FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下りはもっと寒かった(寒)

こんばんわ。

今日2稿目になるか、日付が変わるかは分かりませんが、とりあえず鍋&晩酌終了したので書き始めています。
前回の続きから。


冬山を満喫しながら登り続けること10数分。
さらに冷気を目で感じる地点に到着。

画像 023

雪残ってますや~ん (-"-)
この辺りから道の両脇には残雪が目立つようになります。
さらに、

画像 022

このような地点に到着。
湧水、というか地中の水を逃がすためのパイプが並んでいる地点なのですが、よく見ると

画像 018

水しぶきが凍りついているらしく、そこら中に氷が見えますがな (^_^;)
結構登ってきましたし、寒風山トンネルまではもう少しのはずですが疲れも出てきたので栄養補給。

画像 019

歯型付きで失礼します <(_ _)>
空腹のあまりまず齧り付いてしまい、あわてて口から出して撮影です(笑)
出がけにコンビニで買ったどら焼きの、餡子の甘さが身に染みます。
お供はもちろん熱々のコーヒー。
あ~~、ステンレスボトル買って良かった♪
この冬、とかくライド先での熱~いコーヒーの旨さに舌鼓を打つ昨今ですが、今日の寒さは身に染みました。

どら焼きの甘さと、コーヒーの熱さに生き返る心地。
今日初めての一服もして、心機一転。
改めて周囲を見ると、冬の芸術がそこかしこにあるじゃありませんか。

画像 021

何枚か写真を撮ったのですが、満足いく出来栄えだったのはこの一枚。
南国愛媛でこういう写真が撮れるとは思わなかったです。
信州信濃に住んでいた時は見慣れた現象でしたが、あらためてこの愛媛で見ると感慨深いものがありますね。

お腹もある程度膨れたし、コーヒーで少し体も暖まったし、改めてリスタート。
寒風山トンネルまではもう少しのはずです。

登ること5分ちょっと。
目印となる地点に到着。

画像 024

もう寒風山トンネルはもうすぐだよ、の標識(笑)

画像 026

非常におおざっぱな地図と、

画像 025

案内図表示。
寒風山トンネルが長いのは知っていましたが、四国で一番長いトンネルなんだ。
5km超って・・・長いですな~ (-"-)
このトンネルを自転車でいかないといけないとしたら、すごく嫌。
5kmも暗闇の中を走らないといけないというのは嫌だな~、と思いつつリスタート。

1分経たずに、寒風山トンネル到着です。

画像 027

やれやれ、これで愛媛の端っこにたどり着いたわけです。
病み上がりでここまで登ってこれたことに一しきり感心。
うんうん、よくやった。
「好きだね~」とか「・・・」と馬鹿でない?的視線を浴びつつよく来た(笑)
自分でもちょっと呆れますが (^_^;)

改めてこのトンネルを見てみると、今までの3個の短いトンネルとは違い自歩道が無い(汗)
かろうじて歩道らしき物は見えますが、そこを通ったから自転車安心、とはとても言えない。
自転車は車道を走るのが原則、ではありますが、この暗い中を5km以上も走る気にはとてもならない。

・・・

無理!(笑)

勇敢にも、このルートで愛媛と高知を行き来したと言う方がいらっしゃいましたら、どういうルートで乗り越えたか教えて下さい <(_ _)>
やはりこのトンネルを通ったのか、旧道なのか。
はたまたわたしが知らないルートがあるのか、ぜひ知りたいところです。

とりあえずこの新トンネルを通り抜けるのは、できたとしてもやりたくないのでとりあえずUターン。
もう一つわたしが知っている旧道を通って高知県を目指すことにします。

そう、以外にもこの地点でまだ余力があったんですよ、わたし(エッヘン)
まったりペースだったこともありますし、直前で補給していたこともあると思いますが、一番はここまで来たんだから行ってみたい、という気持ちが大きかった。

この新寒風山トンネルが開通したのがいつかは覚えていませんが、その昔開通する前の旧道を覚えていましたので、そちらをトライすることにしました。

新トンネルから引き返すこと1分。

画像 028

旧道への入り口に到着。
左の道をえっちらおっちら登ってきたわけですが、今度は右側に進路をとります。
でも、

画像 029

冬季通行止めの看板が (-"-)
でも、ここから全く行けないわけではなく、「清水橋」というところまでの5kmほどは行ける様子。
高知県までは無理でも、行けるところまで行ってみようと林道に分け入ります。

画像 030

ただ、分け入ってすぐに残雪が道の中央にまで (-"-)
どこまで行けるかな?と思いつつ、慎重にコチコチに凍った残雪を避けながら登ると、

画像 031

最初のカーブを曲がった地点でアウトでした (^_^;)
これはね、さすがに無理です。
MTBだとしても、表面完全に凍ってますからまず無理でしょうね。

ここでコーヒータイム。
ついでに一服 (^。^)y-.。o○

周囲は薄暗く、人通りも皆無なので正直良い気持ちはしませんでしたが、「無理、帰ろう」とすぐ引き返す気持ちにはなれず。
結局5分ほどこの地点に滞在し、やおら引き返しました。

下り始めると改めて結構な急こう配を登ってきたんだと実感します。
あっという間に30km/hオーバー。
油断すると50km/h近くまで速度が上がります。

さすがに残雪があり、気温が低くどこが凍結しているか分からない状況で速度を出すのは自殺行為なので、慎重に前後のブレーキを操作しながらゆっくり下ります。

画像 032

この景色を素通りするのも惜しいですしね (^。^)y-.。o○

国道に出てからの下りはまさに地獄
あっという間に体温が奪われ、特に両手足の先は氷の刃でも突き刺されたように痛みます。
先日購入したウインドブレークタイツのおかげで両足は全く感じませんでしたが、ウインドブレーカーを羽織っているにも関わらず上半身の体温も奪われたのには驚きました。

ジャージの上は秋春用とはいえ、その上にウインドブレーカー羽織っているんですよ。
風を遮断する物を羽織っているはずなのに、上半身全体がす~~っと凍えていくのが手に取るようにわかる(汗)
それを考えると、安い商品とはいえこのタイツの威力には感心します。
というか、ジャージの上もウインドブレーク買いなさいよ、ということですね (^_^;)
今季は買いませんけど。
あと2カ月くらいなもんだし、ここまで山の上にはもう上がるつもりはないので、来季に購入で十分です。

ちなみに顔は、イヤーウォーマーとネックウォーマーで完全防備。
でも寒かった~~ (>_<)
手足ほどではないにせよ、とにかくちぎれんばかりの痛みを感じながらの下山。

さすがにたまらず、途中2回休憩。
ここで熱々のコーヒーが値千金の価値を発揮します。
もうね、これがないと生きていけない(笑)
指の感覚がなくなりそうなところで止まって、コーヒーを流し込んで熱い液体が喉から胃へ降りていく感触を楽しむ。
その間手足をぶんぶん振って感覚を取り戻して、再度リスタート。

これがなかったら山から下りてこられなかったかもしれないです (-"-)
本当に持って行って良かった。
今年は買いませんが、来季は手足の防寒対策をもっと考えないといけないですね。

ちなみに先日効果を実感できなかった、

画像 001

こちら。
今日もぞんぶんに振りまいて出発してきたのですが、全く役に立ちませんでした(笑)
暖かいのなんでか?って、暖かくないんだからわからんわ!!(爆)
平地の「ちょっと寒いかな?」くらいだったら対応できるかもしれませんが、今日の極寒では全く無駄でした。
やはり来季はもっと高性能のグローブ購入が必須ですね。

足先については、今年中にトークリップなりSPDなり導入する時に検討します。
トークリップだったらそもそも防寒のシューズを買えば済むし、SPDだったらシューズカバーの導入ということになるでしょう。
これはもう来季の話。
今からそこまで投資していたんじゃ、いくらお金あっても足りませんや (^_^;)

でも、なんだかんだで行きは1時間以上かかった道のりを30分足らずで下山。
休憩挟んでこの時間なので、もっと暖かくなって快適に走れるようになったらもっと短いでしょうね。

画像 033

陽の光を今日ほど暖かく感じた日はありません。
気温自体もやはり相当違ったようで、下山してくるに従ってあれほどきつかった冷気を感じなくなりました。
市街地に出る頃には、「あれ?今日って思ったほど寒くなかったのかな?」と錯覚するくらい。
実際は自宅に帰りついた11時前でも、気温はやっと4℃程度だったみたいなので、愛媛にしては相当冷え込んだ一日だったのは間違いないです。

そんな日に、よりによって山越えをしようと思ったわたしが馬鹿だったということで (^_^;)

3時間、44km。
とてもロングライドと呼べるようなサイクリングではありませんでしたが、登りのきつさと寒さのきつさが加わって、帰ってきた時の達成感はなかなかのものでしたよ (^。^)y-.。o○


振りかえると獲得標高もやっと600m。
やはりルートラボでひいた旧道に入ってからの標高が高かった様子で、寒風山トンネル直前の標識でも、旧トンネルの標高は1100mとなっていました。

新寒風山トンネルを自転車で通るのが面白いとは、今のわたしには思えないので、もっと暖かくなって旧道も普通に通れるようになってから、今日のルートを再チャレンジして、今後は高知県までたどり着きたいなと思います。
まぁ、でも、



やっぱり外を走るのは楽しい! (^_^)v



ということを再認識した一日でしたね (^。^)y-.。o○


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

こんばんわ。
雪凄いですね・・・。
四国はあまり雪とか降らないものと思っておりました。
それでも怯まずに自転車を楽しむ姿勢はさすがです。

けど凍結路なんかシャレにならないですから
くれぐれも気をつけて下さいね!

No title

極寒のロングライド、お疲れ様でした〜。
この時期にヒルクライムとは、相当に気合入ってますね!
自分は寒さで峠はムリモードに入ってしまいました_(:3」∠)_
自転車乗りには大敵の氷結ですが、こーんなに綺麗に凍っているのは綺麗ですね。

あと、ひろ父さんがフラペで走っているのを思い出し、かなりびっくりしました。
トゥークリップは分かりませんが、ビンディングにして慣れたら、相当楽に走れると思いますよ〜。
特に登りは大きな違いが出るとおもいます。

Re: Hirakingさん

おはようございます。

平地は全然なんですけどね。
山はやはり違いました(笑)
無理せずがモットーなので、これからものんびり楽しみますよ♪

Re: TaQさん

おはようございます~♪

気合というか、この一週間の体調不良の反動がきた感じです(笑)
今日走らずにどうする~!と、早朝からばっちり頭クリアでしたね。
道路の凍結は怖いですが、脇の氷柱やつららは大変綺麗でした。

そうです、わたしまだフラペです(笑)
なんだかんだと優先順位の高いものを買っていくと、なかなかペダルまでたどり着かない。
引き足が使えるようになったら、というのは多々コメント頂いているところなので、それを楽しみに購入に向けて頑張ろうと思います。

No title

こんにちは
すっごい所を走ってますね。
凍結路は超~危険ですよ。スパイクタイヤが必要です(^_^;)
ひろ父さんはまだビンディングじゃあなかったんですね。
ビンディングにすれば引き足が使えるから踏み足ばかりの半分の力で同じくらい走れますよ~。(個人的な感想ですので自己責任でお願いします(^_^;)

Re: ヒロさん

こんにちわ。

最後辺りの写真の道路は走ってないです。なんぼなんでも走れません(笑)
それまでは、国道ということもあり整備されていて、ロードの細いスリックタイヤでもスリップの危険なく走れました。でなかったら、あそこまで山登れなかったでしょうね。

まだフラペのわたしですが、フラペなりに引き足をしているつもりでこいでます(笑)
なんだか足首がおかしい動きをしているような気がしますが、無いは無いなりの走りをして、来るべきデビューに備えているところです。
むかし、エンジンが単純に2倍になる、というコメントを頂いたこともありますので、デビューしたら坂道なんてなんのその・・・にはならないと思いますが(笑)
いろいろ楽しみがあるというのは良い物です。

お疲れ様です

新寒風山トンネルは側道がないのですね?
今治から松山に抜ける水ケ峠トンネルは側道があるので安全に通れます。
速い方は車道を猛スピードで走り抜けるそうですが・・・・。
しかもこの時期に!凄いです!
私も日曜日にランニングの準備体操にと、ランニングの服装でロードに乗りましたが、10分で寒風で体が芯から冷えて、震えだし、一旦帰宅して、10分位こたつの中に猫の様にはいって震えてました(笑)
冬のライドは厳しいです!

Re: こうじさん

おはようございます。

とりあえず入り口から覗いた限りでは、新寒風山トンネルには狭い歩道しか見えませんでした。
距離が長いので、ひょっとしたら途中から広くなっているのかもしれませんが、だとしても5kmはね~(汗)

冬のライドは厳しいですが、厳しい自然だからこそ見える季節もありますので、なんだかやめられないですね。
次の週末はどこ走ろう、と毎日考えています(笑)

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。