FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブームで終わらせない努力

先日夕方のニュースを見ていると、キャスターの方が台湾でのサイクリング大会に果敢に挑戦した、という内容の特集をやっていました。
あ、ちなみに愛媛県のローカルニュースで、どの放送局だったかは全く覚えていません(笑)

9日くらいかけて台湾を一周するブルベのような大会だったと思いますが、キャスターの方は4日間の参加で400km走破されるそうです。
まだ続いているのか終わってしまったのかはわかりませんが、その最初の一回をたまたま見れたので非常に興味深かった。

愛媛県は、今年今治市にジャイアントのコンセプトストアがオープンして以来、とかく台湾との自転車交流を盛んにしています。
中村県知事からしてロード乗りらしいので、その辺の発信力というのは結構すごいなと思います。

そういや、先日はゆるきゃらグランプリで、見事愛媛は今治の「バリィさん」が優勝したとの事。
ぶっちぎりだったみたいですが、途中どこやら(山口?島根?)の「ちょるる」というキャラクターに追いつかれそうになったみたいですが、それこそ「県を上げての」アピール活動がすごく、結果的にぶっちぎりでの優勝ということだったみたいですね。

とりあえず、愛媛県民として嬉しい限り。
バリィさんをこよなく愛する娘のためにも優勝できて良かった(笑)
最近の愛媛県は、この「サイクリング」と「バリィさん」が大変ブームでしたね~。

ところが愛媛県全域で盛り上がっているかと言うとそうでもないらしく、わたしが働いている四国中央市でこの2つの話題はあまり聞きません。
少なくとも職場関係で盛り上がっている感じは全くないです。

地域性もあるのかなと思いますし、四国中央市は愛媛の東の端。
サイクリング、もっと限定するとしまなみ海道、それにバリィさん。
両方とも愛媛の今治市が地元。
間に新居浜、西条を挟んだ離れたところなので、あまり関係ないよね、という感じなのかなと思います。

これが南予だったらもっと離れているからさらに温度差があるのかな?
松山は盛り上がっていたみたいだけど、山間部の久万高原町はどうだろう。
なんてことを考えつつ、ふと思ったのが「一過性のブームで終わっちゃったりしないよね?」ということです。

しまなみ海道という全国的に有名なスポットがあるので、愛媛県全体で見たら自転車熱というのは当分続きそうに思います。
一方で各地の温度差、あるいは自転車に乗る人乗らない人の温度差というのは確実に広がっている気がします。
先日土日でのライドでは、嬉しい出会いがある一方冷たい目線と言うのもまたありました。

また、昨日の帰宅時ですが、大変残念な光景も目にしました。
びしっと決めたローディ。
前後のライトもきちんとつけ、服装もばっちり。
何より40km/h前後という驚異的な巡航速度で走る姿は、単純に格好良いと思いました。

赤信号を突っ切って行くまではね。

クルマや歩行者が赤信号で止まっている間を、猛烈なスピードで走り抜けていった君。
確かに格好はばっちりだし、スピードも申し分ない。
でも、だからこそ信号無視という違反が逆に目立つんだけど、わかってるか?

あまりにも腹が立ったので、青信号になって追いついてから、パッシング・クラクションで警告しましたが、全く意に介さない様子でした。


お前はサイクリストじゃないよ。


なんぼ高い機材を揃えても、スピードが速くても、「公道」を走る以上ルールとマナーを守らない限り走る資格はない。
お前の走りをみて、ロードバイクという乗り物に対する一般の人の意識が悪い方に行ったら、きちんと楽しんでいる他のサイクリストが迷惑をするんだ。

未だに「その自転車ってブレーキついてるの?」と聞かれることがあります。
あの報道がいかに悪いほうに浸透しているか。
またそれをしりつつ、未だにノーブレーキで走ることが「格好よい」と思っているばか者。

サイクリストに悪い人はいない、という方もいらっしゃいますが、そんなことはない。
どこの何の世界でも、馬鹿はバカです。
言っても分からないし分かろうとしない。


で、ここで冒頭に話が戻るわけですが、だからこそ「ブーム」で終わらせないようにしないといけないよね、というのが今日の主題。
ひじょ~に分かりにくくて申し訳ないですが、要はそういうことです。

サイクルイベントにしても、バリィさんにしても、大勢の人が盛り上げた結果です。
盛り上げるためにはきちんとルールを決めて、みんなで協力することが何より大事。
その上で楽しむ、チャレンジする姿こそが格好良いよね、ということを思いつつ。
仕事しなきゃと思いつつ(笑)

記事の前半は、実は先週書きかけで保存していた物です。
途中から今日の昼休み書きました。
で、ちょっと時間ができたので仕上げてアップ(笑)
ある意味ルール違反とも言えますが、仕事柄ネットでの検索や資料作りが日常的なので、ちょっと一息も欲しいのです。


にほんブログ村

外は猛烈な西風。
気温もぐんぐん低下中。
寒い寒いだけど、帰ったら走りたい。
走れるか?
お外は暗いぞ。
晩酌も待ってるぞ。
・・・ということで、毎晩負けているんですが(笑)
明日からまた雨だからな~。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

山奥の人のいない所の立小便は良いけど
(推奨してる訳ではないですよ)
子供達が見ている確率のある街中で信号無視するバカは嫌いです。
子供たちがマネしそうな悪い事をやるアホが嫌いです。
おっと私とした事がお下品な言葉をつかってしまった(笑

サイクリストにも悪い奴はいっぱい居います。
だから高級なホイールや部品が盗まれるんです、極細タイヤのドロップハンドルの自転車なんて足代わりに盗難なんてしませんよ、ロードを盗むのはサイクリストか関係者ですから悲しいですけどね。

ま、私は基本的にルールとかって嫌いなんですけどね、
自分の好きな事やってる時は紳士的で居たいです。

No title

市街地や人の多いサイクルロードとか歩行者自転車優先道路なんかでは20km/hを基準にはしりますが、ホームセンター丸出しのマウンテンルック車にビュンと抜かれるといらっとしてついついスピードを上げてしまったり反省はつきませんね。

田舎道のチョイ下りで40~50km/hで自転車仲間とローテ組んで練習してたとき白バイにおもむろに「お兄さん達 はやすぎだよ~!」と注意されました、自転車に対する法律のあいまいさもあるのか?注意だけではありましたが、厳密には違反行為なんでしょうね。しかし、あれくらいしないと練習にならんし難しい所ですね、実際にサイクリングロードでも歩行者はいるので20km/h以上は無謀だと言う人もいるしはっきりとした境界線が無く、ロード乗りの俺流ローカルルールになってしまうのが残念なんですよね、赤信号の左折を歩道にのってパスするって意外にしてる人を見かけるのだが、あれってセーフ?アウト?私は止まります。

Re: jamさん

おはようございます。

紳士のjamさんが立っしょんなんて(恥)
つい地が出てしまわれたのですね(笑)

性善説、という言葉もありますが、後の環境の影響が大きいというのがわたしの持論。
その昔ありましたね。
「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」
その通りなんでしょう。
みんなやってるのになんでしたらいかんのじゃ、というのは、非常に弱い集団心理です。
ただね、そこまでばしっと決めて走るんだったら、信号くらい守りなさいよ、というところですよね。

ルールと言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、大勢の人が事故なく楽しめるための最低限の取り決めがないとそもそも世の中が機能しません。
信号は守る、左側通行する、人に危害を加えない。
1つ1つはとても簡単なことなのに、どうしてこうも守れないのか、という部分が、わたしには不思議でなりません。

紳士であれ、というのは非常に難しいことですが。
無理なく実践できるかっちょい~大人になりたいですね。

Re: Minamotoさん

おはようございます。

その白バイの方は、大変友好的だったみたいですね。
まず注意、の段階で気付いてくださいよ、という配慮が垣間見えます。
皆さん練習とおっしゃいますが、走っているのはあくまで公道。
練習場ではないので、その点は厳に慎むべきと思います。

左折の歩道の件。
同じ事をオートバイがやったら?と考えると、答えは明らかだと思いますよ~(苦笑)
んなのアウトに決まっとります。

というか、それ以上に歩道は自分の道ということで縦横無尽に走り回るおばちゃんスクーターは、ある意味最強ですよね?(笑)

追伸

う~ん ただ自転車屋に集まるレース思考のローディーさんはみんな40キロ速度域で練習してるんですよね、それに練習場なんて存在しないし場所と時間はみなさん気にしてるみたいですけどね。ロードバイクの走り方も色々な思考があるし法律厳守が絶対かもしれないけど、みんながクロモリバイクで20キロ程度でポタリングしましょうなんてバイクスポーツは逆にここまでブームになってないでしょねうしね、難しい所で論議のネタは尽きない問題なんでしょうね。特例ではあるけど公道で練習してる競輪選手もけっこういるし、高校や大学の自転車部も公道ですごい速度域で練習してるんですよね、賛成ではないですがもろ手を挙げて反対とは自転車と言うスポーツを楽しむ物同士として言えないですね。

それと経験ないかもしれませんが獲得標高が2000個越えるコースで下りを20~30キロのセーフティーゾーンでブレーキングして下ってくると手が持ちません(´;ω;`)、それとカーボンリムのホイールだとブレーキ熱でリムが飛びます、なので有る程度の速度をだして冷やしながら下ってくるのですが、じゃあそんなコースは辞めてしまえ!と言うわけにもいかず登りたいんですよ~~~!自転車乗りの性でしょうかね。

No title

初めまして、こんばんは!

ホントに
ブームで終わって欲しくないですよね。
自転車と言う素敵な乗り物が
世間様から非難されるようなブームなら
そんなブームは来ないで欲しいと思います・・・
既に来ちゃてる感じですが・・・

今の信号機の間隔を
ランドナーで走ると・・・
殆ど各駅停車ですが必ず止まります・・・
その横を
多くの自転車が通り抜けて行くのを
見るのは悲しいですネ。

Re: 追伸

おはようございます。
どえりゃ~天気になっていますが、そっちは雪じゃないですか?

さてさて。
確かに議論がつきない問題だと思いますが、単純に道路の速度表示は守る、ということで、まずは良いのではないかと思います。
一応二輪車ですので、30km制限は30kmまで、50km制限は50kmまで、ということですね。

ただ、1つ気をつけて頂きたいのは、一般の方から見てどうか、という部分です。
その辺が場所と時間を気にして、ということで多分考慮済みの話だと思うのですが、自転車=ママチャリの世間一般の大多数の人にとって、高速で走るロードバイクは「恐い」ものらしいです。
実際に言われたこともあるので確かだと思います。
そういう方たちにとっては「なんでそんなにスピード出さないといけないの?」というのが素直な意見ですし、特に集団走行の場合は暴走族扱いされることも多いです。

だからこそ、公道のルールは守る、止まるべきところではきちんと止まる。
守るからこそ格好良い姿をアピールする姿勢が大事だと思います。
ジジイの繰言ですが、そういう意見もあるよ、という感じで受け流してくださいね <(_ _)>

Re: yukimaruさん

初めまして。コメント感謝です <(_ _)>

yukimaruさんのブログもたまにお邪魔しておりました。
ご挨拶もなしですいません。

ランドナーに代表される「ツーリング車」(でいいのかな?)は、速さよりも道中を楽しむのに最適だと思います。わたしもいずれは・・・と思いますが、当然自転車本体だけでは済まないので、各種バッグや服装も買えるようになったら・・・と思いますが、そんな日は来るのでしょうか?(笑)

自転車乗り、楽しみ方はそれぞれ。
それぞれの言い分があると思いますが、少なくとも交通ルールの遵守は外してはいけないと思いますよね。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。