FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人でのライド(糸山~大島~伯方島~大三島)【祝10万アクセス突破】

こんばんわ。

本日2稿目。
しばらくは更新頻度を上げて、できるだけ早くしまなみ海道150kmサイクリングの記事をアップしていきます (^。^)y-.。o○

その前に、



当ブログのアクセス数が10万の大台に乗りました! (^_^)v



いやめでたい♪
それも、念願だったしまなみ海道往復制覇の記事の最中に突破しましたので、感慨もひとしお。
今回のチャレンジもブログ繋がりでの仲間とのライドで達成できましたので、ブログやってて良かったな~と思います。
自転車ブログにして、FC2に移ってからはまだ1年ちょっと。
これからも気長にのんびりブログと自転車を続けていけたらと思っておりますので、皆さま改めてよろしくお願い致します <(_ _)>

というわけで本篇スタートです。


無事サンライズ糸山に集結した3人。
ほぼ予定通りの6時40分頃出発です。
・・・この10分の遅れは、橋の通行料がお得になるサイクリングチケットの販売が7時からだった、ということを確認してのもので、決して誰かが遅刻したというわけではありません(笑)

とりあえず第一の橋である来島海峡大橋の通行料が200円と一番高額なのですが、そこは仕方ないと割り切って出発することにします。
7時までは待てないですからね (^_^;)

来島海峡大橋に上がる連絡道路で、「まず最初にアタックかけるのが礼儀」的なことを口走るtukiwankoさん。
猛烈にダッシュ!
・・・追いつけませんがな (^_^;)
負けるか~!と言った時点で負けてます(笑)
本人余裕の笑顔ですが、あたしゃ~ちょっと心拍上がりましたよ。

画像 008

そんなこんなで来島海峡大橋。
全長4kmと最長で、前回は中間地点までしか走っていません (^_^;)
今日はまだまだスタート地点。
朝日と海と橋のコントラストを楽しみつつ、まずはtukiwankoさんに牽いて頂いてのんびり走ります。
20km/hちょっとののんびりペース。
一度写真撮影のために止まってもらって、あとはまったりと走ります。

お二人とも「サイクリング中に写真を撮る」いわゆる自転車ブロガーと走る経験はあまりないとのことで、「撮りたかったら叫んで下さいね」とのこと。
そっか、人と一緒に走るというのは、こういうところも気を遣わないといけないんだなと実感。
あんまり頻繁に止まってもつまらないし、かと言って写真を全く撮らないのもブロガーとしてはいただけませんので、この後も走った距離や疲れなどと相談しながら写真を撮っていきました。

画像 009

別アングルだと全く違う風景になるところも面白い。

さすがに全長4kmというだけあって、結構時間がかかります。
走っても走っても橋・・・
「はし」っても「はし」っても「はし」ですね(笑)
渡りきるまで10分少々かかります。

さほど車幅は広くありませんし、対向の自転車や歩行者もいますのでスピード出すのは厳禁です。
また、橋のつなぎ目の部分は1cmほどの段差がありますので、調子に乗ってスピード出し過ぎるとロードの細いタイヤは一発でリム打ちパンクしますよ。
安全運転で楽しみましょう。

渡り終わって最初の島が「大島」です。
その名とは違って小さい島なんですけどね。
ブルーラインが引かれている推奨ルートは、この島の中央を通る国道317号線。
道幅も広く走りやすいですが、島の中央を走るので当然登りがあります (^_^;)
右手のガソリンスタンドを過ぎてしばらくすると登りが始まり、最高標高は80mほどと大したことはないですが、平均3.5%の勾配が2キロほど続きます。
ガイドマップにも「だらだらと坂が続く」といや~な表記をしてありまして、これがなかなか堪えます(笑)

この時はスタート直後ということもありみんな元気。
そして・・・
四国の中央さんが先頭になった途端、巡行速度が上がります (@_@)
おいおい、四国の中央さんクロスバイクだぞ。
歳も一番年長だぞ。
なのに一番速い! \(◎o◎)/!

これにはわたしもtukiwankoさんもびっくり。
四国の中央さん恐るべし、と胸に刻んで走ります。
tukiwankoさんは、登りではなるべく速度を落とすのがロングを走る秘訣、とおっしゃってくれましたので、すご~くほっとしましたよ (^_^;)

登り終えると気持ち良い下り。
やっぱり下りは最高!・・・ですが、お二人の下りのスピードの速いこと速いこと。
基本のんびりのわたしは、ここでも兜の緒を締める気持ちでしたが、逆に速い二人が前を走ってくれていたので安心してついていくことに専念できました。
こういうのも、集団で走るだいご味なんでしょうね。

そうこうしているうちに大島のライドは終了。
次の伯方島に渡るために「伯方・大島大橋」を目指します。

このしまなみ海道サイクリングを通して難関になるのが、この橋を渡るためのアップダウンです。
先程の来島海峡大橋が海抜80m、伯方・大島大橋も50m弱の高さに建設されています。
そこを通るには当然登らないといけないので、登って降りるを繰り返すことになります。
これが案外きつい (>_<)
いずれも斜度はかなり低く抑えられているのですが、低く抑える分連絡通路はぐるぐる回る構造になっていることが多く、結果距離が延びます。
まだこの時はスタートして間もないので「きついね~」などわいわい話しながら登れるんですけどね。
後半本当に苦しみました (^_^;)

そんなこんなで伯方・大島大橋到着~。

画像 011

料金所にて。

橋にはこのように料金所があり、それぞれ50円~200円の通行料を支払います。
さきほどの大島のコンビニでそれぞれチケットを買いましたので、ここでは50円(チケット1枚)を料金箱に投入。
係員がいるわけでもないのでそのまま素通りもできますが、まっとうなサイクリストであればきちんと支払うのが常識であり礼儀です。
せっかく「橋の上を自転車で渡って四国と本州を行き来できる」というあっぱれなことをしてくれていますので、こちらができることはきちんとしましょうね (^_^)v

画像 012

この橋は吊り橋で全長840m。
先程の来島海峡大橋と同じ吊り橋ですが、長さが違います。
他の橋だと構造も様々なので、この辺もしまなみ海道サイクリングのだいご味。
それぞれの橋を堪能しましょう。

この伯方・大島大橋は、歩行者と二輪車とで走る通路が線引きされています。
先程の来島海峡大橋では、歩行者・自転車と自動二輪車に路線自体が分けられていましたが、ここでは自動二輪車と同じところを走ります。
きちんと左側通行していないと危ないですので、この点注意ですね。

橋を渡って伯方島。
「は、か、た、の、しお!!♪」でおなじみの伯方の塩の「伯方」はこちらです。
博多じゃないですよ。
でもここで取れる塩でもないんですけどね (^_^;)

ブルーラインの推奨ルートは海岸線。
4km程度なのですぐに次の「大三島橋」に到着です。
伯方の塩アイス、が目玉ですが、時刻はまだ朝7時台。
店が開いているわけでもなく素通りです (^_^;)

・・・大三島橋は写真撮ってませんでした (^_^;)
でもこれにはちゃんと理由がありまして、この日はしまなみ海道スリーデイマーチの最終日。
これは、2泊3日でしまなみ海道を歩いて渡ろう、という大会らしく、この日がちょうど最終日だったんですね。
わたしたちは勘違いしていたのですが、最終日と言うことで懸命にゴールの尾道を目指す人でごったがえしており、ちょうどこの大三島橋辺りからその人混みと遭遇してしまったわけです。

で、横を黙って通り過ぎるわけにも行かず・・・
会う人会う人に、「おはようございま~す」「頑張ってくださ~い」「ファイト~!」などの声をかけつつのライドとなりました (^_^;)
特にtukiwankoさんは、もう行きかう人全員に声をかけつつのライド。
わたしも懸命に声をかけますが、とても追い付きません(笑)
四国の中央さんも元気に声をかけ、真中を走っているわたしが一番元気がないと(笑)
そんなこんなで走りつつのライドでしたので、とてもじゃないけど写真なんて撮っている場合じゃない、という状況でした。

まぁ、帰りも撮っていないのは、完全にわたしが忘れただけなんですが(笑)
この辺から少しペースを上げたい、というのも、行きに写真を撮っていなかった理由の1つではあります。

四国の中央さんは午後から予定があるとのことで、お昼までには地元に戻らないといけません。
今治からクルマでの移動も考えると、なるべく早く折り返した方が無難。
なのでちょっと急ぎましょうかということになるわけですが・・・
でも、わたしとしては3人でどうしても行きたかった場所があるのです。
なので、そこまではということで3人でのライドを続けます。

途中からライドなのか応援なのか分からなくなるくらいでしたが(笑)

この写真を撮り忘れた大三島橋はとても走りやすい。
車幅が大変広く、並走したら多分5~6台のチャリでも余裕で走行できる。
区分けも、自動二輪と、歩行者・自転車の組み合わせなので、オートバイはオートバイで走ってくれるので安心感があります。
気持ち良く走って、いつの間にか橋終了という感じです。
でなかったら、大勢の歩行者がいる中でマイペースでの走りはできなかったでしょうね (^_^;)

そして大三島到着。
時刻は8時過ぎ。
ここまで特に問題もなく、3人でのライドを楽しめています (^。^)y-.。o○
この大三島に、わたしが今回絶対行きたかった場所があるのですが・・・

長くなってきたので、今回はここまで。
決して話を引っ張っているわけではなく、書きたいことが満載なので書けないのです (^_^;)
次回はこの大三島を中心に書きます (^。^)y-.。o○

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

自転車 ブログランキングへ

ライド後一日で、早くも記憶が混乱してきました(笑)
撮った写真をカメラで確認しつつ、なるべく時系列で笑いどころ満点でお送りできるように頑張って書いておりますよ (^。^)y-.。o○

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

始まってすぐ「ゆっくり走るよ!」と言いつつ、ダッシュするのは
先輩直伝です( ´ ▽ ` )ノ
ひどい!と思われる方は、先輩を好きなだけお叱り下さい(笑)

応援、声枯れましたが、楽しかったですね!
来年もやりましょうかヾ(@⌒ー⌒@)ノ

No title

初めまして
私もつい先日はじめてしまなみ海道走りましたー
どこを走っていても楽しい道ですね
大島の亀老山展望台、生口島のドルチェ、向島の後藤ラムネに立ち寄りましたが
どこも評判通りの素晴らしい所でした
しまなみ海道の近くにお住まいのようなので、ぜひまたの機会があれば寄ってみて下さい!

Re: tukiwankoさん

おはようございます。
まとめてでのレスご了承ください <(_ _)>

まず、リンクの件。
朝6時過ぎの時点で全て外しました。
もし残っているものを見つけたら連絡ください。
ひょっとそのせいで不具合が起きているとしたら本当に申し訳ない。
最近ウイルス関係の報道もよく見るので、ちょっと気をつけないといけないなと思います。

応援すごく楽しかったのですが、来年も狙ってやるかというと・・・(笑)
もちっと人数が少なかったらいいですけどね。
でもしまなみを走っている最中、ずっと挨拶がとびかっていたのは気持ちよかった。
自転車王国なんだな、と実感できましたね。

Re: 名無し様

コメントありがとうございます。

ドルチェはわたしも行きました。
個人的に塩アイスは、もっと塩気が効いていたほうが良かったな~と思いましたが、おいしかったですね。
今度は一島ずつじっくり走ってみたいなと思います。

あとすいませんが、コメントには名前を書いていただけると嬉しいです。
空白だとスパムかと思ってしまいますので、良かったら次回からお好みのハンドルネーム(って今も言うのかな?)を書いてくださいね。

No title

まずは10万hitおめでとうございます!!
これからも頑張って下さいね(^^ゞ

しまなみサイクリングチケットは次回用を買っておく事をお薦めします♪
わたくしは家に何部かストックが(笑)

大三島のアソコとは例のアソコですね?(謎)
いつも長蛇の列のアソコですよね~

No title

「安全で速く!こけない!」 これがモットーです。(ホント)
なーんて。この時はアドレナリンが出まくってた!

実は 帰路の来島海峡大橋が 人の大渋滞!! 
(これがまたマナーが悪い悪い。 道いっぱいに広がって!)

200m程は自転車押して歩きになりました。 

Re: イヨッキュさん

こんにちわ。

サイクリングチケットについてはそう思いましたが、なんと今治市内のサークルKで販売していたのをご存知でしたか?
コンビニなら時間を気にせずに買えるので、次回からはそうしようと思っておりますですよ。
11月末までが半額セール中(笑)なのでもうじきですけどね。

大三島のアソコとは、たぶんイヨッキュさんの思っているところとは違います(笑)
長蛇の列ができるのは、すぐ近くの・・・って、もうこの時点で次のコメント読んでしまっているのですが(笑)

Re: 四国の中央さん

こんにちわ。

そのモットー。実践されているのがよ~くわかりました。
アドレナリンのせいじゃないでしょ~?(笑)

やっぱり渋滞つかまったんですね。
こちらも似たような感じでしたが、マナーはまだ良かったのかな?
tukiwankoさんがずっと声を出していたから、避けてくれたのかもしれないですけど(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。