FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまなみ海道親子旅 最終話 ~息子の気持ち~

さてさて、一気に最後まで書き綴っていきましょう。

急流体験、昼食を済ませ、船酔いも無事収まった長男と一緒に自転車でこぎだします。
次の目的地はよしうみバラ公園です。
道の駅から7~8kmくらいの距離なので、のんびり走って30分程度。
ブルーラインのしまなみ推奨ルートからは外れていますが、海岸線をのんびり走るコース設定でお子様でも余裕で走れますよ。

画像 019

ちょっとした漁村あり、休憩のできる公園あり。
そしてなにより、

画像 025

このルートからの来島海峡大橋の眺めは絶品です♪
ブルーラインだと、橋を渡り終わったら島の中央部、ちょっとした山越えになりますが、ここではバラ公園に着く直前まで橋と海の眺めを堪能しながらのんびり走れます。

道的には、砂が浮いているところもありますし、漁村のところでは道幅が狭くなるし生活地域なので、スピードの出し過ぎは慎むべきだと思いますが、のんびり走るには非常に適したルートだと思います。
兄ちゃんとわいわい話しつつ、それでも娘の時よりは速度が出るので15km/hを基準にポタポタと。
景色を眺め、写真を撮り、30分ほどで楽々到着。

画像 030

大会参加者以外にも、観光客やサイクリング中の人達でごったがえすショップ。
公園正面にあり、土産物屋、飲食店などが入っています。
用意されていたサイクルスタンド等は満員どころかあふれかえっていますので、先に着いていた皆さんに習って、

画像 057

公園沿いの道路わきに寄せて駐輪。
息子の自転車とつなぎ合わせ、ついでにヘルメットにもワイヤーを通して駐輪です。
あふれるほどの人の目もありますからね、盗難の危険は非常に少ないでしょう。係員もいましたし。

目ざとく兄ちゃんが発見したのが、

画像 043

遊具があるじゃないですか~(笑)
遊んできていい?の問いに、公園内で遊んでよと告げると、あっという間に見えなくなりました(汗)
わたしもゆっくり花を観賞したいし写真も撮りたいし、ちょうど良い別行動タイムとなりました。

画像 040

10月中旬から見ごろ、ということで、当日10月21日はまさに見頃になりたての花々で華やかでしたね。

画像 050

アップの写真をもっと撮っておけばよかったと後悔(汗)

画像 056

花だけではなくいろいろなものがあるようで、早速園内を散策。

画像 027

壊れているそうですが日時計あり、

画像 048
画像 042

さまざまな色のバラが咲き誇り、というほどでもないかな?
これからの蕾もあり、早々と散っている物もあり。

画像 049

噴水もあり。
このバラが咲き誇る庭園が半分。
あとの半分はといいますと、

画像 051
画像 052

芝生の広場とさまざまな遊具があります。
こりゃ~長男だったら一日でも遊んでいそう。
写真下、ふわふわどーむの上で遊んでいる赤いズボンは長男。
すでに、大会に参加していた同年代の小学生10名ほどと、「お前らいつから知り合いなん?」というくらいぎゃあぎゃあ遊んでおりました(笑)

画像 053

遠くにこんなものまでありましたが、こちらで遊ぶ余裕もないほど賑やかに遊んでいましたね(汗)
あまり楽しそうなので、「飽きたら戻っておいでよ」と先ほどのショップの辺りで一服。
ちょっと奥さん宛のお土産買ったり(前回買うのを忘れたので)、お店を覗いてみたり。
バイクのところに戻って、座り込んで一服してみたり(喫煙コーナーが見当たらなかった)。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・


戻ってきませんがな(汗)


「飽きたら」と言ったのは間違いでした。
飽きないんだね、あの子ら(汗)
一度様子を見に行きましたが、まだ5人ほどで飽きもせず飛びまくり。

・・・

そこから10分ほど待ちましたが、戻ってくる気配が全く無いので、「そろそろ行くよ~」と呼び戻しました(笑)
この時点で14時。
13時過ぎにバラ園到着したので、小一時間も遊んでいたんですね~(汗)

そのまま出発するわけも無く、

画像 017

本日2回目のアイスタイム~♪
右側長男はミルク。
・・・またミルクかい、と思いましたが。

左のわたしは、「バラのアイス」。
ほんのりピンクで、味もすっきり。
なかなかですが、道の駅より小さく、コーンはあんまり・・・(汗)

兄ちゃんのは濃厚でコーンも美味しい。
350円と少々お高めですが、同じバージョンでのバラのソフトクリームもあるようなので、食べるとしたらそちらをお勧めします。

ちなみに購入したのはショップのほうではなく、

画像 054

その隣の「つきや」さん。
看板の「ローズヒップソフトクリーム」を今度食べてみようか、それともデコポンアイスにするか。
次来たときの楽しみにとっておきましょう♪

なんだかんだで、ここを出発したのは14時半(汗)
気付くと、黄色いゼッケンのファミリーコース参加者はほとんどおらず、水色ゼッケンの水軍コース(40km)、ピンクゼッケンの健脚コース(100km)参加者ばかり。
ちょっとゆっくりしすぎましたかね(笑)

でも、制限は夕方5時までなのでまだまだ余裕。
あと2時間半もありますし、距離にしてあと12,3km程度のはずなので大丈夫。
急ぐことも無く、親子でのんびりペダルをこぎます。

画像 058

遊びすぎて疲れたとのことですが(笑)、まだまだ走行中にピースをする余裕あり。
途中公園でも休憩要らない!と元気でしたが、最後の難関橋へのスロープ&ちょっと上り調子の来島海峡大橋が待ち構えています。
橋の手前で休憩しようと伝え、その後もアベ15km/h基準ののんびり走行。

行きと違って、帰路を急ぐ青とピンクゼッケンの人達に抜かれまくりだったので、長男的には少し怖かったみたいです。
特にローディのチーム走行の方。できれば抜く時に声をかけてくれるとありがたいです。
長男からすると、音も無く「ビュッ」と抜かれるので、一生懸命まっすぐ左ぎりぎりに寄って走らないと危ないと感じて、「帰りはちょっと疲れる」と言っておりましたので。

これは橋の上でもそうでしたが、前回150km走った時に比べて声をかけてくれる方が少なかった。
中には前方から歩行者が来ているにも関わらず、ぎりぎりのところを猛スピードで抜く方もおられ、はっきり言って見た目に印象悪かったですし、危ない。
時間的に先を急ぎたい気持ちも分かりますし、特にロード・クロスなどスピードが出るバイクに乗っていると、シティサイクルや小系車がのんびりのんびり前を走っているのが邪魔だと感じる気持ちも分からないではないです。

ただこの大会は、下は小学4年生から上は70歳を大きく超える高齢者まで幅広く参加し、「しまなみ海道を走る」ことを楽しむ大会です。
スポーツバイクだけが参加する他の大会とは全く違います。
大会事務局からも、スタート前に、

「橋の上での追い越しは大変危険なので、できる限りしないようにお願いします」


と、説明ありましたでしょ?
聞いてませんでしたか?

この点は、今回大会に参加して唯一苦々しく思っていることです。
しまなみ海道に限らず、サイクリングロードはスポーツバイクだけのものではない。
自転車のマナー問題は、なにもママチャリに限ったことではない、ということを思い出して欲しいですね。

要らんことを書きました <(_ _)>
でも、せっかくなので、一言言いたかった。
同じロードバイク乗りとして、やっぱり特にローディが目の敵にされる状況は作りたくありませんから。


話を元に戻します。

来島海峡大橋への連絡通路を登り始めますが、やはり一日通してプラス先ほど小一時間遊びまくった疲れが長男を襲い、思うように上れません。
わたしはインナーロー固定にして、速度も10km/h以下まで落としますが、それでも立ちこぎ交えながらちょっと辛そうな長男。

休もうか?押して歩こうか?と声をかけますが、「このまま行く!」と力を振り絞ります。

そんな時に「ファイト!」と声をかけて頂いたローディの男性(格好よかった)、頑張れと声をかけて頂いたシティサイクル(変速なし)で参加の初老の男性。
本当に感謝 (-人-)
あれで本当に兄ちゃん力が沸いたそうです。

何とかある程度登りきり、途中の休憩所で休憩。

画像 059

絶景絶景♪・・・ですが、ここで長男に異変。
くしゃみ連発&鼻水が。
ちょっと寒いとのことで、慌ててジャージの上をリュックから出して着せます。
くしゃみが収まり、ごくごくドリンク補給。
途中でも飲んでいましたけどね、やはり最後の登りはきつかったみたい。
ここから橋も含めて上りが多いけど、橋の上ではそんなにきつくないから、というと、最後まで頑張ると。
そして、


「ぼくこんなに腕が細いからすぐ疲れるんだね。鍛えてもっと強くならないといけないね」


と。
なんかね、初めてなんですよ。こういうことを自分から言ってきたのは。
先日の運動会でのかけっこもそうなんですが、基本運動嫌いを本人も自覚していて今までは「仕方ない」的な発言がとても多かった長男。
それが、自分から弱さを認めて鍛えたいって言ってきたのには感動しました。

もうね、嬉しかったです。
親子で参加して良かったな~って。

残り距離は5km弱。
最後の力を振り絞ってもらって、見事完走しようじゃないかと誓い合いリスタートしました。

その後橋の上の様子は先ほど言ったとおり。
大変混雑もしていたので、途中で止まって長男を休ませてやることもできず、頑張れ、ファイトと声をかけつつ、速度も少し落としてミラーで、振り返って長男を確認しつつ走り・・・

15時23分、ゴール!

画像 062

近くを通りかかった、初老のご夫婦にお願いして撮影して頂きました <(_ _)>
長男ふらふらになりながら、参加賞と完走証を受け取り、本当に大勢の方に声をかけて頂きました。
1030番、頑張ったな!そう言ってくれる方も多数おられましたが、自分の番号を忘れるほど疲れていたみたいです。返答できなかった方々すいません <(_ _)>

でも、本当に充実感に包まれておりました。
長男はもちろんですが、わたしもなんだかやりきった感があり、「来年また来ようね」と二人で話しながら家路に着いたのです。

画像 061

クルマを走らせてすぐにこうなりましたけどね(笑)


にほんブログ村

家に着くまで一度も起きず。
ちょっと風邪も引きかけましたが、幸い大事無く今日もとても元気です。
参加者の敷居が低い分、逆に物申したい方も大勢おられると思いますが、親子で一日しまなみとサイクリングを満喫したいという方にはとても良い大会だったと思います。

この後実は、ちょっと寄り道などもしたのですが、それはまた別の記事でまとめます。

画像 063

このゼッケンの番号は、当分忘れないだろうな~♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

こんばんわ!
息子ちゃん、船酔いや疲れを乗り越えて、頑張りましたね~!!
ひろさんも楽しめたようで何より( ´ ▽ ` )ノ

一部ローディーのマナーは困りますね(´・ω・`:)
歩行者の横は、声をかけつつ、徐行のはずなのですが…

さて、息子ちゃん。鍛えるのは思い立ったが吉日!
柔軟から始めてみてはどうでしょうか~(*´ω`*)?
あと私は、最近バドミントンをしてますが、
足腕両方使うし、気軽にできるし結構楽しいですよ♪

No title

親子でサイクリング大会、いいですね。
息子さんにとっても、いい思い出でになったでしょう。
親子のふれあい、一緒にあそぶことってすごく大事なことだと思います。

No title

こんばんは!
親子二人でサイクリング、本当に色々な思い出ができたんですね!
息子さんも少したくましくなったんじゃないですか?
もしかしたら、親子2人でロードバイク走行も夢じゃないかもしれませんね〜。

サイクリングイベントだと、本気走行の方と初心者の方での意識の違いが大きく問題なっているのかもしれませんね。
自分もロードバイク乗りの端くれとして、普段以上にマナーを意識して走らないと!と改め思いました。

Re: tukiwankoさん

おはようございます。

無事完走できて、まずはほっと一息。
先日tukiwankoさん達と一緒に走った時とは、周囲の反応も景色自体も全く違いましたので、ちょっと苦々しい点はありますが、しまなみ海道、まだまだあちこち走りたいなとの気持ちが新たになりましたね。
今度はとりあえず大島一周かな~♪

柔軟というか、わたしが体が硬いのでストレッチはよく一緒にします。
娘はぐにゃぐにゃに柔らかいけど、男二人はわたしに似てしまったらしい(汗)
自転車だけでなくて、他にもいろいろスポーツ交えながら楽しみたいですね。

ちなみに今ブームは将棋ですが(笑)

Re: osa46さん

おはようございます。
本当に良い思い出になりました。
このまま、来年以降も継続して大会参加できたら良いなと思います。

Re: TaQさん

おはようございます!

ちょっとね、息子の違う一面が見れたので父としては大満足です♪
将来的に二人でロード、いやいやせっかくだから子供三人とも・・・って、お金かかりますな(笑)
一番ネックの奥さんが自転車乗れるようになると良いんですけどね。どうも・・・(以下割愛(笑))

今回は息子と一緒に走ったので、ロード乗りですがゆっくり走っている側から見たローディ、という視点を持つことができました。
スピード自体そうですが、やはり周囲の状況に合った走りをしないといけないな、と痛感しているところです。
ひょっとしたら自分も「怖い」と思われているかもしれませんから。
やはり、マナーと声だしは大事ですね。

No title

いいですね~。羨ましいです。
お子さん、よく頑張らはりましたね。すごい!
お疲れさん!

Re: うまさん

おはようございます。
よく頑張ったと思います。この調子で自転車乗る楽しさに目覚めてくれたら良いのですが。
とりあえず明日週末で時間が取れるので、また近所でも走らんかい?と誘ってみます♪

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。