FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

股関節の動きが大事

※ 写真修正しました(H26.3.10)


こんにちわ。寒いですね~~(寒)

今日はとても良い天気の愛媛県なのですが、朝から冷え込んで風も少しあり、外にいる時の体感温度がかなり低いです。
陽射しもあるのですが、雲も多いので、日が翳って風が吹いた時なんて本当に真冬。

客観的に見ても、大雪だった先月などに比べたら暖かいはずなのですが・・・
外に出るたびに襟を立てて震えてしまいます。


さて、今日のお題なのですが、先日来取り組んでいる3本ローラートレーニング。
今月も予想通りというか、毎晩ローラーを回すところまでは行っておらず、現時点で月20日以上はかなり厳しいです(汗)
残業も、終業時の疲労も増してきたので、帰って風呂入ってビールの誘惑に勝つのが難しくなってきました。
ん~、仕方ね~な~、という感じです。

乗れないから仕方ない、で済ませるとどうしようもないので、乗れない日でもストレッチやトレーニングをするようにしています。

トレーニングは主に筋力トレーニング。
スクワットや、

CIMG0629.jpg

これ、覚えていますか?

新たなチューブ、

CIMG0631.jpg



このRエアー導入時に、一番古いチューブを1本廃棄処分とし、それを活用してトレーニング用のチューブを作りました。
作ってしばらくはなかなか使わなかったのですが、居間のソファーの足にひっかけると、いわゆる「レッグカール」にちょうど良いことを発見しましたので、夜な夜な寝そべってハムさんを痛めつけております。
昨日はもう少しで攣りそうになり悲鳴をあげ、隣にいた奥さんから体の心まで冷えるような視線を頂きました(笑)

あとは、「ランジ歩き」(勝手に命名して、ランジのような歩き方をしています)など。
子供と一緒に、というか、子供がマネをして、気付くと行列ができていることなどもあり、なかなか親子のスキンシップにもなっているので楽しいのですが、奥さんは絶対に参加せずに冷ややかな視線をくれるので、いつの日か奥さんも巻き込んでやろうと画策中です(笑)

一度ジムなどに行って専門的な指導やアドバイスを頂きたいなぁと思っていますが、なかなか時間が取れませんので、ネットや本(図書館で借りてくる)で調べて実践を繰り返しているところです。

で、筋トレと同じく、というか、もっと習慣的に取り組んでいるのがストレッチです。

元々膝と腰に故障を抱えている中年男ですので、体のケアには気を遣います。
気を遣ってばかりだとトレーニングにならないので、しっかり痛めつける時は痛めつけて、その後ストレッチやクーリングなどでケアをします。

おかげさまで膝も腰もだいぶ強くなってきたように思いますし、現に以前は少し走るだけで痛んでいた膝は痛まなくなり、ぎっくり腰は今年に入ってからまだしていません(エッヘン)
痛み自体はあるのですが、許容範囲内の軽い痛みで済んでいる、という感じです。

そのストレッチですが、先日購入した、


バイシクルクラブの特集の中に、股関節のストレッチが載っていたので実践し始めたところです。
何ページかは忘れましたが、階段を使って片足ずつ行うやつですね。

で、ものすごくはっきりと気付いたのですが、左に比べて右が明らかに硬いんです。わたしの股関節は。

左足を上げてすると、簡単に膝が胸につくくらいスムーズにできる。
これが右足だと、力を入れても膝と胸の間にかなり隙間があく。
力を入れすぎると痛い。左は全く痛くないのに。

ここまで、左右の股関節の可動域が違うとは全く思っていなかったので、ちょっとびっくりすると共になんとかならんもんだろうかと日々ストレッチに励んでおります。

で、思い出したのが、以前も記事の中で度々書いたことのある、左右の足の動きが違う、という点。

ペダリングで最近はっきり感じていたことですが、左足はスムーズにペダリングできるのに、右足は意識的というかぎこちないというか、どうにも落ち着かない。
この改善のために片足ペダリングも頻繁にやっているのですが、なかなか動き自体が改善されることがない。
片足ペダリングでの疲労度合いは左右ほぼ同じなので、左右の筋力にさほどの違いがあるようには感じないのに、これだけ動きに差がでるのはなぜだろう、というのが、最近の大きな謎でした。

以前はここまで違う感じがしなかったのに、どうして最近これだけ左右の差を感じるんだろう、というところも疑問でした。

で、今回股関節の可動域がこれだけ違う、というのがはっきり分かったので、長年の疑問も解決。
特に今年ヒルクライムを目指し始めてからそうですが、ハムストリングを使う、股関節というか太ももの動きを意識するように、ペダリング練習に取り組んできたわけです。

それまではあまり意識していなかったので、多分股関節の動き自体も小さかったのでしょう。
それを意識するようになり、動きが大きくなるにつれて、股関節の動きの違いがそのままペダリングに現れるようになった、ということではなかろうか?

いくら筋トレしても片足ペダリングしても改善されなかったのは当たり前で、原因が股関節の動きにあるのであれば、それを改善していかないとペダリングも改善しない。

ということかな?と思っています。

まぁこれが改善できるのかどうか自体分かりませんが、とりあえず股関節のストレッチは毎日やっていこう。
片足ペダリングも続けよう。
筋トレも続けよう。

それでやれるところまでやって、それでも駄目だったら諦めもつきますからね。

ということで、

・股関節の動きをスムーズにする
・差を補えるように意識する

の2つでしばらく取り組んでみようと思います。
課題が分かるとやりようもあるので、今回の股関節ストレッチはやって良かったな~と思っているところです。

バイシクルクラブさん、ありがと~♪


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。