FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまなみ縦走2014はとても楽しいイベントですよ♪

こんにちわ。

朝からすごく暖かな愛媛県です。
家の中から見る分には、ほのかに日が差し、風もなく、穏やかな小春日和、という様相ですが、一歩外に出ると花粉やら花粉やら花粉やらで目と鼻を覆わないと歩けない、すごく良い天気です(泣)

ん~~~、しんどい(汗)

今週末は雨予報となっていますのでサイクリングできない可能性が高いですが、それよりなによりこの花粉たちを洗い流して欲しい。
痛切にそう思い、「雨よ来い!」と密かに願っている父だったりします(笑)



さて、先日の記事で書きましたように、今年もめでたくしまなみ縦走への参加が可能となりました。
いや、ほんとめでたい♪

わたしにとっては、今後もずっと一年の走り始め的なイベントになりそうなので、昨年から参加しはじめたばかりですが、できるだけ毎年参加したいと思っています。
昨年初めて参加した際に、「こうじさん」と初対面しました。
今はこのブログのレギュラー、ひょっとしたらわたしよりも主人公にふさわしいんじゃないかという雰囲気を醸し出していらっしゃいます。これは、一緒に走った仲間はもちろん、当ブログの読者の方々もよくご存知の「事実」(笑)

そんな出会いから始まった昨年一年間は、企画サイクリングを夏以降始めたこともあり、仲間が一気に増えた賑やかな年となりました。
今年は仲間と走る縦走になりそうですが、新たな出会いがあるとまた嬉しい。

なので、


この記事を読むと、きっとしまなみ縦走を走りたくなる!


ような記事を書いてみようと思います(笑)
うふふ。

自分でハードルを上げて撃沈するのは大得意なので(笑)、頑張ってなが~い記事を書いてみるとしましょうか。
なお、記事の特性上、複数の記事に分けると逆に分かりにくくなるので、どんなに長くなっても1記事でいきます。
さてさて、始まり始まり♪


まずはリンクを貼り付けましょう。


しまなみ縦走2014(パンフレット)  


以前も貼り付けましたが、こちらにしまなみ縦走のパンフレットがあります。
そのまま読んで頂いてもよいですが、プリントアウトして机などに貼り付けて頂くと、それだけで参加意欲がわきますよ♪

しまなみ縦走を簡単に言うと、


今治~尾道間のしまなみ海道にたくさんチェックポイントを設置しているから、みんな来てスタンプ集めてしまなみを楽しんでね♪


という趣旨の、いわゆるスタンプラリー的なイベントです。

画像 003

昨年の写真。
地図、通過証明書(これにスタンプを押してもらいます)、参加賞のワッペンをもらいました。

これがひじょ~にゆる~い設定で、完走証をもらうためにはチェックポイントを全て回らないといけない(一部免除あり)ということで大変ではあるのですが、完走を目指さなくても良いし、1回の参加で全て回る必要もないんです。
一度参加して通過証明書をもらうと、もらってからずっと有効。
なので、数年がかりで全てのチェックポイントを回って完走証をもらう、ということでも全然OKです。
今回は大島だけ、次は伯方島、その次は・・・というやり方もありです。

多いのが、途中で一泊して2日がかりで走破し、帰りはフェリーやバスで戻る、という方々。
これだと、一日の走行距離が40km未満になるので、それこそ子供連れの方や長距離を走るのはしんどいという方でも十分1回の参加で走破出来ます。

クリアすると景品がもらえます、と思っていましたが、参加すると景品をもらえるのかな?
そういう案内も出ていました。

画像 039

昨年の写真です。

わたしは完走証と景品を一緒にもらったので、完走したら景品と思っていましたが、違うかもしれないですね。

塩関係グッズがあれこれ、写真には写っていませんがジュースも頂きました。
特に気に入ったのが、

画像 040

記念タオルです。
しまなみ縦走完走記念、という印字が「完走したんだぞ!」と達成感をくすぐります(笑)
イラストもいいし、今治特産のタオル使用なので使い心地も非常に良いです。
最近は主にローラー練習の時に汗対策のハチマキとして活躍していますが、かなり使用頻度が高いのに全くよれたり色あせたりすることがありません。

ぱっと見ると、「えっ、これだけ?」と思う方も中にはいらっしゃると思いますが、参加費無料ですから(笑)
無料(自転車は橋の通行料が要ります)でイベントを楽しんで、しかもこれだけの景品をもらえること自体すごいと思いませんか?

チェックポイントの設置が7:00~17:00と決まっていますのでその間しかエントリーできませんが、受付をするだけで後の手続きが一切ありません。

画像 025

完走すると景品と一緒に「完走証」ももらえます。
その時は手続きが要りますが、基本的に受付をすると後はスタンプを押してもらうだけで、しまなみ海道のサイクリングを思い切り楽しむことができます。

サイクルイベント、特にレース色の強い大会だと自転車の車種が指定されていることが多いのですが、縦走はそれもありません。
というか、「自転車」と「徒歩」で参加するイベントなので、サイクルイベント、というわけでも実は無いんです。
なので、ママチャリでももちろんOKだし、子供用の自転車でも大丈夫。
補助輪がついていようが、三輪車だろうが、基本的に参加可能です。
父母は歩いて、小さい子供は三輪車で、スタンプ1つもらうためだけに参加する、というのも可能な和やかなイベントです。

わたしたちのように、往復して長距離サイクリングにしても良いし、短距離をあちこち回って観光を楽しむも良いし、非常に懐が広く敷居の低い、いろいろな楽しみ方ができるとても楽しいイベントです。

このしまなみ縦走に合わせて営業を再開する店舗なども多数あります。

画像 034

いつも最後の〆で利用させてもらっている、大島のバラ公園にあるアイス屋ももちろん営業。
ここで休憩して〆る、というのが、しまなみ海道サイクリングの定番です。

画像 022

また、数は少ないですが、主催者だったり地元企業がエイドステーションを出しています。
写真のエイドは、因島フラワーセンター前。
主催の方々に混じって、地元の高校生たちが大きな声で応援してくれ、ここでとても元気を頂きました。


画像 024

CIMG0711.jpg

スタンプをもらえるチェックポイントは全部で16ヶ所あります。
広島側は尾道駅前、愛媛側はサンライズ糸山がスタート地点になります。
あとはあちこち。

画像 006

一番多いのは、ブルーライン沿いにテントを張ったチェックポイントで、時間内は係りの人が常駐しています。
チェックシートを出すと、スタンプと通過時間を記載してくれます。

画像 011

道の駅やサイクリングターミナルなど、既存の施設がチェックポイントになっているところもあります。
こういうところはトイレ休憩もしやすいので、わたしは昨年ある程度スケジュールを組んで走っていました。

全部で16ヶ所あるチェックポイントですが、大島と大三島にはそれぞれ2ヶ所チェックポイントがあり、どちらか1ヶ所ずつスタンプをもらうだけで大丈夫です。
大島は2つとも進路上にあるので両方回っても構いませんが、大三島のチェックポイントの1つは大山衹神社の前、道の駅御島にありますので、ちょっと大変。登りですし、ルートから完全に離れた位置にありますので、行って戻ってこないといけない。
一昨年、初めてしまなみ海道往復サイクリングをした時にはここに立ち寄るコース取りをしましたが、往復で160km超かかりましたので推奨ルートより15kmほど寄り道になります。

ここを回るかどうかは・・・うふふ(笑)

トイレと言えば心配する方もいらっしゃると思いますが、ブルーラインの推奨ルートを走っている限り、その心配はほとんどありません。
道の駅などの他に適度にコンビニもありますし、いたるところに公園があり公園のトイレを使うこともできます。

逆に言うと、推奨ルートを外れると普通の島の様相になりますので、途端に使用可能なトイレが減ります(汗)
一応、このイベントに参加するかどうか関係なく、あちこちでしまなみ海道のサイクリングマップを手に入れることができますので、それを参考にサイクリングして頂けたらと思います。


わたしたちの計画に戻りましょう。



一応今回も往復サイクリングにする予定です。
大三島の道の駅御島にあるチェックポイントは「一応」すっ飛ばす予定で、往復約150km弱になります。
・・・すっ飛ばさない場合は160km超です♪
昨年はすっ飛ばし案を走り、大島に帰ってきてこうじさんと初対面してかな~り長いことだべったりしていましたが、それでも9時間50分で走破しました。

ちなみにほぼ同じルートを走った昨年の往復サイクリング。

P1600122.jpg

この時はいろいろハプニング(外国の方との出会いなど)があったこともあり、10時間半ほどかかっています。
7~17時のチェックポイントが空いている時間いっぱいサイクリングをする、と思って頂くといいかな。
一日中サイクリングですわ(笑)

長距離ということ、多人数で走るときは特にそうですが、トイレ休憩などもありますし、チェックポイントごとに止まらないといけないので、巡航速度が上がったとしてもかかる時間は同じくらいだと思います。
速度を競うわけではなく、楽しみつくす一日サイクリングなので、それで良いのかなと思いますね。

当然、ある程度ロングを走れる方が対象になりますが、これが不思議なもので100km走ったことがない人でも結構大丈夫なものです。
一昨年のわたしがそうでしたから(笑)
往復サイクリングが、初の100km越えサイクリングでしたからね。

仲間と走ると、ドラフティング効果云々はさておいて、とにかく楽しいので意外に走れます。
わたしは今回で4回目の往復になりますが、一緒に走る仲間もそれぞれ長距離を走ったことがある「いろんな意味で猛者」の方々ばかりなので(笑)、初めての100km越えにチャレンジしたい、という方も参加表明下さい。

今のところ決まっているのは、

・3月23日(日)に走ります
・集合は7時までにサンライズ糸山
・解散も夕暮れまでにサンライズ糸山

だけです。

昼食はたぶん尾道で尾道ラーメンになります。
昨年わたしが入った、駅前のお店に行こうかと思いますが、その他希望がある方は提案頂いたら検討します。

休憩ですが、通常の長距離サイクリングだと1時間に1回程度を目安にしますが、このしまなみ縦走ではチェックポイントのたびに止まるので、必然的にチェックポイントが休憩ポイントになります。
去年と同じ方法で走るなら、往路で15ヶ所全てのチェックポイントを回りましたので、単純に5kmごとに休憩(笑)
その分復路は一気に走れるので、行きはのんびり帰りは疾走、というわけ方をしていました。
今年どういう風にするかは相談しながら決めましょう。

一応サイクリングの方針として、補給食・ドリンクなどは基本的に現地調達したい(現地にお金を落とす、ということです)ので、コンビニや店舗など、特に地元特産の甘味などは寄ってみたいと思うので、必然的にそういうところでも休憩になると思います。
時間を見ながらですが、行きである程度のチェックポイントはすっ飛ばして、帰りによるようにしたほうが、甘味処へ立ち寄りやすくなるかもしれないですね。


以下お願いです。

スピードだけを求める方は、参加をご遠慮下さい。仲間の中にも走るのが非常に速い人がいますが、楽しみながら走るのが基本で一人だけで突っ走る人はいません。
・・・アタックかけまくる人はいますので、そういう楽しみは十分ありますよ(笑)
ある程度集団で走りますが、基本的に個々のペースで走ります。
不思議といつもそうですが、いくつかの集団に別れますので自分のペースに合った集団で走って頂けると思います。

橋の上は徐行が原則です。特にしまなみ縦走開催期間中は、いつもより多数のサイクリスト、あるいは歩行者の方がいらっしゃいますので、橋の上と連絡通路は極力スピードを落として下さい。
サイクルイベントではなく、徒歩の方も参加されるイベントですので、狭い通路でのスピード超過は危険ですし、危険がないと自分で思っている場合でも、ロードバイクのスピードを「怖い」と感じる方もいらっしゃいます(特にお子さんはそうですね)ので、そういう配慮をお願いします。

ロード乗りだけではなく家族連れの子供用自転車や徒歩で参加されている方も多数いらっしゃいますので、スピードはもちろん無理な追い越しや「どけ!」的な発言をされる方は一緒に走りたくありませんのでご遠慮下さい。

100km走ったことのない方でもどうぞ、とは書きましたが、経験上ある程度ロングを走った経験のない方には、いきなり150kmという距離はしんどいと思います。
度々記事でも書いていますが、しまなみ海道は平坦というわけではなく、特にそれぞれの橋の連絡通路はもれなくアップダウンです。
長距離に加えて、このアップダウンが特に後半効いてきますので、少なくとも50km、できれば7~80km程度の距離を走ったことのある方が挑戦されるのが良いと思います。
一度、1人で一日サイクリングをしてみると、自分が実際にどれくらい走れるかが分かりますのでぜひお試し下さい。
速度は度外視して、1日自転車で遊べる人であれば、十分一緒に走れるくらいだろうと思いますのでご相談下さい。

あるいは、ギブアップ時の手段を確保した上で参加、というのもありかもしれません(笑)
全て参加ではなく、一部だけ一緒に、というのももちろんOKです。
フェリーでの帰路という方法もありますしね。
中には1泊して、という方もおられると思うので、途中から参加します、というのでも面白いでしょう。

せっかく懐の広いイベントに参加するので、こういう形で少しでも一緒に走れる方が増えれば楽しいと思っています。
まだ3週間ちょっとありますし、事前エントリーも必要ないので、直前まで悩まれても大丈夫(笑)

当日の天気が心配ですが、うまく行くと、

画像 015

画像 016

画像 018

画像 029

全て昨年の縦走の時の写真です

こういう素敵な景色を眺めながら仲間と楽しむ、とても楽しいサイクリングを満喫できますよ♪
詳細な企画としては、事前にもう一度記事をアップするつもりですので、よろしくお願いします。

以上、しまなみ縦走2014の記事でした♪




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

しまなみ縦走良いですね^^

ひろ父さんお久しぶりです!
今月始めにインフルエンザA型にかかり
先週の月曜日にやっと復活してひろ父さんの
ホームコースの黒瀬ダムまで走りました^^
ホント綺麗なコースですねw!

しまなみ縦走は休みの都合でご一緒出来ませんが
ブログは楽しく読ませて戴きます!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あこがれます

どうも失礼します
しまなみ縦走、、憧れます

その昔、車では走ったことがあるのですが
台風で閉鎖される寸前だったので景色は堪能できませんでした。
いつかはロードバイクで走ってみたい「しまなみ」ですよ~~

Re: ジョーさん

こんばんわ。お久しぶりです~ (^。^)y-.。o○

インフルでしたか。大変でしたね (^_^;)
今年はさほど流行していないと思っていましたが、なんだか要所要所で知人がインフルにかかっているようです(笑)
黒瀬ダムは走りやすいでしょ?
地元サイクリストがホームコースにするのが良くわかるかと思います。

縦走は残念ですが、月曜休みの時はまた一緒に走りましょう! (^O^)/

Re: ガルマさん

こんばんわ。コメントありがとうございます (^。^)y-.。o○

実は密かにブログにお邪魔させて頂いておりまして、特に職場での昼休みに読ませて頂いていました。
ちょっとびっくりしております (^_^;)

わたしは逆にビワイチが憧れの地の1つです。
いつかは走ってみたい、という気持ちは同じなのかなと感じました。
これからもよろしくお願いします <(_ _)>
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。