FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊予路を走ろうサイクリングレポート ~山を越えて松山へ~

昨日の続きですが、まずは訂正。

バイクの写真の中で、四国の中央さんとsinさんのCAAD10を反対に記載していたみたいです。
お詫びして訂正します <(_ _)>

・・・というか、改めて見比べてみても、違いが分からない男ですので(笑)

さて続き続き♪

CIMG1131.jpg

最初の信号でもそうでしたが、この後度々信号でのストップや中切れを乗り越えながらのサイクリングになります。
おまけにちょっとルートを外れたりもしましたのでね。
ね、こうじさん(笑)

CIMG1132.jpg

まぁでもこの人数ですから致し方なし。
先頭が見えません(笑)

国道に出てからはスムーズになり、川沿いを気持ちよく走ります。
ここでは信号等で切れてもそのまま進行。
あえて中切れすることで、車への影響を少なくする作戦~。

で、わたしはこの間ひたすらしんがりを務めておりましたが、それは「主催者として・・・」というのを言い訳にして、ひたすらあるものを見つめるためでした。
女性の後ろ?いえいえ、違います。
わたゆきさんの後ろに陣取りましてね、電動デュラの動きや音をひたすら観察していたんですよ~(笑)
ん~、楽しい♪
動きがスムーズなのはもちろん、ウイーン、カチカチという音がなんともいえずかっちょい~。
存分に堪能させて頂いておりましたよ、わたゆきさん。
ありがとうございました。

ほどなく玉川ダムへの登り口に到着。
ちょっとしたヒルクライムになりますので、ここからはそれぞれ自分のペースで走ってもらうよう声をかけます。

案の定、数名飛び出して・・・って、Pさんは気づいたらかなり前を走っていましたが(笑)
わたしも写真を撮るために先行。
うん、やっぱり足の調子が良い。すいすい上がり、ある程度集団を引き離してから止まります。

さぁ撮影撮影・・・なんだけど、カメラがフリーズ(汗)
どんどん集団が通り過ぎる中、あせって電源ボタンを連打。
やっと動いて、

CIMG1133.jpg

CIMG1134.jpg

なんとかこれだけ撮れました(汗)
これだけじゃもったいないので、さらにリスタートし先行。

CIMG1136.jpg

CIMG1137.jpg

CIMG1138.jpg

これだけ追加でき、最後尾を走っていたAさんの様子を見ながらリスタート。
今日は始めてのロングライドというAさん。
かなりしんどそうなので、「あそこで登りは終わり。1回休憩しますからね」と声をかけて走ります。

CIMG1139.jpg

ほどなく玉川湖畔の里前のJAに到着。
ここで一旦休憩。

CIMG1140.jpg

マロンさんから本命チョコを頂きエネルギー補給。
それだけでは足りずに、事前に購入していたコンビニドーナツをほおばります。
打ち合わせで、水ヶ峠トンネル前にスペースがあるのでそこでまた休憩と決まり、女性陣も話しに花が咲きかけたところでリスタート。

1名先行してスタートしている、と聞き、後をお願いしてここから本気のヒルクライム開始。
できれば先頭でゴールして、後の面々の写真を撮りたいともくろみ、ペダルに力をこめます。

ここからのヒルクライムは距離5km、平均勾配4%ということで緩いコースとルートラボで確認済み。
予想通り緩斜面が続き、速度25km/h超をキープして先行している人を追います。
途中で背中が見えてきて、ぱぱん隊長と確認!
ロックオン!と思い追いますが、ここからがなかなか差が縮まらない(汗)

途中から坂の傾斜が徐々にきつくなり、ぐんと急斜面になった後は急勾配が続きます。
・・・これは、思ったよりしんどいぞ?
楽しいけど、女性陣にはきついかもしれんぞ、これは(汗)

そう思いつつ、でも登るのが楽しいので引き返す気になれず(笑)
ほどなく、まっつーさんやガスモンメンバーが追いつき、必死に抜かれないようにペダリング。

CIMG1141.jpg
(必死だけど、写真は忘れません(笑))

ほどなくゴール。
タイムは計っていませんが、それなりに手ごたえのあるヒルクライムでした♪

CIMG1144.jpg

三々五々到着するメンバー。
ここでも数枚撮った写真が消えていました(汗)
本当にね、このカメラはいかんです。
ここぞ、という時に動かないしデータが消える。
・・・メーカー修理に出してみようかな?

最後尾にsinさんが付いてくれているとの情報を得ましたので、下ってヘルプはしなくても良いだろうと休憩・談笑。
ほどなく、

CIMG1145.jpg

CIMG1146.jpg

sinさん、Aさん到着~。
お疲れ様でした。

マロンさんから、女性にはきついよ、とお叱りのお言葉を頂きましたが、うん、そうですね、しんどかったですね、このコースは(汗)
平均4%ですが、感触的に前半2%で後半6%という感じでした。
2%くらいがゆるゆる続くような坂じゃないと、慣れていない人にはきついですね、これは。
ちょっと反省です。

CIMG1147.jpg

全員揃ったのでリスタート。
水ヶ峠トンネルは、こちら側からは結構広い自歩道が整備されていたので安心。
照明もある程度明るかったので、これくらいならトンネル嫌いのわたしでも走れるなと思いながら走行。
まとまって走っていましたが、車道と自歩道2つに分かれて走行していましたので、まとまりつつ列が長くならずに走行できました。

トンネルが終わって一旦集合しリスタート。
ここから速い人は速く、それ以外の人は安全運転で下り。
ひたすら下るのと、次の予定場所である道後温泉本館は大変な混雑が予想されましたので、石手ダムで再度合流することに。
疲れが見えるAさんのフォローにわたしとこうじさんが入り、頑張らずに下りましょうと声を掛けて、それでも下りなので30km/hオーバーで走行。

CIMG1148.jpg

CIMG1149.jpg

ここは気持ちよかったですね~♪
最初はしんどそうにしていたAさんも、ほどなく笑顔になりました。
交通量が多くカーブの連続だったので、安全第一、抜くに抜けないクルマにはハンドサインを送って抜いて頂いてと、自分なりに集団走の練習と位置づけて走らせてもらいました。

石手ダムで合流しリスタート。
時間がちょっと押していましたが、予定通り道後温泉に向かうことに。
別動隊で昼食を取りに行ってもらい、残ったメンバーで道後温泉本館へ。

CIMG1150.jpg

CIMG1151.jpg

CIMG1152.jpg
(信号待ちの間に撮影)

予想以上の人出にたじろぎました(汗)
この中に自転車を押しながら突っ込んだら迷惑千万になることが容易に想像できたので、ちょっと申し訳なかったですが、道後温泉本館の裏手で記念撮影することにさせてもらいました <(_ _)>

CIMG1153.jpg

CIMG1154.jpg

CIMG1155.jpg

道後を散策するかも、というようなことを企画段階で書いていたので女性陣はかなり期待してくれていたみたい。
流動的に記念撮影だけになってしまいましたが、時間と混雑を見ての判断ですので、ご了承下さい。

その後はぱぱん監督の道案内で、不慣れな松山市内を縦横無尽に走行。

CIMG1157.jpg

CIMG1159.jpg

ドリンク補給したい人が結構いましたので、そのままセブンイレブンにピットイン。

CIMG1158.jpg

コンビニが変わると品物も変わるので面白いですね。
セブンイレブンはまだ愛媛県に3店舗しかありませんので、初の来店、という方もいて結構盛り上がりました(笑)
盛り上がりすぎると、sinさん始め先行している4人に申し訳ないのでほどなくリスタート。

CIMG1160.jpg

どこをどう通ったのかさっぱり分かりませんでしたが(笑)、無事合流。

CIMG1161.jpg

ここで日の出さんの三津浜焼きを頂きます♪

せっかくのアップの写真もデータが消えていましたが(汗)
大変おいしく、ボリュームがあり、お値段も安いということで、これはすごくお勧めです。
自家製麺がもちもちでしてね~。
松山観光で三津浜焼き、というのも乙なもんだと思いますよ♪

CIMG1162.jpg

CIMG1164.jpg

下の写真、写っているのはわたゆきさん。
海を眺めるいい男、の雰囲気でなかなか良い写真ですね、これは(笑)
その後ろに写っているのが渡船でして、短い距離ですが地元民専用で無料運行しているそうです。
sinさんの提案と交渉で、女性陣は渡船で対岸にわたり、男性陣は迂回して合流することになりました。

お腹も膨れたし、ここがちょうど折り返し地点。
ゴールまで40kmちょっと。
エネルギーを補充して元気が出た一団は、ひとしきりしゃべり倒した後に出発したのでありました。


今回はここまで。
次回でレポートは終わりです。
乞うご期待♪


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

なんだかたくさん映ってる~(^^;

こんばんは。
なんだかたくさん登場しちゃってますが~~。
山は苦手というか、あまりに貧弱なことを思い知る結果に・・・orz

なんとか鍛えて普通?にはあがれるようにしないといけないと、思い知りました。
何はともあれ走り込みが必要ですね!

まずは平地からですが、そのうち山のぼりもできるように・・・

下りは機材パワーで楽しかったです、ハイ(^^)

No title

ひろ父さん、こんにちは

背中のアップありがとうございます。
やはり目立ちますねw
これくらい目立てばある意味安全かも。
今年のバージョンはボディラインが好みじゃなくスルーしたんで
去年もう一着買っておけばよかったwww

続きのレポ(ネタ)をを楽しみにしています。

Re: わたゆきさん

こんにちわ。

はい、写させて頂きました(笑)
ヒルクライム楽しいですよ~、はまりますよ~。せっかく良いところにお住みなのですから、ヒルクライムしちゃいましょうよ~(誘)

Re: ぱぱんさん

こんにちわ。

本当は、道後の町並みをバックにジャージを、と思ったのですが、見事なタイミングでバスが来てくれました(笑)
更新頻度がしばらくあがりますのでお楽しみに♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。