FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒中サイクリングとチューブ交換 ~パナレーサー R‘Air ~

こんにちわ。

寒い日が続きます。
気象庁の週間予報を見ても軒並み平年より低い予報ですし、実際に寒い。
石油価格高騰の影響で、今年から石油ストーブは封印して、エアコンなど電気暖房に切り替えた我が家ですが、暖かさという点では石油ストーブが上だよな、と。
つくづく実感する今日この頃だったりします(汗)

天気もあまり安定しません。
先週末の大雪をさておいても、曇ったり雨が降ったり、なんだかんだで天候が悪い。
冬は特に晴れ間が多い瀬戸内気候のはずなのですが、今年は太陽の光が待ち遠しい。
今日も朝から曇天で、このまま一日曇りの予報です。

そんな昨日、日曜日。
午前中は寒すぎて走り出せず、それでも午後からサイクリングに行ってきました♪
実は2月に入って初めてのサイクリング。
その前は試乗会でしたので、サイクリングということに区切ると3週間前のこうじさんとの黒瀬ダムサイクリング以来、ということになります(汗)

昨日も曇天。おまけに北東の風が非常に強く寒い寒い。
山は真っ白だったので平地、と思いましたが、西風だったら帰りが楽なのでいいんだけど、東よりの風は帰りが思い切り向かい風になるので却下(汗)

CIMG0632.jpg

この山々を見ながらしばらく思案し、ブログねた的に山を目指したほうが面白いだろうとの結論に至り、いつも通り山向いて走り出しました(笑)

目指すは寒風山。
黒瀬ダムにしときゃいいのに、どうせだからと寒風山トンネルコースに突入します。

走り出してしばらくは全く影響なし。
久しぶりの寒風山。
どれくらい登れるか勢い込み、でも前半は7割の力で走ろうと思いつつ、息が上がらない程度の負荷に抑えて走ります。

CIMG0633.jpg

でも~、登るにつれて白い部分が近づいてくる~(汗)
小雪も舞い始め、これはどこまで行けるかなと思いつつ最初のトンネルをくぐったところ、世界が変わりました。

トンネルを出ると、そこは雪国だったんすよ~(汗)

CIMG0634.jpg

それでもしばらく走ったのですが、最初のカーブを曲がりきったところで歩道は真っ白、路肩の残雪も量が多くなり、溶けて流れる水で路面はびっしょびしょ。
写真の撮り方が悪かったのでさほどでもないように見えると思いますが、通り過ぎるドライバーが「こいつ今から登るんか?」とびっくりした顔でこちらを見るくらいの状態でした(汗)

これは危険が危ないし、走れたとしても全然面白くないと思いヒルクライム中止。
トンネル出たところでやめときゃ良かった。
下りが怖いのなんの(汗)

トンネルを過ぎるといつもの道。
足も心肺も全然ダメージ無しなので、ここからがしがし回して高速ダウンヒル。
・・・寒すぎる!

いつもの分岐に戻って一休憩。
無難に黒瀬ダムを走ることに。

ダンシング禁止令中なので、シッティングでえっちらおっちら。
結構登れる感触があるんだけど、こちらはなんでか向かい風。
東風のはずなのに、正面西から向かい風。
山肌で反射されるんでしょうね。これがあるから風の影響は油断ならない(汗)

こちらも残雪あるものの、寒風山ほどではないので登ります。
結局いつも通りの13分50秒で定点観測地点到着~。

CIMG0636.jpg

こちらも若干雪景色でした(汗)
いつも通り休憩しようとしますが、寒くて寒くて5分ほどでリスタート。
コーヒー持ってくりゃ良かったなぁ。

せっかくだから黒瀬ダムでインターバルトレーニング・・・と一瞬思いましたが、こちらも日陰は思い切りウェット。
それよりなにより寒さで凍えそうになったので、潔くUターンして帰宅することにしました。

もちっと暖かいと楽しいんだけど、ちょっと寒すぎましたね(寒)
この日は最高気温が4.7度でしたが、大体3~4度くらい。山方面は1~2度だったんじゃなかろうか。
気温もそうですが、冷たい北風が絶えることなく吹き続けていたので余計に寒かった。
帰ってシャワーを浴びましたが、どれだけ浴びても手足の冷たさが取れないくらい、本当に凍えての帰宅になりました。

こんな日でも2人のローディと遭遇。
わたしが言うことではないですが、好きですよね、皆さん(笑)

結局2時間ちょっと、41kmで終了。
距離的にはなんですが、やはり外を走るのは楽しいし、登りは特にどれだけローラー回しても感触が全然違うので、やっぱり外を走らないといけないよな、と思います。
・・・ただし、もう少し暖かくなってからですね。

でも、登坂で以前よりハムストリング~大臀筋あたりを使えている感触がありましたので、タイム云々よりも収穫でした。
何がどうなって使えているのかは自分でもよく分からないんですが(笑)
やっと使えるようになった、というレベルなので、これから5ヶ月ちょっとでものにしていかないといけないです。
とあるプロアスリートの方もおっしゃっていましたが、速くなるより前に上手くなれ、ということですね。
頑張っていきましょ~♪


この日はもう一つ確認することがありました。

前回タイヤローテーションの記事で、アルテグラホイールのチューブを流用した、と書きましたが、とあるチューブを一度使ってみたかったんですよね。

CIMG0631.jpg



こちら。
パナレーサーの有名軽量チューブ、「R‘Air」です。
軽量だけでなく、乗り心地も良いと高評価のこのチューブ。
お値段がちょっと張りますが、値引きされていたこと、amazonギフト券があったことで今回購入。

ただ・・・

高評価の反面、とてもパンクしやすい、というか、当り外れがある、という評価を発注後発見し、戦々恐々としていました(汗)
なので余裕を持って午前中にチューブ装着。
空気を入れている最中に「パンッ!」と乾いた音がしたので冷や汗を書きましたが、幸いタイヤとチューブがこすれた音だった様子。
念のためサイクリング出発まで2時間様子をみましたが大丈夫でした。

実際に走ってみての感想ですが、柔らかい感じが確かにします。
ただ、元々使っているのが、



こちらの軽量チューブで、こちらも走り心地は良いので、明確に分かるほどの違いはありません。
どちらも同じように軽くて走り心地が良い。
もっとはっきり違っていれば今後はR`Airにしようかなとも思っていましたが、パンクに関する配慮、というかおっかないので、R`Airは今回限りにしようかなと思います。

パンク、衝撃吸収性どちらにも秀でているのがラテックスチューブ、ということなので、次回はラテックスにしてみようかな。
それか、耐久性一択ということで、ブチルのごっついチューブにしようかしらん。

ま、とにかく上手く装着できたし、乗り心地が良いのは確かなので、パンクするまではこのまま使用することにします。それにしても、今まで全然気にしていませんでしたが、一度パンクを経験するとパンクへの意識って高まりますね(笑)
必殺CO2ボンベもあるし、パンク修理キットは肌身離さず持ってサイクリングしているので大丈夫、のはずなのですが、パンクしたらどうしよ~的な気持ちが離れなくなってしまったので、困ったもんだなぁと思っているところです(汗)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。