FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィニッシュラインの赤、ドライタイプのインプレ

画像 007

こんにちわ。

年末にオイルをフィニッシュラインの緑、ウェットタイプから赤のドライタイプに変えたと書きました。
その後、実走とローラーで200kmほど走りましたので、違いなどを記事にしたいと思います。

と言っても、超定番商品であるこの2つ。
違いはよくご存知の方も多々おられると思いますが、わたしのように初心者だったり全く知らなかったりする人も大勢おられるだろうと思いますので、「全く知らない人」に向けた文章ということで書かせてもらいます。


まず、わたしが以前使っていた緑、ウェットタイプの特徴をおさらい。



・スプレータイプですが、潤滑剤は液体ではなく泡で出てきます。
・ウェットというだけあって、吹き付けた後はウェット(笑)触ったら汚れます。
・常にぬれているので、ゴミや埃を巻き込んですごく汚れます。
・その代わり保護力が高いので、長距離持って(大体300km)塩害も予防できます。

沿岸部であること、しまなみ海道往復100km超を予定していたので、ドライではなくウェットに決めたんでした。
ただ、本当にすぐ汚れます(笑)
チェーンもスプロケもいつも真っ黒(笑)
掃除してないんじゃ・・・と言われるくらい真っ黒。

で、走行中の油はねも結構ありまして、これが室内でローラー使うにあたっての最大の障害となりました。
いくらなんでも、畳を油まみれにしたら大変(汗)
カバーしたとしても、常に「汚れるかも」という心配をしながらローラーまわすってのも気が引ける。

加えて、シーズン的なものもあり、しまなみなどを除けば、普段のライドは大体50km弱、というリズムができたこともあるので、長距離もたんでもええやん、ということになりました。

というわけで、今回の赤、ドライタイプに変更したわけですが、やはりウェットタイプとは違いが歴然です。


① 汚れない

当然と言えば当然かもしれませんが、チェーンもスプロケも汚れません。触ってもほとんどオイルは付きません。
乾いているので、ほこりを巻き込みにくい。
外を走ればある程度汚れるのは当たり前ですが、以前のウェットのようにすぐ真っ黒、ということはないですね。

② 以外に保つ

ローラーが主体の今の状況だからかもしれませんが、以外に保ちます。
100kmは少なくとも保つ。
すぐに油切れになっていかんのかと思っていましたが、この辺は杞憂でした。

③ 走行中の音は多少する

以前のウェットは、走行音は大変静かでした。
時によっては「シャー」という音さえほとんどしない。
それに比べてドライタイプはやはり音はある程度します。
でも嫌な音じゃないですね。心地よい金属音。
特にギアチェンジの音は、わたしはドライタイプのほうが好みです。
以前のウェットだと無音とはいきませんが「もっそり」とギアが変わるような感触を持っていたのですが、ドライにしてからは「カシャ」と変わってくれるので分かりやすいし、なんだか格好よい(笑)
音がする利点というのもあるんだな、と実感しています。

このドライタイプもある程度泡で出てきますが、ウェットよりも水分多めの泡なのでわたし的には使いやすい。
そういう利点も踏まえて、今のところはウェットからドライにして良かったな、と思います。

まだ経験されてない方は、一度オイルのタイプを変えてみても面白いと思いますよ♪






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。