FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまなみ海道往復サイクリング ~広島突入編 ヒーロー降臨!~

こんにちわ。

いつものように台風の影響がほとんどなかった愛媛県です。
というか、愛媛県東予地区です、と言ったほうが良いのかな?フェリーなどは欠航等もあったようだし、被害がなかったというのは言いすぎかもしれません。

でも実際、わたしが住んでいる西条では、風も「気持ち良いよね~」というくらいしか吹かなかったし、雨もあまり。ムシムシして嫌じゃね~、というほうが勝っていたように思います。

さて、そんなわけで今日も出勤。
一応昨日のうちに仕事はあらかた片付けていたので、今日は一日まったり書類整理&パソコン業務となります。
ひりひりするお尻ケアのためにもちょこちょこ休憩入れつつ、今日はまったり働きます(笑)


さてさて、しまなみ海道サイクリングの記事はやっと広島県突入(笑)
多分全体の4分の1程度しか進んでいないので、気合を入れて書いていきましょう!

・・・気合の入れどころが違う?
気にしない気にしない(笑)


P1600056.jpg

P1600057.jpg

多々羅大橋を渡っていよいよ広島県、生口島(いくちじま)に突入。
橋から島への連絡通路は、通称「レモン谷」の中を通ります。
見えている木々はレモンやみかんなどのかんきつ類。
もう少し後だと、黄色やオレンジに色づいた独特の景観の中を走ることができるのですが、今はまだ緑のまま。
葉っぱに紛れて分かりませんが、それでもたわわに実った果実が多数ありましたよ。

降りたところでトイレ休憩。
ここでsinさんのサイコンが動かないというアクシデントあり、いろいろと対策を練っていたみたいですが結局作動せず。
これもあって速度が上がったんですよね、sinさん?(笑)

普段わたしも思うところですが、試しにサイコンなしで走ってみるとなかなかペースがつかめない。
お一人様ライドの時はそれでも問題ない(気持ちよく走ればいいのさ~♪)のですが、集団でのペース維持となると確かにかなり難しいかもしれません。
納得納得♪

このトイレ休憩の間に次の休憩場所について相談。
時間的に(9時ごろ)第1ターゲットだったジェラートの「ドルチェ」は開店前(10時開店)。
ドルチェを通過し・・・と思いましたが、なかなかいい補給場所がない。
サイクリングガイドを確認し、商店街の辺りにあるコロッケを目指すことに。
朝から揚げ物~、という声もありましたが(笑)、まぁそれだけ動いていますし、もう営業時間に入っているようなのでちょうど良い。

一同コロッケを目指し走ること10数分。
あっという間に到着したのは、

P1600061.jpg

岡哲商店さんです。
すでに先客がコロッケの揚がりを待っている最中で、わたしたちも運よく(というか普通なのか?)揚げたてを頂くことができました♪

P1600063.jpg

P1600064.jpg

衣はやや厚めでしっかりしていて、一口かじると、まず当然のことながら熱い(笑)
熱さをやりすごすと、じわっとじゃがいものと、それとなんだろうたまねぎ?の甘みが広がります。
ひき肉(多分牛)もしっかり食感があり、味付けは南予方面によくあるちょっと甘め&しっかりめです。
全体的に甘い。嫌な甘さじゃなく美味しい。
これは~、わたし的にとても当りです♪

これで1個80円(だっけ、70円だっけ?(笑))は安いなぁ。
この近くに住んでいたらしょっちゅう来るなぁと話しつつダベリング。

P1600062.jpg

このような昔ながらの商店街の一角にあり、早朝にも関わらず他にも数店舗がすでに営業中。
昔ながら、ではありますが、地元密着プラス観光客もターゲットにしている商店街、という感じでした。
雰囲気はグッド。静かですが静か過ぎない。地元の人の話し声なんかも聞こえてきたりして、「あ~根っこが生えそう」という感じでした。

満足満足。
満足したのでリスタート。
ここからしばらくはわたしが先頭を引きます。

生口島は、島全体が快走路。
しまなみ海道の島々の中で唯一、ほとんど坂がない道で島を一周できます。
こうじさんもこの辺はしっかりついてくる。
海のコントラストを楽しんでいると、あっという間に写真無しで生口橋到着(笑)

P1600067.jpg

連絡通路を走り、

P1600068.jpg

料金所でチケットを千切り入れ、

P1600069.jpg

橋を渡り終えると次は因島。

この辺も写真ないなぁ(苦笑)
途中撮影せずにひたすら楽しんでいたらしく、フラワーセンターの前でもジェラート(みかん、300円)を食したのですが、携帯の写真は残っていましたがカメラの写真は見当たらない。
お店の名前なんだっけ~とネットの海をさ迷っていたら、お店のブログを発見したので載せておきます。

アン・パッソ

ピザとパスタ店だったんだ。
本当は外で食べたかったんだけど、店内に案内されてしまったのでちょっと狭かった(笑)
ジェラートは可もなく不可もなく。とびきり!というわけではないけど、みかんの風味が利いていて美味しかったですよ。

さて、あとは向島を残すのみ。
いつもここは素通りしてラストスパート。尾道ラーメンを目指す時間帯なので、参加者にもその旨伝えてリスタート。時間はまだ10時過ぎ。11時にはラーメンだなぁと走っていると・・・

途中、対向で近づいていた女性サイクリストが両手を挙げてSOS!
これは、通り過ぎるわけにはいかない、と近寄ると「Help!」と。

おぉう、外国の方ですかぁ(大汗)
アジア系の方だったので気付かなかったのですが、後ろの年配の男性は明らかに金髪の外国人さん。
3人?4人?で旅行がてら、レンタサイクルを借りてのサイクリングの途中だったようですが、「パンク」というのだけは分かりました。

主催者として、まずはわたくしめが(笑)
後輪が明らかにパンクですが、まだ空気が残っているので大したことはないかも。
とりあえずsinさんにハンドポンプをお借りしてシュコシュコ空気を入れてみると、どこやらから盛大に空気が漏れている音が聞こえます。

虫ゴムチェックしてみるも問題ないので、どこかに穴が開いているのは確実。
修理~、と思いましたが、この日はパッチを切らしており、修理するとなると時間もかかるのでさてどうしよう。

sinさん、こうじさん、masaruさん達が「レンタサイクルだから緊急対応してくれるはず」と提案してくれ、外国人さん(名前なんだっけ?)の書類等で連絡先を確認し連絡。

その間、スポークスマンを務めてくれたのがこうじさん。
身振り手振りを交えつついろいろと話をしてくれ、それに基づいてsinさんが電話対応。

この二人がいてくれて良かったぁ♪
と、パンク対応が失敗したわたしはとりあえずにこにこしながら横に立っておりました(笑)

ほどなくレンタサイクル業者と話がつき、新しい自転車持って救援にきてくれるとのこと。
30分ほどかかるとのことですが、こうじさん達がそれを伝えてくれ、「ニューバイク」という言葉に最初に救援を求めてきた女性が非常に反応し、OKということになりました。

とても快活で元気あふれるアジア系の女性。
物静かだけど大黒柱たる威厳があるちょっと年配の男性。
すごく静かにわたしたちのやりとりを聞いていた、パンク当事者の女性。
もう一人歩きがいる、って言ってましたね、そういや。

一同納得してくれ、わたしたちはリスタート。
今治まで行く、という外国の方々。楽しんでくれたらいいよね~、と言いつつ分かれました。


で、この方たちとは夕方に再会しました。
場所は大島、最後の坂を登りきったところ。ちょうど高速道路の高架下くらいでしたか。

きゃあああ!!!と黄色くはない歓声を上げる女性に全員が気付き、振り返ると救援を求めた女性でした。
パンクの女性も無事ニューバイクに乗っており、男性も両手を上げて喜んでくれました。

ここで女性が「HERO!」と叫んでくれ一同にんまり。
でも、一番のヒーローは通訳・スポークスマンを務めてくれたこうじさん。
ちょうどこの時、毎度お馴染み上り坂で千切れておりまして、「ヒーローは後ろにいる」と身振り手振り交えてsinさんたちが話すと相手も分かった様子。

千切れている的表現は外国にもあるらしく、相手も理解して大爆笑。非常に盛り上がりました。
ばーい!さんきゅー!しーゆー!
普段英語として理解している言葉のはずなのに、とっさに出てこない40男(笑)
英語習っている子供たちにバカにされそうですが、これが現実ですなぁ。

こうじさんが見えていたのですが、そのまま3人はリスタート。
直後に到着したこうじさん。
まさにヒーローは遅れてやってくるわけですな!(爆)

こうじさんが追いついたのでわたしたちもリスタート。
で、当然スポーツバイク集団であるわたしたちのほうが速いので、ほどなくまた合流(笑)
再度別れの言葉を交わし、3人はそのまま直進、わたしたちは大島バラ公園へ立ち寄るために右折し、そこで本当の別れと相成りました。


本当にいろいろなことがあった先日のサイクリングなのですが、この出来事が一番印象深かったかもしれません。
きっと、相手も同じように思ってくれているはず。
パンクという災難に見舞われたマイナスが、わたしたちとの出会いでちょっとでもプラスになってくれたら、こんなに嬉しいことはないですね♪


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

Heroではありませんが(笑)

そうなのね、宮窪峠に着いたころはみんな走り出してたもんね(笑)
なにかちょっとしたアクシデントがあった方が鮮明に記憶に残りますね。
おまけに誰かちょとした力になれるのって気持ちいいですもんね(笑)
あっ!私もしまなみサイクルの書類届きましたよ!2100番台でした。第二グループですね!

Re: こうじさん

こんにちわ。

そうです、こうじさんいないところで結構盛り上がっていたんですよ(笑)
わたしの人徳のせいか、一日がかりのサイクリングをすると結構いろんなことがおきますが、今回のはその中でも群を抜いて記憶に残るでしょうね。
こうじさんのおかげです。いやはや。

こうじさん第2グループですか。
じゃあ、大会中一度も背中を見せることなく走り去ることにしましょうか(爆)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。