
この時点で、きっかけが「異音」だったことはすっかり忘れております(笑)
あたかも始めから高さ調整が目的だったかのような達成感。
窓から奥さんが、「まだお風呂入らんの?」とおっしゃいますが、いえいえまだやることがあるのですよ (^。^)y-.。o○


ついでにやりたかったのがタイヤのメンテ。
買ってから8カ月。
幸運なことにパンクが一度もないことを幸いに、ず~っと空気を入れっぱなしだったタイヤ&チューブ。
一度空気を抜いて確認&メンテしたいと思っておりました。

以前パンク修理関係のものは百円均一で揃えたはずだったのですがどうしても見当たらず。
なので仕事帰りに購入。


画像 016
画像 018


まずは、前後の空気を抜いて虫ゴムのチェック。

・・・空気が抜ける音が思いのほか大きくびっくりしましたが(笑)

画像 017

前は大丈夫でしたが、後ろの虫ゴムは少し穴が。
せっかくなので交換。

タイヤとチューブも確認しましたが、亀裂や穴、劣化などは見えずとりあえず大丈夫そう。
きちんと虫ゴムはめて・・・
と、ここでまた父の馬鹿さ加減が露呈。
いや~、適正空気圧ってちゃんとタイヤに書いてあったのね(笑)

素直にその数値まで空気を入れると、結構パンパン。
ということは、これまで結構低い空気圧でず~~~っとひたすら頑張っていたわけで。
う~ん、やっぱり基本って大事ですよね (^_^;)

ここで奥さんから、「前買ったパンク修理のやつって、これじゃないの?」

ん?

画像 020

というわけで、2セットになってしまった修理キット(笑)
しかも見つかった方には、ちゃんと虫ゴムまで入っているし。

ということは、今日買った2つは全く不要だったってことじゃないか! (-。-)y-゜゜゜

ちょっと落ち込む父(爆)

でも買ってしまったものは仕方ないし腐るもんじゃなかろうと前向きにとらえて、パッケージを外しサドルバックに入れ込みます。


画像 021

結果、パンパンに膨れ上がったサドルバックの図(笑)


いやはや、喜んだり落ち込んだり忙しいメンテナンスでした (^。^)y-.。o○



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村


クロスバイク ブログランキングへ


いやでも、ハンドル&サドル高の調整ができたのは大変な収穫でした。
調整後の実走、今日の自転車通勤でできましたが、その記事はまた次回にしたいと思います (^。^)y-.。o○


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

サドルを高くすると思った以上に走り易くなりますよね!
サドルバッグもロード用ですと小さいので欲張ると直ぐにパンパンになっちゃいますね、モンベルのトライアングルバッグ(フレームバッグ)やフロントバッグhttp://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130110
等、はクロスバイクや今後ロードを買われた時にも使えて良いかもしれませんよ~

RE:jamさん

jamさんのブログでよく拝見するバッグ達・・・
大変憧れ物でございます。
でも、アルミの一般的なロードよりも、ランドナーやクロモリのほうが似合いますよね (o^―^o)

No title

ウチのママチャリは放置状態で最近私が使うようになり空気が抜けていたんです。
何が原因かと思ったら虫ゴムの劣化でした。
交換したら空気抜けないですね。
チューブの構造がさらに理解できたのでよかったなと思っています。

RE:まっくろくろすけさん

いやほんと、乗ったままだと分からないですけど、空気を抜いてゆっくり点検するといろいろと分かります。

ついでにパンク修理の練習しときゃよかったなと、今さらながら思いますが (^_^;)

それは次回と言うことで。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。