FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-shopOchi試乗会体験レポート(2) ~キャノンデール編~

写真の編集が終わりましたので次々書いていきましょう (^。^)y-.。o○

なお、こんにちわもこんばんわも何も挨拶なしで書き始めるのは、いつアップできるかさっぱりわからないからです(笑)
できるだけ詳細な記事に仕上げていきたいので、大筋を書いて情報を付け加えつつ、仕上がったと思った記事から随時アップしていきます。
いつもとちょっと違う切り口になるかもしれませんが、お楽しみください <(_ _)>


朝、車載が決まった時点で出発時刻をずらして8時20分自宅を出発。
予定通り9時5分前に現地到着。
ちなみに会場は、東予国民休暇村の海水浴場駐車場。
前の記事でアップしたルートラボから飛んで頂くと詳細に分かります。

CIMG0493.jpg

すでに会場の準備万端。
まだ少ないですが、早々に到着した参加者が早くも試乗するバイクを物色中でした。

こうじさんに到着したメールを打ち、受付を済ませ、早速試乗。
今回わたしが一番注目していたのは、

CIMG0525.jpg

キャノンデールです。
以前、

久しぶりの妄想 ~3号機はこれだ!?~

この記事の中で、3号機を買うなら、ということで筆頭に挙げていたのがキャノンデールの、

supersix_evo_3_ultegra_blu.png

Cannondale SUPERSIX EVO 3 ULTEGRA

と、同じくキャノンデールの

c14_700m_synhm_3_blu_1_1.png

SYNAPSE HI-MOD 3 ULTEGRA

でした。

今回この2台に試乗できる、というのが大きな目玉。
朝早くで幸いまだガラガラでしたので、早速キャノンデールブースへ。
エボのほうは早くもわたしに合うサイズが試乗されているとのことで、まずシナプスに乗ります。

CIMG0494.jpg

CIMG0496.jpg

カタログと同じカラーリング。
カラー的には、断然このシナプスが好み。
ブラックとブルーのコントラストですが、実際に見ると写真以上に格好良く大変好みです♪

いろいろと説明を受けた後早速試乗。
・・・というか、まず手に持った瞬間軽い!と驚きます (^_^;)

この後登場するバイクすべてそうなのですが、クロモリのマイバイクと重量比較しちゃいけません(笑)
エボよりシナプスのほうが重量があり、完成車は7kg前半くらい、とのことでしたが、たかだか2kgの違いでここまで変わるか、と驚くことになります。

仲間のバイクはちょっと乗らせてもらったことがありますが、実際カーボンバイクが初めてと言っても良いくらいなので、感想的には参考にならないかもしれませんが・・・
初めてカーボンバイクを買う、という方には参考になるかもしれませんね、逆に (^_^;)

まず走り出し。
とても軽い。
軽いけど安定性が抜群に良い。
駐車場内でUターンするときも、ぶれずにスムーズに回れる。

そのまま登り突入。
すっごく軽い、だけじゃなくて、なんて言うんでしょう、すごくしっくりきます (^◇^)
驚いたのが快適さ
すごく滑らかで路面の振動が全然ごつごつしない。
直前に2号機でも少し走っていますが、クロモリの2号機以上に快適性に優れていると感じます。

なのに登れる。
途中までフロントアウターになっていたのに気付かなかったくらい、くいくい進む。
2号機は、以前も書きましたが「どっこいしょ」という感じでペダリングの反応があるんですよね。
持ち上げていく、という感覚が、ヒルクライムの時は特に感じる。

シナプスは、踏んだ瞬間くいっと進む。
固さは全くなく、非常にスムーズで滑らかなんだけど進む。
これはちょっと驚きました。

登り終了後下りから平坦へ。
平坦部分になると、走りの滑らかさがさらに際立ちます。
これはええわ~、と試乗終了。
改めていろいろ説明してもらいました。

CIMG0497.jpg

CIMG0498.jpg

しなやかさの最大の要因が、このシートステー、チェーンステーのねじれだそうです。
SAVE(シナプス アクティブ バイブレーション エリミネーション)プラスマイクロサスペンションシステムというシステムだそうで、前モデルで取り入れたSAVEにさらにサスペンションシステムをプラスした、シナプスの売りの1つだそうです。
非常に納得、というか、振動吸収能力はずば抜けていると実感します。

コンポーネントは新アルテグラ。6800系。
105との比較で恐縮なのですが、変速が段違いにスムーズ。
11速を実感するまでの走りはしていませんが、この変速のスムーズさ1つで、新アルテグラ導入の理由に十分なりますね。
デュラもカンパスーレコも今回試乗することができましたが、このアルテグラが引けを取っているとは思えませんでした。

満足200%状態で、その勢いのままスーパーシックスエボの試乗に突入 (^。^)y-.。o○

CIMG0499.jpg

CIMG0500.jpg

こちらはいいなと思っていたブルーではなく、キャノンデールのチームレプリカカラー。
おまけにアルテグラではなく、最上級デュラエース仕様のHI-MOD2でした (≧▽≦)キャー
ますますテンション上がりまくりで試乗開始。

まず軽さは、持った瞬間に「シナプスより軽いですか?」とスタッフに質問したくらいわかる。
どちらかというと、というくらいの違いです、とスタッフさんはおっしゃいましたが、完成車重量は余裕の6kg台だそうな Σ(・ω・ノ)ノ!
1kgは違わないけど、数百グラムは違う。
これは大きいんだろうな、と思います。単純に。

早速スタート。
こぎ出しの軽さは、さすがにエボの方が上です。
大げさかもしれませんが、ペダルに足を乗せただけで進みます Σ(・ω・ノ)ノ!

乗り心地は、シナプスが上。
シナプスがしっとり滑らかなのに対して、エボは小気味よい感じがします。
そのまま登りに突入。
ここで、デュラの性能発揮(笑)
わずかな差ですが、アルテグラよりも明らかに反応が良く、力も小さくて済む。
これはヒルクライムでは大きな差だなと感じます。

・・・だからと言って、実際に購入したとしてその差を自分が活用できるかというと、そこまでの差はない (^_^;)
最上級モデルを使い切るには、やはりそれなりの実力が必要なんすよ、やっぱり。
105とアルテグラほどの差は、特にニューモデルになってからは無い。
少なくとも、わたし程度の実力だと、アルテグラが最上級で、デュラエースは必要以上、という印象が強くしました。

ま、とにかくデュラです。
変速機能必要十分以上。
プラスエボのこの軽さ。
登坂能力はずば抜けています。
単純にヒルクライムに限定すれば、シナプスよりもエボに軍配が上がるでしょう。

ただ、快適性、振動吸収性という部分では、断然シナプスが上と感じました。
それなりに路面の凹凸を拾ってくれるし、嫌な感じではないけど、シナプスのしっとりさと比べてしまうと天と地です。

実際試乗を終えてブースで話を聞くと、単純にヒルクライム、あるいはレースで競うという使い方だったらエボが良く、何回も登りを繰り返したり悪路を含むロングライドはシナプスが良いと、スタッフの方も違いを明確に説明してくれました。
キャノンデールのホームページでも、エボは「エリートレース」、シナプスは「エンデュランスロード」という区分けになっています。
ツールなど、舗装路を走るレースはエボ、石畳を含む悪路を走るクラシックはシナプス、という明確な区分けですね。

乗ってみると、これが本当によく分かります。
好みも分かれるだろうな、と試乗直後の率直な感想です。

どちらもとても良いバイクなのですが、自分の好みで言うと断然シナプスです (^_^)v
あの乗り心地の良さはちょっとないですよ。


ということで試乗開始1時間でご満悦のわたくし(笑)
この時点でこうじさんとも合流。
わたしの積極的な勧めでこうじさんもシナプスに乗り「なんじゃこりゃ~!」と雄たけびをあげていました(笑)

とにかく満喫したキャノンデールブース。
詳細、と言いながらあまり詳細になっていないかもしれませんが、「乗った感じ」については伝わったかな?どうかな~? (^_^;)
読み返してみて、大丈夫なようだったらアップします(笑)


スペックを比較してみましょうか。

< エボさん >

Frame:SuperSix EVO, BallisTec Hi-MOD Carbon, SPEED SAVE, PressFit BB30
Fork:SuperSix EVO, SPEED SAVE, BallisTec Hi-MOD full Carbon, 1-1/8" to 1-1/4" steerer
Crank:Cannondale Hollowgram Si, BB30, FSA Chainrings, 50/34
Bottom Bracket:Cannondale Alloy PF30 BB Cups, FSA BB30 Bearings
Shifters:Shimano Dura Ace 9000
Cog Set:Shimano Ultegra 6800, 11-25, 11-speed
Chain:Shimano Ultegra 6800, 11-speed
Front Derailleur:Shimano Dura Ace 9000
Rear Derailleur:Shimano Dura Ace 9000
Rims:Shimano RS81 Carbon
Hubs:Shimano RS81 Carbon
Tires:Schwalbe Z1, 700x23c, folding
Pedals:N/A
Brake:Shimano Dura Ace 9000
Handlebar:Cannondale C1 Compact
Stem:Cannondale C1, 31.8 6 deg.
Headset:SuperSix EVO, 1-1/4" lower bearing, 25mm Carbon top cap, 5mm Hidden top cap
Brake Levers:Shimano Dura Ace 9000
Spokes:Shimano RS81 Carbon
Grips:Cannondale Bar Tape w/Gel, 2.5mm
Saddle:Fi'zi:k Arione, w/ Mg Rails
Seat Post:Cannondale C1, Lightweight 2014 Alloy 27.2x250mm
Rear Shock:

< シナプスさん >

Frame:Synapse, BallisTec Hi-MOD Carbon, Di2 ready, SAVE PLUS, BB30A
Fork:Synapse SAVE PLUS, BallisTec Hi-MOD Carbon, 1-1/8" to 1-1/4" tapered steerer
Crank:Cannondale Hollowgram Si, BB30A, FSA Chainrings 50/34
Bottom Bracket:FSA BB30 Bearings
Shifters:Shimano Ultegra 6800
Cog Set:Shimano Ultegra 6800, 11-32, 11-speed
Chain:Shimano Ultegra 6800, 11-speed
Front Derailleur:SHIMANO ULTEGRA, BRAZE-ON
Rear Derailleur:Shimano Ultegra 6800
Rims:Mavic Ksyrium Equipe S WTS
Hubs:Mavic Ksyrium Equipe S
Tires:Mavic Yksion, 700x28c, folding
Pedals:
Brake:Shimano Ultegra 6800
Handlebar:Cannondale C1 Compact, hydroformed 7050 alloy
Stem:Cannondale C1, 31.8, 6 deg.
Headset:Synapse Si, 1-1/4” lower bearing, 30mm topcap
Brake Levers:Shimano Ultegra 6800
Spokes:Mavic Ksyrium Equipe S
Grips:Cannondale Grip Bar Tape w/Gel, 3.5mm
Saddle:Fi'zi:k Aliante Delta, Mg rails
Seat Post:FSA SL-K Carbon, 25.4x350mm
Rear Shock:
Extras:Regular topcaps included - 30mm carbon and 5mm flat.


今気づきましたが、シナプスのタイヤって28Cだった!?
それも、乗り心地の違いだったりするんだろうか?
・・・う~ん、確認不足 (-"-)
詳細、と思いながらも、じゃあホイール何はいてたとか、タイヤはなんだったか、とか全く見ていない(汗)
しなやかさの大きな要因の1つがタイヤの径の違いなんだったら、今日の印象もずいぶん変わるかもしれない・・・

・・・いやいや。

それがあったとしても、あの乗り心地の良さは特筆ものです。
プラス、タイヤの径が28Cだったとして、その上であの登坂力があるんだったら、これはやっぱりシナプスか。

もう一つ大きな違いとして、エボが11-25Tの11速に対して、シナプスは11-32Tの11速です。
同じアルテグラですが、歯数が全く違う。
この辺も、レース仕様のエボと、なるべく負担を少なくしてロングを走り切るシナプス、の違いということですね。

全般的に、サドルにしてもそうですが、シナプスの方が快適性、エボのほうがレーシーさを求める組み合わせになっていて、全体的な乗り味の違いになっているみたいです。

お値段的に、同じアルテグラ仕様で比較すると、エボが約37万円、シナプスが約46万円ということで9万円の差があります。デュラ仕様のエボは63万円ですが(笑)
その差が、フレームの違いだったり組み合わせるパーツの違いだったりするのかな、と。
軽さはエボのほうが上なんだけど、お値段はシナプスが上。
(シナプスのハイエンド、スラムレッド仕様は73万円ほどです(大汗))

乗ってみないと分からない、というのを、しょっぱなのこの2台で思い知ることになります。
カタログ見ているだけじゃ分からないし、スペックだけでもわからない。
現物見てもわからない部分が多いから、やっぱりロードバイクは乗ってみないと分からないですね。

ということで、ご満悦の勢いのまま、今度はジャイアントブースを襲撃したのでありました (^。^)y-.。o○

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

さっそく楽しい記事、楽しませていただきました。
確かに、タイヤやホイールの違いは乗り心地に大きな影響を与えるでしょうね。
ホイールの履き比べはやったことないですが、タイヤは替えてますので、なんとなくわかります。
あと、これもホイールの違いなんでしょうけど、50万円を超えるような自転車って、平らなところを押して歩いても軽さを感じるんですよね。
あれはすごいです。

試乗コースが長くて登りも有るっていうのが良いですね。
その辺はサイクルモードが敵わないところです。

単純な登坂性能より快適さが良いですか。
私もそうですね。
カーボンの走りの軽さも良いですけど、よくできたスチール車の方が私にはしっくりきます。
まぁ、カールトンはスチール車にしては固い方だと思いますけどね。
でも、去年のサイクルモードで、私がこの固さに病み付きになっていることに気づきましたが、、

Re: t.shigeさん

こんにちわ。

乗り味については、本当に人それぞれの好みだと思うので、あくまで「わたしはこれが好き」という記事です(笑)
今回の試乗コースはなかなか良かったですよ。
登りたくない!という人はショートコースをぐるぐる回ってもOKだったし。
それでも「長距離乗るとまた印象が変わると思います」と店長さんからコメントありました。
自転車って、知れば知るほど奥が深いですよね~。

し…シナプスHI-MOD…
やはり値段の分走りも違うんですかね

個人的に気になるのは踏み込んだ時の固さです。ひろ父さんのラレーカールトンFはクロモリですが、クロモリと比べて固さはどうだったでしょうか?

僕自身、おそらくグニャグニャのはずのアルミクロスからカーボンに乗り換えて、ワンテンポ遅れて加速するような感覚を覚えました。さすがに振動吸収性は段違いですが^_^;

残念ながらクロモリは乗ったことがないのですが、個人的に固さはどうだったか参考程度で良いので聞けたらなと思いますm(_ _)m

Re: まっつーさん

こんばんわ (^。^)y-.。o○

値段=性能、というのはある程度その通りだと感じます。
でもそれだけではなく、値段以上に「好み」の部分が大きいのが自転車趣味、ということなのかなと思いますよ (^_^;)

踏み込んだ時の固さ、というのは反応の良さ、ということで良いでしょうか?
クロモリ全般がそうかは分かりませんが、わたしのCRFは「反応が遅い」と思います。
これは、今回試乗した7台すべてに感じることですが、少なくとも2号機よりも反応が早い。
踏み込んだ力がそのまま推力になっている感じがありましたので、2号機よりも反応が良い、固いということで良いのかなと思います。

クロモリと一概に言っても、t.shigeさんのコメント、あるいは当日のこうじさんの感想から言っても、昔のクロモリは「まだ固い」んだろうと思います。

素材の特徴はあると思いますが、プラスその時代の傾向、技術が大きいのかなと。
固い=快適性がない、ということでもないでしょうし、この辺は知れば知るほど深みにはまりそうな気がしますね~(笑)

シナプス

ホント、ひろ父さんの言う通り、カーボンと言っても色々ですね。
でもいつもの様にみんなと一緒に100km位走りに行くとして、どれを選ぶ?と聞かれると、間違いなく「シナプス!」って答えますね(笑)
まさにオールラウンダ‐ですね、疲れなさそうだし。
良いフレームだと思います。
しかし、日曜日にひろ父さんに黒瀬ダムに誘われ、どれにする?と聞かれたら、間違いなく「ドグマ!」って言います(笑)

Re: こうじさん

おはようございます。
先日はお疲れ様でした。案外疲れるもんですね(笑)

現地でも相当話しましたが、これだけ乗り味が違うもんなんだ、ってのが一番面白かったですね。
本当に乗るバイク乗るバイク全然違う。
乗らないと分からない、とよく言いますが、本当だなと実感です。

結論は後ほどまとめますので(笑)
ここでは書きません(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。