FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクリングしまなみ2013レポート ~ 雨と寒さと坂道と ~

こんにちわ。
今日も晴天の愛媛県です(汗)

本当にね、なんででしょうね。
ちょっとずれてくれるだけで最高の大会だったのに・・・


というわけで、前回書いたように写真無しで大会の様子をお伝えしないといけません。
10月30日ごろから、大会ホームページ経由で写真の閲覧ができるようになるそうなので、アップされたら皆さんご覧下さい。
1026番ですからね、わたしは。

なお、昨日から大会ホームページ経由ランネットにて、大会参加者対象のアンケートが始まっています。
わたしも先ほどアップしました。
他の参加者のアンケートも軒並み辛口でしたが、来年さらに大規模な大会を企画されていますので、参加した側から正直な意見を上げていくべきと思います。

まだの方はぜひアンケートにご協力下さい <(_ _)>


さて、前回の続きです。

なお、歴代1位と思われる長文ですので、お時間あるときにお楽しみ下さい <(_ _)>


高速道路に突入した先頭集団はそのまま速度を上げていきます。

P1610097.jpg

左端に写っているのが、わたしの旧友で熊本から参戦してくれたN。
トンネル手前で追いついてくれ、終日わたしを引っ張ってくれました。
レース経験豊富で実力も段違いなのに、わたしを付かず離れず引っ張ってくれて本当に感謝。
おかげで、限界ぎりぎりでの走行をすることができた。

来島海峡大橋に突入後、集団の速度が一気に上がります。
で、雨も土砂降り(汗)
風はさほどなかったのですが、終日北東からの微風ということで、高速道路では土砂降りの向かい風微風、という状況でした。
とにかく寒い!
で、雨が痛い!!(汗)

でも速度は常に30km/hオーバー。
最初はNの後ろでおとなしく走っていましたが、トレインを組むのは無理。
一列になると、もれなく前車の後輪から大量のシャワーを浴びることになりますので、少しずつずれて列車を形成。

高速道路、しかも2車線ということで、できるだけ前に行きたい、できれば先頭を走りたい、という気持ちが全員あったんじゃなかろうか。
かくいうわたしもそうで(笑)、少し前に別の集団を補足するとダッシュをかけて追いつく、ということを繰り返していました。

足がすでに悲鳴をあげていたんですけど(笑)
上下レインウェアを着込んでいたにも関わらず、体はやはり冷えている。
筋肉が固まっているのが分かるので、それもあってできるだけ足を回して体を温めようとしていました。

結局先頭に出ることはなく高速道路終了。
大島到着後、事件が起きます。


前をミニベロで疾走してたsinさんが道路脇にストップ。
聞くと、ディレイラーが駄目だ、リタイアする、と。

え~~~~~~~~っ!!!!

どうしたもんか。
周りには誘導の係員しかおらず、右往左往。
sinさんが、大丈夫だから行って!と何度も言ってくれて・・・

わたしはそのままリスタート。
sinさんの分も頑張ってくるから!

sinさんの泣きそうな顔に後ろ髪を引かれつつ、登りに入って集団が詰まってきたので、後ろの車を確認しながら少しずつ順位を上げていきます。

大島大橋の手前で旧友Nと合流。
どうやら待っていてくれた様子。
ここからはNと二人旅。
大島大橋を渡り伯方島へ。

伯方島S・Cパークで最初の通過チェック。
ここまで約27km。
通過時刻は8時4分34秒。ラップは1時間7分1秒。
アベレージ約27km/hとわたしにとってはかなりのハイペースです。

ここで集団は軒並みエイドへ。
寒いし休憩したいんだなと思いましたが、わたしは思いのほか余力を残しています。
先日の試走でも第4エイドでの休憩はしていないので、チェックだけ受けてそのまま走ることに。
ほどなくNも合流。
集団がいなくなったことで、ペースを落としてのんびり走ります。

大三島橋ものんびり。
Nは持参していたビデオカメラ片手にあちこち撮りながら、いろいろ話しながら走ります。

ここで、自分のカメラが死んでいるらしいということに気付きました。
フロントバッグ、いつものポケットの中は水溜り。
半分水没した形で入っていたのに気付き、慌てて取り出し操作しますがうんともすんとも動きません。

結局第1エイドで電池を取り外し、なるべく保存したつもりでしたが、結局ご臨終と相成りました。

大三島橋を渡り終え、周囲の状況からNと二人で「あれ?」と疑問を持ち始めます。
この頃になると雨も小降りになり、余裕が出てきて周囲の状況が分かると、走っても走っても前を走る人が見えない。
「ひょっとしてうちらが先頭?」
そう話しますが、まさか本当に先頭だったとは思わなかった。

確信し始めたのは、第1エイドが近づいてから。
各所に立っている誘導のスタッフが明らかに準備しておらず、わたし達が通り過ぎるとちょっとびっくりしている。

で、第1エイド目前。

集団でお出迎え体制に入るスタッフの方々!
カメラもスタンバイ。
いったい何十人いるんだ?という集団に迎えられ、



見事にトップ通過してしまいました(笑)



その後のお祭り騒ぎがとても恥ずかしかった。
わたしとNの二人が、100人近いスタッフに笑顔で迎えられ、エイドでは「これこれこういう絵を撮ります」とカメラスタッフに説明され年甲斐もなくはしゃいで写りました(笑)
たぶんこれが「もぎたてテレビ」で放送されたんじゃなかろうか?
映っていたよ!と何人もの方から教えてもらいました。

うちは録画しそこねたので見てないんですが(泣)

目当ての饅頭はじめ、羊羹食べてジュース飲んで、ジェルもらって・・・
あまりにも恥ずかしいのでバイクラックまで戻って休憩(笑)

その後集団がたどり着き、わたしとN、それにもうお一方の3名が伯方島のエイドで先頭で走るペーサーのスタッフを抜いてしまっていたことが分かりました。
あとで仲間にも突っ込まれましたが、いやほんとに、わざとやったわけじゃないのよ?
最初は笑いましたが、う~ん、今はちょっと疑問に思います。

というのも、

・本当に先頭を走っていた集団には伝わっていたみたいですが、各エイドで「必ず休憩する」とは聞いていない。
・先頭のペーサーを抜かないようにとはもちろん知っていたが、ペーサーがどこを走っているのか分からなかった。
・第4エイドを出発するときも、他の係員から特に注意等なかった。逆に誘導してくれた。

ので、決してわざと悪意を持ってペーサーを抜いて一位を狙ったわけではないんですよ。
なのに、第1エイドでは先頭を抜かないようにお願いします、と何回も言われ、Nと苦笑。

結局第1エイドでの休憩後、さらに10分以上待たされることになりました。
雨の中ですよ。
それに対して特に何もなく。
ちょっとどうなんだ?と正直思っていました。

まぁ理由はどうあれ、うちらが先頭を抜いて走ってしまったのは確かなので、致し方ない。
ま、滅多にない歓待を受けることができたし、良しとしましょう(笑)


第1エイド出発後は、試走で確認済みのアップダウン区間。
最初は先頭に張り付いていましたが、レインウェアズボンのすそ止めが外れてしまったのを機にのんびり走ることに。
途中ちょっとどうかというのがまたありましたが、Nが下がってきて引っ張ってくれて、なんとか頑張って第2エイド到着。

第1エイドから約20km。
1時間8分ほどかかりましたので、この区間のアベレージは20km未満。
ま、こんなもんでしょ(笑)

第2エイド到着時点で雨はほとんどやみました♪
鬱陶しくなってきたレインウェアを脱いでウインドブレーカーにチェンジ。
グローブも真冬用の防風から指ぬきにチェンジ。

でもウェアを脱いだら寒い!
どうしようか迷いましたが、結局ウインドブレーカーにすることに。
雨がやんだので、これから晴れてくるだろうと。

思ったんですがね~(苦笑)

第2エイドはのんびり来たこともあり結構な混雑。
寒いので温かいものが欲しかったんだけど見当たらず、結局ここでは飴ちゃんだけもらいました。
寒さで水分もあまり取っておらず、ボトルにはまだ十分なドリンクがある。
ドリンク飲んで、着替えて、リュックにレインウェアつめたら重いの何の(汗)
これ背負ってずっと走るのかと思うと気が滅入りましたが、捨てるわけにもいかないので覚悟を決めます。

それにしても第1、第2ともに思いましたが、エイドのボランティアスタッフの対応がすごく良かった。
若い女の子とが多かったから、というのもありますが(笑)、とにかくその子達が動く動く。
ジュースどうですか、飴どうですか。
テントの中に陣取る子達以外に、お盆やカゴに補給食を持ってエイドの中をとにかく動き回る子達の笑顔にどれだけ元気をもらったか。

本当にすごくすごく感謝です♪


第2エイドをスタートしたのが11時前。
ここから少しアップダウンあるけど、それを乗り切ったら平坦海沿い快走路なのが分かっているので頑張ります。
頑張りますが、足がもうない(笑)
Nに先に行っていいよ~、といいますが、登りが終わると待ってくれている。
滅多に会えない、一緒に走るなんて次いつできるか分からない。
なので頑張りました。

アップダウン区間を乗り越えて島の北側、快走路に入ると一気にペースアップ。
速度を27km/h平均と考えて、今度はわたしがNを引っ張れるように精一杯ペダリング。
凍えていた体もようやく温もり、目指すは多々羅しまなみ公園。お昼ごはん!

11時25分、第3エイド多々羅しまなみ公園到着!
昨日焼豚玉子飯を食べたのでサザエ飯!

・・・と思いましたが、お昼は別だったのね(汗)
選択飯は本当にゴール後だったんだ。

弁当(おにぎりとちょっとおかず)とジュースと塩アイス
温かいものが欲しかったです(汗)

それでも多々羅大橋を眺めながらNと食べる昼食は美味かった。
アイスを食べたら一気に体温が下がったけど(笑)

ここでまっつーさんからのメールに気付くも2時間ほど前のものだったので返信は控えました。
多分走っている最中だろうし。
四国の中央さんからも着信があり掛けなおしましたが繋がらず。
こちらも走っている最中ですな。

トイレに駆け込み、あまりの寒さにたまらず一服。
本当は走行中は吸わないつもりだったんだけど。
地元民らしいおばちゃんと話しながら休憩。
本当に身体が冷えてきたので、バイクのところに戻りNと合流。

弁当テントは長蛇の列(汗)
ところせましと並べられたバイク。

ここはバイクラックがとても少なかったので弱りました。
結局わたしとNは地面に置きましたが、出発直前は地面にすら置くスペースがなく、右往左往している人たちが大勢いました。
この点も減点ですよね。


12時頃、多々羅しまなみ公園出発。
ここからは平坦基調。
運よくほぼ同時に出発したトレインを前方に発見し乗車させて頂きました。
大体27km/h平均で走ってくれたので、この区間は本当に楽だった。

第4エイド、いわくつきの(笑)伯方S・Cパーク到着したのが12時半ごろ。
約30分で到着したはず(サイコンで確認済み)なのですが、ランナーズアップデートでは1時間以上かかっていることになっていました。
到着時、出発時、2回「ぴっ」とチェックされていたと思うんだけど、数値としては出てこないのかな?

ここで四国の中央さんと電話がやっと繋がりました。
どこおるん~?の問いに、伯方島~、というと、なんでそんな早いんじゃあ!と突っ込み。
皆さん多々羅しまなみ公園に到着したところで、今からご飯とのこと。
いつ入れ替わったんじゃ~、ということで、かくかくしかじか説明すると、思い切り突っ込まれました(笑)

いや、本当に悪気があってやったわけじゃないんですから~(笑)

第4エイド到着時点でかなり足が攣りかけだったので、バナナやらレモンジュレやら補給。
ストレッチも重点的にして、再度リスタート。
Nは余裕のようですが、やはり寒さで身体が固まっていたとのこと。

大島大橋を渡り大島へ。
ここで、なんと言うことでしょう!
再度がぽつぽつと(泣)

うそ~ん。
やめてよ~、といいつつ走りますが、この時点ではまさかあんなに降るとは思っていませんでした(汗)

ここからは地理に詳しくないNをわたしが引っ張りつつルート説明。
この先に坂があるんよ~、と伝えますが、特に登りに強いらしいNは涼しい顔。う~ん、頼もしい。

いつの間にかできていたトレインを引っ張って大島上陸後左折。
いよいよ、ラスボス待つ大島北側を走ります。

1つ目の坂はなんとかいなしました。
2つ目の坂でちょっとへばりました(笑)
で、最後の坂。
途中、明らかにへばって倒れこみそうになっているローディ発見し、「もう少しだから!」と元気付けるわたしも速度は10km/h以下(笑)

中間地点まではNが張り付いてくれていましたが、最後の激坂区間になって「すいっ」と加速していきました。すげ~わ~(笑)
あまり遅いと余計しんどいですからね。
わたしも何とかかんとか、攣りそうになる足をだましつつインナーローダンシングで登りきりました。
あ~、しんど(笑)

下り終わったところで再度Nと合流。
足は売り切れ、前方を走るちょっとゆっくり目のトレインに合流しほっと一息。
信号で二段階右折後、最終エイド大島バラ公園・・・の駐車場に到着。
最後にみかんとみかんジュースを補給。
一度座り込んで念入りにストレッチ。でもほぐれない(汗)
ここもボランティアスタッフの女の子たちが元気で、少し元気を頂きました。本当に各エイドのボランティアの女の子たちは素晴らしかった。ぜひ一度一緒にサイクリングしたいです(笑)

ここまでトイレは昼食時のみ。
ボトルのドリンクもほとんど減っていないので、それもあって足が攣っていたと思います。
時すでに遅しですが、少しずつ水分補給しなきゃと思いつつ、疲れた体に鞭打ってリスタート。

あとはゴールですが、いつものサンライズ糸山ではなくあの会場まで戻らないといけないと思うとちょっと気が滅入ります。

で、追い討ちをかけるように再び土砂降りになる大島。
お~い、勘弁してくれよ~(泣)

さらに身体が冷えてきて足に力が入らない。
今更びしょびしょのレインウェアを着込む気にもならなかったので、なんとか頑張ってくるくるペダリング。
来島海峡大橋への連絡通路ですら激坂に思え、張り付いていてくれるNから気付くと遅れるペース。
Nは少し前のトレインに乗車。
そこから10mほど後ろをわたしが必死に追走、という形で来島海峡大橋へ。

寒い!
雨が痛い!
行きと一緒じゃないかぁ!!!(大泣)

恨めしい気持ちになりながら、橋の絶景を楽しむ余裕もなく、心の中は「早くゴールして着替えたい!」の一念のみ。
寒くて寒くてたまらない橋をなんとか渡りきり、今治市内へ突入。
さらに勢いを増す雨(汗)

さらに、追い討ちをかけたのが、今治市内のコース設定。
橋を渡ってブルーライン沿いに走り、線路脇から通ったことのないルートへ。

見る限り登り坂の一本道。もう本当にげんなり。
なんでこっちを通るのさ、他のルートだったらここまで登らなくていいのに!
実際、こう叫んでいる家族連れもおりました。

一本道をなんとかかんとか登りきり、左折すると今度は下り。
ほら~、やっぱり登って降りるだけじゃんかぁ。
この辺になるとちょっと精神的に余裕がなくなってきた。
ちょうど信号でNと離れてから、何かにつけちょっとイライラ。
まぁ思うところが多々あるのでこれはまた記事にしますが、ちょっとね、主催者側の温度差が激しかったですよ。

メイン会場まであと少し。
再度Nと合流し、もう全然頑張れない足を必死に回して、やっと見えてきたフィニッシュポイント。
アナウンスが聞こえ始め、なんとゴールした選手一人ひとりのゼッケン番号、名前、どこからきたかをやのひろみ氏(多分)が大声で元気に連呼してくれている様子!

これは頑張って笑顔でゴールしないと!

ちょっとやる気が出ました(笑)

先にゴールしても良いのに律儀にわたしの後ろについてくれるNにも励まされながら、最後の坂を登りきり、



14時21分26秒、ゴール!!!



なんとか片手を挙げて笑顔を作ることができました。

あ~、しんどかった。が、まず第一声(笑)
次が寒かった。
で、その次にNに礼を言って、やっと「楽しかったなぁ」という感想が出てきました。

それくらい、しんどく、寒かった。
しんどさの一旦はNに引っ張られたことですが(笑)、それが楽しさの大半でもあったのですごく良かった。
やっぱり寒さですね。身体が固まるとここまでパフォーマンス(というほどでもないけど)が落ちるものか、というのを、これくらい実感したことはなかった。

基本的に雨の日は走らないし、真冬に長距離を走ったこともないので、寒さに震えながらも長距離を走る、というのがほとんど初体験。
本当に足の全ての筋肉が攣りそうになり、力を込めようとするとあちこちで「筋肉の中に何かいる」という感じに意識しないぐにょぐにょした動きを感じる。

寒いし濡れて気持ち悪いししんどいし。
やっぱり雨の日に走るといかんわ・・・そう思いましたが、やっぱりね、最後に残るのは、



楽しかったわ~♪




という気持ちだから不思議ですよね。

あとで聞いた話ですが、今回1000名近いDNS、及びDNFの方がいらっしゃったそうです。
110kmコースだけではなく、60km、40km、それぞれやはり雨と寒さに自転車で走るどころじゃない、と帰られた方が多かったそうな。

実際フィニッシュ後、着替えに駐車場に戻ってみると、朝の半分程度の車しかなかった。
見事完走できた人も、あまりの寒さと雨に、メイン会場での催しに参加することなく帰宅された方が多かった。
かくいうわたしもそうです。

着替えて会場に戻る途中でsinさんから電話!
途中で四国の中央さん始め他のメンバーと合流し、無事完走できたとのこと。
ちょうどゴールしたところ、ということで急行し、無事フィニッシュ地点近くでみんなと会うことができました。

まっつーくんは60kmコースに参戦。さすがに物足りなかったらしく、次回は必ず一緒に100km超コースに出ると決意表明してくれました。

sinさんは最終的にディレイラーが曲がっていたのを「蹴って直した」らしく(笑)、その状態で完走できること自体シンジランナイ。やっぱりすごいわこの人は、と思いましたよ。

坂が大嫌いなこうじさんも何とかみんなと完走できたらしい。
四国の中央さん、Oさんも無事ゴール。
なんだかとっても楽しかったらしく、できたら一緒に走りたかったなぁとつくづく思いました。


でも、中学時代の同級生であるNと、しまなみ海道で再会して一緒にロードバイクでしまなみを走れるなんて思っても見なかった。
これが実現できそうと分かってからのこの数ヶ月。本当にいろいろと段取りしたり考えたりすること自体とても楽しかった。

残念ながらこういう天気で、しまなみの魅力の半分も伝わらなかったと思うけど、だからこそ「次は!」という気持ちになります。
今大会に参加された方の中にも、同じように次こそは!と思われている方が大勢いらっしゃるのではないかな。


来年、国際大会は、1万人規模の大会にするそうです。
はっきり言って、今大会と同じ体制では無理です。至らない点が多すぎ、頑張っている人とそうでない人との温度差が激しすぎる。
ハード、ソフト、両面で課題の多かった大会だったと思いますが、だからこそ、今からわたし達が声を上げることで来年の大会が素晴らしいものになったら!

それはまたとても楽しいなぁ、と思います。


カメラを壊してしまい、写真なしで大変な長文になってしまったこと、再度深くお詫びします <(_ _)>
それでも読んで頂いた方に深く感謝。
今後の予定、書きたいことが満載で、まずは時系列で大会の全容をお伝えしたほうが良いだろうと判断しました。

次回からもしばらくはしまなみ関係の記事が続きます。
飽きずに読んで頂けると幸いです(笑)


とにもかくにも!
当日一緒に走ってくれたN。
当ブログの大事な仲間たち。
雨にも寒さにも負けず走り抜けた他の参加者たち。
そして、大会を支えてくれたスタッフの方々、ボランティアの方々。



本当にお疲れ様でした!
またご一緒しましょう!!!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

本当にお疲れ様でした!

イベントは天気次第ですね!
雨と寒さの中での完走は価値があると思います。

来年の1万人規模の国際大会には出来たら参加したいなと
このレポートを読みながら思いました!

大阪のサイクルモード・・・行きたいなと思案中ですオレンジフェリーを
利用すると安くて時間が目一杯使えますよ!
ついでに大阪の自転車店巡りも楽しいですよ!

来年

ひろ父さん、そうですね、このままだと来年の1万人なんて笑ってしまいます。
絶対無理です。
ひろ父さんの言う温度差、私も感じました、島々は沿道の温かい応援、エイドのもてなし、とても良かったと思います。
が!!今治に着いた途端、応援皆無、信号渋滞、とどめはゴール後の泥。閉口しました。
今治市民として恥ずかしい!!
私は地元だから良いが、何万円もかけて遠方から来てくれた多くの人に納得がいく物だったか、とても疑問が残ります。
僕なら何万円もかけて来年来ようとは思わないでしょう。折角のしまなみ、もっと多くの人に良さを知って欲しい!
運営は雨を全然想定してなかったとしか思えないです、runnetのインプレもかなり辛辣に書かれています。
お役所仕事?地元の協力全然なし。恥ずかしいです。
個人的なことですが、愛媛マラソンに去年参加して、ビックリしました。TVでは見たことありますが、市をあげての大イベントです。沿道の応援、交通規制。
しまなみサイクルもあのコンテンツを使えば良いのにと思いました。
大会メイン会場はアクセスも良い、市の中心地で。田舎なので交通規制しても全然問題ないと思います。雨が降ってもアーケード街があります。ホテルも近い、駐車場は小学校が4校あります。
なによりゴールに大勢の人が居た方が盛り上がります(笑)マラソンみたいにゴール後に若いおねえちゃんからタオルを貰えるとなお嬉しい!
もっと改善して欲しいですね!
P、S, STAFFビブを着て走る自転車、邪魔、意味が分からん、2列で走るし、何あれ?不要です(怒)

ラピさんへ

横レスですいません!
ラピさん、サイクルモード思案中ですが?
実は私もです。
オレンジフェリーもいいですが、こだま往復だと11000円で弁天町まで行けます。
時間も丁度10時前に着きます。
2人以上条件の切符です。

Re: ラピさん

こんにちわ。

本当に天候だけはどうしようもないので、運が悪かったというしかないですが。
来年の開催には大きな疑問符がつきました。うちらも協力するから頑張ろうよ、と主催者側に言いたいです。

サイクルモードは行きません!
お金ありません!(爆)
9月末から3回も週末を父の休日にさせてもらったので、しばらくはおとなしく家族サービスです。
地元黒瀬でお会いしましょう♪

Re: こうじさん

こんにちわ。

本当に思うところ満載の大会となりました。
これについては、本当に言いたいことが山ほどあるので、次回別記事にまとめます。
コメントだけでは無理(笑)

愛媛マラソンがあれだけ人気なのは、やはり応援の力が大きいですよね。
その点、うちらからももっと声をあげていきましょう!

Re: こうじさんへ

はいは~い、ここは掲示板じゃないよ~(爆)

No title

完走おめでとうございます!
自転車もブログ執筆もお疲れ様です。

カメラ水没?
電池入れちゃった?

電池外して、SD外して
振ったりしない、ドライヤーかけない
キッチンペーパーに包んで手頃なビニールに入れたらビニール袋をお米で一杯にして、
ついでに乾燥剤もあれば一緒の入れて一週間!
上手く湿気が取れて、神様の気が向けば…
ダメもとですがまさかの復活もあるかも???

No title

先日はお疲れ様でした。
ようやっとDAHONの洗車に取り掛かったのですが、思っていた以上に自転車へのダメージが大きいようです。
とりあえずショップに預けて修理と調整をしてもらいますが、嫌な予感がします・・・。

大会に参加して感じた事は皆さん一緒のようですね。
STAFFビブを着ている多数の人は、一体何の為に居たのかさっぱりわかりませんでした。
チェーントラブルで何度も止まりましたが、「大丈夫ですか?」と声を掛けてくれるのは一般参加者のみ。
何人ものSTAFFビブを着た人達が通り過ぎて行きましたが、声を掛けてくれる人は居ません。
中には一般参加者と知り合いのようで、STAFFが先頭でトレインで牽いている姿も・・・。
すみません、愚痴になってしまいました。

でも、四国の中央さん・masaruさん・こうじさんと一緒に走れたおかげで雨でも楽しく完走できました!
次こそはCAAD10で暴れまわりたいと思います!

sinちゃん

sinちゃん、お疲れ様でした。
こちらこそ御三人の御蔭で雨中にかかわらず楽しく走れました。
一人なら絶対途中で帰ってます、弁当貰って(笑)

次はCAAD10で暴れるって、今回もDAHONでしかもコンズのオールスターで
ごいごい抜いて行って、十分暴れてますけど・・・・(爆)

あのSTAFFビブの連中ホント何??全然意味が分からない?たんに参加費払わずに走る輩以外に考えられん!プンプン!

掲示板

ひろ父さん、スイマセン!
今回もまた私用に使ってしまった!(笑)

次への思い

え!? ( ゚д゚ )
あのSTAFFビブを着て走ってた人たちって大会関係者なのですか?
俺は、どこかであのビブ売ってて一般の参加者が冗談で着てるだけにしか見てなかたけど…
ってイヤミ?。

CAAD10で暴れまわりたい←付き合います(゚∀゚)

ひろ父さんのゆかいな仲間たちって皆んないい人達ですよね〜。
もっと増やしてチームジャージ作りましょう。←sinさんより

お疲れさまでした

ひろ父さん、先日はお疲れさまでした。

本当にもう一日ずれてたら・・残念!
でも雨で寒かったりもしましたが、それを上回る感動でした。
沿道で応援して下さった地元の方々、エイドステーションの方々の笑顔がとてもありがたくて、自分も笑顔で走り切る事が出来ました。
大三島の坂で何回も足が攣ってきつかったんですが、応援って本当に力になるんですね!
ありがたくて高速道路を走った事以上に印象に残っています。

偽まっつー君事件もかなりのインパクトでしたが・・
(こうじさん 僕も最初は見間違えたんです。決して陰謀では^^;)

こうじさん、四国の中央さん、sinさん、一緒に走っていただきありがとうございました。みなさんのおかげで凄く楽しかったです。

ひろ父さん みなさんと巡り会える機会を作ってくれて感謝致します。
来年は、Oさん、まっつー君(影武者でない)も一緒に、お揃いのジャージを着て!?みなさんと一緒に走れたらと思います。

コメントも長文に。

読み耽ってる間に新しい記事が更新されてしまいましたが、とりあえずこちらに(笑)

確かに皆様思うことがあるようで、これは1番に雨のせい、2番目は大会本部の行き届かなかった部分…かなぁと個人的に思います。

ただ、全く対策しなかった訳でないようです。
これはゴール後大会の方に聞いた話なんですが、運営側も各方面との兼ね合いの中で前日メイン会場にジャリを引いたり、ビニールシートを端に敷いて水路を作ったり、頑張ってなんとかしようとしたらしく、
ここは評価したい所です。

まぁプレ大会という意味では
僕達は実験台という面もあると思います(笑)しっかり意見して次に繋げてもらいたいですね(^^)

また、正直僕は運営側におんぶに抱っこだったので、
次参加する時は他の参加者の方々にも牽制?というか運営の手助けが出来ればと思いました。


それと、ボランティアの方々には本当に元気づけられたと思います!
ビンディングを導入して1週間、
案の定 信号待ちで立ちゴケしたのですが、シュバッと2人のスタッフの方に駆けつけてもらいました(^^)v
丁度そのときカッパの股も避けて嬉しいやら恥ずかしいやらでニヤニヤしてました(笑)
エイドでは高校生の子と元気なおばちゃんにニコニコ( ̄ー ̄)それなりに楽しかったです。

ただ、みんなで走るともっと楽しいですよね!なぜ伯方島コースでエントリーしたのか(-。-;)

ゴール付近で皆さんと合流できた時は嬉しかったです!また四国の中央さんとOさんがいたにも関わらず、ちゃんと挨拶できなくてすみませんでした。

いつかはチームジャージとかいいなぁ(笑)いよいよ愛媛に根付いてしまいそうですが。とにかく、また皆さんでサイクリングしたいです*\(^o^)/*このきっかけを作っていただいたひろ父さんに感謝!ありがとうございました


Re: jamさん

おはようございます。
お祝いコメント、いつもありがとうございます <(_ _)>

カメラは、電池ごと水没。
3日経過した今も動きません(汗)

というわけで、すでにニューアイテム購入済み(笑)
これについては、後日改めて♪

Re: sinさん

お疲れ様でした~。
sinさんがある意味一番お疲れ様ですよね(笑)

大会については記事にしていきます。
愚痴ではなく、来年の大会に向けての前進、という立場で話をしたいので、次回記事をお楽しみに下さい。

CAAD10で暴れる?
今以上に?

・・・こえ~~~(笑)

Re: こうじさん

おはようございます。

何も言わなくても分かっていますね?(笑)

Re:こうじさん

その通り(笑)

Re: 四国の中央さん

おはようございます。

皆さん辛口ですね(笑)

それはさておき、チームジャージですか。
揃えられたら楽しそうですね。
一度検討会議でも開きますか?(笑)

Re: masaruさん

お疲れ様でした~。

masaruさんでも足攣りましたか(汗)
やっぱり「冷え」って大敵なんですね。すっごく実感しましたよ。

偽まっつー君事件って何?と思っていましたが、ようやく全貌が見えてきました。
なるほど、masaruさんが犯人でしたか(笑)

やっぱりジャージ?
やっぱり検討会議開催?(笑)

Re: まっつーさん

おはようございます。
しばらくは更新頻度高いですよ(笑)

まっつーさんは優しいなと思いました。
わたしは単純に、結果を出せていない対策は無駄、という考えがありますので、この点の評価は厳しいです。
仲間内、少人数の場合は「やったんだけど・・・」というのが通じますが、あれだけ大規模の大会を開催する側が「やったんだけど・・・」というのは言い訳ですから。

ちょっと辛口?(笑)

今回は「プレ大会」なので、ある意味実験台というのは大正解。
その分、被検体であるわたし達が声を上げていく必要があると思います。

まっつーさんもチームジャージ?
う~ん、これは本格的に考えていかないといけないかな?(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。