FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルクライムと呼んでいいですか?

冷たい雨がしとしと降る愛媛県よりこんにちわ。
皆さん寒いですなぁ (^_^;)

今日も思いがけず朝から走れました (^_^)v
土日両日走れたのは久しぶり。
まずは昨日、土曜日のライドの模様など記事にしたいと思います。

朝6時起床。
休日でも早起きが板についてきました。
たまに7時過ぎに起きると、ものすごく損をした気分になります (^_^;)

寒いのは寒いですが天気は良さそう。
降水確率10%。少し雲はありますが、十分走れるみたい。
次々起きてきた家族に「半日もらっても良い?」とお伺い。
快く了承頂きましたので、準備をして7時に自宅を出発です。

さてどこを走ろうか。
半日、ということで5時間頂きましたので、距離的には100kmまでOK。
職場まで走ろうか、しまなみ方面へ行こうか少し迷いますが、以前から考えていた、「ホームコースを極める」に挑戦することにしました。

わたしのホームコースは2つ。
毎度おなじみ黒瀬ダムと、中山川沿いのコース。
まずは黒瀬ダムを極めて、時間と余力が残っていれば中山川、ということで一路黒瀬ダムを目指します。

いつも通りの道を山へ向いて走る。
途中小雨が降り始めるハプニングがありますが、「今日は晴れるはずだし、今日を逃したら半日ライドがいつになるか分からない」と、そのまま走り続けます。

ちなみに今日の服装は、

上は、半そで肌着(速乾)+長そでインナー+アームウォーマー+長そでジャージ+ウインドブレーカー。
下は、パンツ+インナータイツ+レッグウォーマー+レーパン+防寒ソックス+いつもの運動靴。

これに、100円均一のネックウォーマー、イヤーウォーマー。
グローブは、秋用長指グローブと、昨年購入していたスキー用の防寒グローブを準備。

途中入れ替え&脱ぎ着することを考慮して、久しぶりにヒップバッグ導入での出発です。
我ながら重装備だな~ (^_^;)
もっと冬装備が充実すれば楽なんですが、とりあえず持っている物を組み合わせてこの寒さに対応できるか、の確認の意味もあります。
これで無理なら、やっぱり新商品導入ということで。

出発して5分。
朝ご飯を食べていなかったことに今さらながら気付き、コンビニで購入。
そのまま山を目指します。

フル装備+スキー用グローブ装着でしたが、冷気が身に染みます。
出発時の気温が6℃でしたが、体感気温は0℃近かったですね。
小雨に降られたこともあり、早く登りにならないかと思いつつペダリング。
登りになれば、確実に暖まりますから (^_^;)

いつもの分岐から登りスタート。
予想通りすぐ暖まり、たまらずグローブを秋用にチェンジし、イヤー&ネックウォーマーを外す。
で、下りになると寒くてたまらず慌てて装着しなおし(笑)

そんなこんなで、いつもより5分も遅い20分程度でいつもの場所に到着です。

画像 001

まだ紅葉は紅葉ですが、さほど綺麗じゃない。
でも、この静けさと景色はやっぱり魅力的。

画像 002

コンビニで購入した、コーヒーとあんパンで朝食です。
コーヒーはやはりだいぶぬるくなっていた。
ここで熱々のコーヒーだとさぞかし美味しいだろうな~と痛感。
バッグ導入はまだ先の話なので、ステンレスボトルの導入でも考えようかなと思いつつ、静けさを楽しみつつ朝食です。

でものんびり休憩していると冷気が身に染みる! (>_<)
今日はまだまだスタート地点なので、一服後すぐにリスタートです。
今日は登れるところまで登るのです。

登れるところまで、というと結構ありますが、目的地は「石鎚山ロープウェー」と決めています。
この少し先でクルマは通行不可になるそうなので、一応登れるところまで、という部分は十分達成できるはず。
実際どの程度かかるのか、斜度はなどは未知数なので、その点も楽しみに登り始めます。

画像 003

石鎚ふれあいの里周辺はまだ紅葉が綺麗。
ここまでは来たことがありますので勝手知ったる道。
ここから初めてのルートになります。

初めてのルートって、どうしてこうワクワクするんでしょうね?
ここまでで結構登ってきているのでしんどいはずなんですが、あのカーブの先は?この登りの先は?と先へ先へと意識が行きます。

画像 004

景色はますます山の神秘さを増し、

画像 005

こんな素敵なつり橋まで!
渡ってみたい誘惑を振り切るのに苦労しましたが、まずは登りきらないとと気合を入れ直してリスタート。
ちなみにこの辺まで来ると、クルマもほとんど通りません。
というか、時刻は8時を過ぎているのに陽も当たりません (^_^;)
なので、道路はびちょびちょに近いウェット。
ヒップバッグが良い感じに泥除けになってくれたので良かったですが、そうでなかったらお尻が冷たくてリタイアしてたかもしれないですね(笑)

画像 009

結構登ってきましたが、このコースは眺望というのが全くないので、実際どれくらいの高さなのかは分からず (^_^;)

画像 006

こんな洞門もあり、景色がとにかく面白い。
面白いと思っては止まって撮影なので、ペースは一気にダウン。
1kmに10分近く使っていたんじゃなかろうか?

画像 007

高瀑というのがどういうところかは不明。
地図でも結局行き止まりになる道らしいので、単純に地名なのかな?
余力があれば寄ろうかと思いつつ、今日は左手のロープウェーを目指します。

ここから一気に傾斜アップ。
いつものわたしのコースが4~5%程度なので、それ以上ということです。
予想通りすぐに「7%」の標識があり、

画像 008

12%ですか~~~~ (>_<)
必死にダンシング・・・しようとして足が売り切れかけていることに気付き、必至のインナーローシッティング。
こういうところに限って、道路工事中のおじさん方がいたりして、必死に「大丈夫、登れますから!」オーラを全開にして上がっていきましたよ(笑)
ここで押して歩こうもんならみっともないですからね! (^_^;)

画像 010

おじさんたちが見えなくなったところでたまらず小休止。
川がえらいことになってるし。
「上流!」って感じですよね。

この後もきつい登りが続きますが、どうやらさっきの12%が最大だったらしく、なんとかシッティングで登り続けることができました。
ギアはもちろんインナーロー全開ですが仕方ないでしょ?
わたしにとっちゃあ、十分すぎるほどの「激坂」続きなんですから(笑)

そんなこんなで登り続けること10数分。
いつもの撮影スポットから約1時間かかって午前9時ちょっと前。

画像 011

石鎚ロープウェー乗り場到着~! ヽ(^o^)丿
正直精根尽き果てました(笑)

トイレを見つけたので自転車を停めてトイレタイム。

画像 014

自販機で暖かい糖分補給です。
あ~~~~~、すっごく旨かった♪
甘さと熱さが染みわたって、疲れが吹き飛ぶ心持ちでしたね。
糖分摂って落ち着いたので撮影タイム突入。

画像 013

自転車停めたすぐ横がトイレ。
あとはみやげ物屋と食堂が並んでいました。
時間が早いこともあり、店舗は開店していましたが人影はまばら。
年配の女性二人組に挨拶をして、あとは食堂の中で朝食中のおじさんと店の人1人見ただけでしたね。

画像 012

すぐ横にお堂があり、

画像 015

その横には役行者さまがいらっしゃいました。
そっか、石鎚山って役行者さんが開いた霊山だったんだ。
四国はお遍路の国なので、てっきり弘法大師さまかと思っていました。

画像 016

その横には、一枚岩を石鎚山に模したものがあり。
ロープウェーで上がっても、その先結構山を登るんですね~。
家族の中で唯一登ったことのないわたし。
両親でも登っているんですが。
理由は、途中「鎖を伝って登る」区間があること。
高所恐怖症のわたしにとっては、罰ゲーム以外のなにものでもありませんや(汗)
自転車で山登る分にはいいんですけどね。
崖にたってごらんよ、なんて言われた日にゃ、お笑い番組並みの待機時間がかかりますよ (^_^;)

画像 017

ロープウェー乗り場のすぐ横にもお堂あり。
石鎚山が霊峰と呼ばれる片鱗が見えますよね。

なんだかんだで10分ほど滞在。
元気も戻ってきたし、帰りはひたすら下りなのでリスタート。
その前に、フル装備に切り替え、スキー用グローブも装着。
下りが続くということは、寒さが増すということなので十分対策をします。

それでも寒いのなんの (>_<)
冷気が体に突き刺さる感じ。
多分平地より数℃寒いのは間違いないと思うし陽も当たってないので、本当に0℃近かったかもしれないですね。
寒さに震え、何度もブレーキを握り直してブレーキングを続けながらの下り。
道が曲がりくねっていることもあり、途中河川工事で行き来するダンプが通ることもあり、慎重にスピードを出さずにひたすらブレーキング。
いつもだったら「下り最高!」なのですが、今回は「早く下り終わんないかな」と思いながら下っていました。

高瀑の分岐に来ましたが、やっと下りが緩やかになったことにほっとしてそのまま下山(笑)
余力もなかったでしょうね。
ましてやこれから中山川沿いを走るなんて・・・ (-"-)
でも、一応中山川方面から下山することに。

画像 018

この辺でやっと陽が差してきました。
出発から2時間半。
ほとんど陽が差さないところを走っていたんだなと、今さらながら実感。
そりゃ、余計寒いですよね (^_^;)

画像 019

いつものダム湖まで下りてくると、天気の良さを実感。
陽の光をあびつつ山を愛でるのはまた格別です。
ロープウェー乗り場まで行けた達成感は格別ですが、あの寒さと冷気。
多分次登るのは来年春になってからですね。

下界に降りるとやはり寒さはだいぶ和らぎました。
ほっとしたせいもあるのでしょうけど、体の疲れもずいぶんあることに気付きました。
1時間半くらいず~~っと登っていましたからね。
一応中山川には出ましたが、さすがにこれから2つ目のコースを走る気にはならず帰路に着きます。

画像 020

加茂川の眺めがなんと穏やかなことか。
山は好きだし、登りも嫌いではないですが、ほどほどにしないと厳しさもあるのが山。
諸兄のヒルクライムには到底及ばないだろうと思うのですが、わたしにとっては本当に十分すぎるほどのヒルクライム(と呼ばせて(笑))でした。

ちなみに土曜日のルートはこんな感じでした。



54.4km、獲得標高616m。
そっか、これで獲得標高1000m行かないんだ。
・・・皆さんどんだけ化けもんなんですか?(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

自転車 ブログランキングへ

7時に自宅を出て、帰宅したのが10時半。
3時間半のライドでしたが、満足度的には一日分くらいありました。
あ~~、楽しかった! ヽ(^。^)ノ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

充実のサイクリングですね。
11%と12%は1%の違いでも大分苦しく感じます。
私の中で12%押して良い勾配になります(笑
写真も素敵ですね~

世の中には自販機でおしるこを買う人と買わない人の2通りが有り
買わない人は一生買わない
買う人はついつい毎年一度は買っちゃう
勿論私は買うタイプの人間で最後の一粒までトントンするタイプです。
ちなみに只今職場で緊急アンケートを実施しましたが買うタイプは私だけでした。

・・・だから何?って聞かれても困るんですけど(笑


Re: jamさん

こんばんわ~ (^。^)y-.。o○

久しぶりに充実したので、この週末は良かったなと単純に思えます。
毎週こうだといいんだけど (^_^;)

おしるこは普段買いませんが、サイクリングの最中は体が欲します(笑)
夏はこれが赤コーラでしたが、これからの時期はこれですね。
染みわたる糖分が心地よいのなんの (^_^;)
双璧が「コーンスープ」だと思いますが、どうでっか?(何が?) (^。^)y-.。o○

No title

すっかりヒルクライマーですね?どうですか、きついはずなのに登りたくなりませんか?。それにしても良いコースですねロープウェイ付近のローカル感がたまりませんね、海があって山にも良いコースが羨ましいかぎりです。さすがに12%傾斜になると筋肉休めのダンシングをいれないときついっすよね、でも登り切るときもいいのです。

おしるこは美味しいので買いたいのですがカロリーが気になって手が出ない(´;ω;`)、ハンガーノックぽい状態になると一気に糖分を入れられるので買ったりしますがホットココアが多いかな自分は。

週末は仕事でした(つд・) でも臨時収入になったので良かった。

No title

懐かしい・・風景の連続です!ヒロ父さんUPありがとうございます。v-222

僕の子供の頃の遠い記憶では、

ロープウェイ乗り場。と言えば

『あめ湯』(ご存知でしょうか?)なんですが・・v-48

さすがに、この季節は無かったですか?

しかし、そこまで自転車で行かれたとは、僕の既成概念を遥かに超えています。スゴイ!!

僕も早く、ロードバイクに乗り換えて・・いつの日か行ってみたいですね~!!

とりあえず宝くじ買いますか・・・!?^^;

No title

こんにちは!
12%とは、なかなかに走りごたえのあるコースですね〜。
ロープウェイ、ケーブルカーなどの前は、相当な坂道が待っているケースが多々あるのでドキドキしちゃいます。
獲得標高は、長距離でゆっくり登ればすぐに稼げますから、今は12%をやり過ごせたことを誇っちゃっていいと思います(^^)/

Re: Minamotoさん

こんにちわ。寒いですね~。

きついのに登りたい、というのは、当てはまってきたかな~と思います(笑)
登ってからの景色は好きですし、元々山自体好きですしね。
ずっと平坦を走ると「飽きる」感じがするのも事実なので、どちらかというとクライマーの性格なのかもしれません。

休むダンシングってのも知ってはいるんですが、どうしても実践しようとするとうまくいかない。
この辺は理論より実践ということなんでしょうね。
精進精進。

Re: ぎょうざごはんさん

こんにちわ。

懐かしんで頂いたみたいでなにより。
わたしは西条に越してきてからかれこれ30年ほど経ちますが、多分初めて行きました(笑)
昔の雰囲気そのままと言う感じでなかなか良いなと思います。

あめ湯知ってますよ~。それなりの年代ですから(笑)
でも見当たらなかったですね。
たぶん、食堂の中で販売しているんじゃなかろうか。

きつい分達成感があるのが山の魅力ですよね。
大丈夫。
諦めなければそのうち着きます(笑)
今回の一番の教訓かもしれないです。

Re: TaQさん

こんにちわ。
レースお疲れ様でした。更新楽しみにしてますよ~♪

長距離でゆっくり、が一番しづらい(時間確保、気持ちの維持など)ところなので、今は限られた時間の中で楽しむことにします。
でもほんと、12%の看板見たときは「引き返そうか」と本気で思いましたよ(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。