FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひろ父

Author:ひろ父
2012年6月に、念願のクロモリロード(ラレーカールトンF)を購入しロードバイクデビュー。
いろいろ試行錯誤の上、今のところはのんびりまったり楽しもうというところに落ち着いています。

リンク
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
参加中のランキング
ヒルクライムシーズンが終了しましたので、参加ランキングをロードバイク1つにしました。 今後とも宜しくお願い致します <(_ _)>
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フリーエリア
amazon
wiggle
楽天
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく走れ! ~2号機二周年記念サイクリング~

おはようございます (^。^)y-.。o○

昨日、月曜日も休みでした (^_^)v
元々土曜日仕事予定にしていたので休みをずらしただけだったのですが、子供たちも日曜日の授業参観の振り替えで休み。

・・・ちっ、せっかく一日走ろうと思ったのに (-"-)
子供たちと休みが一緒になってこんな嬉しいことはないですね! \(^o^)/

というわけで、昨日午前中は家族サービス確定・・・の予定が、予想外に予定がぐちゃぐちゃになって、結局一日家族サービス (-"-)
夕方30kmローラー回せたので、まぁよしとしましょう。

というわけで今回は、日曜日のライドの話題です。


日曜日は授業参観でした。
わたしは、ほぼ一年ぶりの参観日。
子供たちの成長が楽しみでしたが、とても楽しめましたね~ (´ー`)

兄ちゃんは6年生。
そりゃもうとても真面目に授業に取り組んでおりまして、目も合わせてくれない(笑)

娘は・・・あまり変わりないかな?
まぁ授業自体が「親も一緒に参加して楽しもう」という趣旨のものだったので、教室全体てんやわんやの大騒ぎ (^_^;)
普段の様子が見たかったんだけどな~。
ま、楽しそうだったからいいでしょう。

末っ子は2年生になってすごく真面目になっていました Σ(・ω・ノ)ノ!
1年生の時は、もう視点があっちうろうろこっちうろうろ。
勉強なんてやってないんだろうな、と思っていたのですが、昨日は真剣そのもの。
年齢的なものもあると思いますが、一番変化が大きく親としてうれしい限りでした (^_^)v

そんなこんなで1時間足らずで授業参観終了。
奥さんと買い物に行って、帰ってサッカーのワールドカップ鑑賞。
見るつもりはなかったのですが(あまり興味なし)、見出すと止められず最後まで鑑賞。
惜しかったですね、というべきか、完敗でしたね、というべきか。
次に期待です (^。^)y-.。o○


昼食は奥さんと二人で食べて(子供たちは給食を食べてから帰るそうな)、午後からたっぷりできた時間。
時間があるので、これに取り組んでみました。



先日組みなおした、ヒルクラ練習100kmルート。
これを、4時間以内で休憩なしで走ろうという試みです。

これまで100kmを越えるサイクリングというのは、もれなく休憩を多々含んだものしか走っていませんでした。
しまなみ海道しかり、先日の伊予路を走ろうサイクリングしかり。
走って休憩して、走って食べて飲んで、というのが基本姿勢。
なので、アベレージも大体22~23km/h程度で安定しているし、大体一日がかりのサイクリング。

単純計算で行けば、休憩をほとんど取らずにアベレージ25km/h以上で走れば達成できるはずです。
30km/h巡航は楽に維持できるようになっていますし、決してやれないことはないはず。
なので、チャレンジしてみました。

今の自分が、どれくらいの走りができるのかを確認したい、という気持ちも大きくありましたしね (^O^)

ただ、日曜日は西風がビュービューすごかったので、どこまでできるかは神のみぞ知る、という感じでしたが (;^ω^)

時間を正確に測るため13時に出発・・・しようとして勇み足で12時55分出発。
当初の予定だと100km届かないので、まずは産業道路を西進し、いつもの橋を渡って東に折り返し、そのまま国道経由でいつもの分岐から黒瀬ダムアタック。

いつもの分岐まで約10km区間、アベレージ30.0km/hを記録 (^_^)v
後で思えば、この時は一時的に風が弱かったのよね。

最初のヒルクライム、黒瀬ダム加茂川側からの登りは頑張って、12分半程度で登坂。

CIMG0001_201406152029135b1.jpg

まずまずのペースで満足しながら、それでも疲れたので黒瀬湖沿いは流して走行。
幸いこの日は陽射しも弱く、ダム湖を渡ってくる風を受けて涼しく感じながら走れました。

そのまま氷見側から下って中山川コースへ。

CIMG0002_20140615202914d19.jpg

本当は、中山川コースを走りながら補給するつもりだったのですが、すんごい向い風区間となりそんな余裕はさらさら無し(汗)
とにかく西風が強く、後で気象庁のデータで確認すると常時風速5~6mということでしたが、ま~こいでも進まないこと。
下ハン握って全力・・・だと長距離持たないので、なんとか維持できるAve25km/hでじわじわ走行。

たまらず高速道路の高架下交差点で右折し北進。
ちょっとね、向い風がひたすら続くのはしんどすぎます (;^ω^)

CIMG0003_20140615202916e51.jpg

強烈な横風が吹きつけますが、向い風よりは随分楽です (^_^)v
アベレージも30km/hオーバーに復活し、そのまま農道経由で次の目的地、今カンヒルクライム地点を目指します。
交通量が少なくなったところですかさず補給。
この日は、

CIMG0014_2014061520300579f.jpg
(空袋で失礼)

エナジージェルと、特価品の酒饅頭を携帯していました。
酒饅頭と言っても酒は入っておらず、濃厚な餡子で、

CIMG0015_2014061520300653d.jpg

200kcalオーバーの饅頭ということで購入。
ここで一口頬張り、ドリンクで流し込んで補給終了。
そのまま農道を気持ち良く走破し、今カンへ突入・・・しようとしたところ、ドリンク終了(汗)
仕方なくドリンク補給で一旦停止。

CIMG0004_201406152029179ac.jpg
CIMG0005_2014061520291962a.jpg

先日のヒルクライトレサイクリングに参加して頂いた方はお分かりだと思いますが、ヒルクライム直前にある貴重な自販機でポカリ購入。
陽射しは弱いのですが、この日はとにかく蒸し暑くて堪えました (-"-)

冷たいドリンクを飲んで心機一転、今カンの坂を登ります。

CIMG0006.jpg

タイムは計りませんでしたが、案外うまく足が回ってさほど消耗することなく登坂。

CIMG0007_20140615202938c97.jpg

今治市内に突入し、ここからしばらくは下り区間。
農道に突き当たるまでは曲がりくねった道なのでスピードを抑え、ちょうど後ろから来たクルマをスルーして農道に合流してからスピードアップ!
時速40kmオーバーを保ちながらつきはらベーカリーを左折。
続いて朝倉ダムを目指します。

CIMG0008_20140615202939e83.jpg

ここでハプニング発生。
朝倉ダムへのヒルクライムを開始してほどなく、カーブを曲がったところでサルと遭遇。
ばったり目が合ってしまい、お互いにらみ合うこと数秒。
一目散に山肌を駆け上っていくのにはっとして、慌てて撮った写真がこれです(笑)
分かります?分からないですよね~、やっぱり (^_^;)

これでちょっと不安になりまして、本来であれば朝倉ダムを起点に一周するルートを取る予定でしたが、初ルートであること、以前たこぼうさんさんから聞いた「一度もローディに出会ったことがない閑散とした道」との情報から、「誰も通らないところでサルの集団に出くわしたら・・・」との不安が募り、朝倉ダムから折り返すルートに変更しました (;^ω^)

ほどなく朝倉ダム到着。

CIMG0009_20140615202941b31.jpg

写真の端に写っていますが、若者の集団がダム湖で泳いでいる?
バカ騒ぎの真っ最中でのんびりする雰囲気ではなかったので、写真を撮ってすぐにリスタート。
今日は頑張る日、の位置づけだったので良いですが、後からきた年配のご夫婦たちもぎょっとした顔で降りてもいいものかどうかと思案していましたので、自分たちだけ楽しければOK的なことは止めたがいいと思いますね。
おじさんとしては (^_^;)

ここから後半戦。
幸い下りでサルに出会うこともなく、下りは稼ぎ時なので安全を考慮しながら35km/h前後ですっ飛ばします。
再度つきはらベーカリーに戻ってきて右折。
来た道を戻り、そのまま今カン逆ルートに突入。

本当は農道をぎゅーんと下って、のつもりだったのですが、前半でちょっとショートカットしてしまっていますので、帰りにスルーしたヒルクライムを反対から登る、西山興隆寺前の道路を走るつもりでした。
そのために今カン裏ルートを登り、下りを楽しんでルートに乗ったのですが、行きよりもさらに勢いを増した向い風に行く手を阻まれます (-"-)

登りで西進するので、もれなく向かい風の中の登坂、ということになります。
この時点で走行距離は50kmオーバー。
後に控えている黒瀬ダムの2回目のヒルクライムを考えると、とてもじゃないけどここで使い切る体力はありません。

なので、再度ルート変更。
途中から中山川に南進するルートに切り替え、登りでは25km、下りでは30kmオーバーで頑張ります。

もうすぐ中山川、というところで、再度ドリンク終了。
やむなく2回目のドリンク補給。

CIMG0010.jpg

ここまで1リットルドリンク消化。
もうこれでドリンク補給は終わりにしたいなと思いつつボトルに詰めて、勇んで中山川ルートへ。
ここから待望の、長距離追い風爆走区間突入です (^。^)y-.。o○♪

CIMG0011.jpg

追い風最高~♪
楽に40km/hオーバー巡航ができますので、時間とアベレージを稼ぐためにちょっと頑張ります。
・・・頑張りますが、40km/hオーバーだと少しオーバーペースに感じましたので、ちょっと修正して40km/h弱巡航(笑)

あっという間に分岐に到着し、農道を経て再度黒瀬ダムヒルクライムへ。

CIMG0012.jpg

今度は氷見側からの登坂です。

実はこの直前、両足の脹脛と太ももの内側に異変が (-"-)
明らかに攣る寸前の症状です(大汗)
時刻は16時前。
2回のドリンク補給と朝倉ダムの撮影以外は、全く休憩なし。
この日は信号運も大変良く、自宅を出発して信号につかまったのは産業道路の区間(自宅を出発して5kmまで)だけで、あとはほぼノンストップで走っていましたので、3時間弱走り抜けています。

その間、黒瀬~今カン~朝倉ダム~裏今カンと4つの登坂、それにプラスして結構な距離の向い風区間を走っていますので、明らかにいつもよりもきつい走行。
加えて3時間ほぼ休みなし、というのは初体験ですので、知らぬ間に体に疲労が蓄積されていたんですね。

最後の黒瀬ヒルクライムを回避すべきかどうか随分悩みましたが、前半に一部ショートカットしているし、これで黒瀬ダムまで回避したら、今日のルートを組んだ意味がない!と自分に叱咤激励し、最後の力を振り絞って登坂スタート。

・・・でも体は正直なもので、とにかく足が攣らないように登るのが精一杯 (^_^;)
いつもだったらアウターでがしがし行くところですでにインナー(笑)
最初のカーブでインナーロー炸裂し、あとはインナーローを起点にちょっと緩くなったらリアを一枚重くする程度のギアチェンジでえっちらおっちら登ります。

結局、足攣りは回避できましたが、黒瀬ダム湖まで19分かかりました(笑)
間違いなく、自己最遅記録更新です (^_^)v

ここで性も根も尽き果て、たまらず小休憩を挟むことにしました。

CIMG0013_20140615203004f7a.jpg

あ~、やっぱり黒瀬ダム最高~と、この日初の一服 (^。^)y-.。o○
ドリンクを飲んで、紫煙と景色を眺めると、もうなんだっていいや的な感傷に包まれます(笑)
ここで走行距離を確認すると80kmほど。
朝と同じ、産業道路~農道経由で自宅に帰ったとして、いつもの分岐から自宅まで約10km。
休憩場所からいつもの分岐まで、多分7~8km。

・・・100kmまでちょっと足らないな~ (-。-)y-゜゜゜

せっかくだから頑張るか、と、5分ほどの休憩を終えてリスタート。
時刻は16時20分。
4時間で走る!の制限時間、16時55分には間に合いそうもないけど、とにかく頑張ろう。

下りではなるべく速度を出して、途中の登り区間も休むダンシングを多用して、足が攣らないように、でもなるべく速く走ります。
いつもの分岐に到着した時点で、100kmまであと16km。
・・・くっそ~、後6km余分に走らないと100km行かないな~。
やれるところまで頑張ろうと、いつもの分岐から加茂川沿いに走り、国道11号を突っ切って農道へ。
そのまま加茂川沿いに走って戻るのが行きのルートでしたが、もう一本山側の農道に入って、中山川ルートに合流してUターンする作戦に出ました。

でも・・・

ここでさらに勢いを増した西風の洗礼を受けます (-"-)
もうね、どれだけ頑張っても15km/hしか出ない(笑)
それでも頑張って頑張って、うちぬき公園を過ぎたところまでは頑張ったのですが、「ぷつっ」と自分の中で何かが切れる音が聞こえました。

あ~~~、もう駄目(爆)

そのまま北に進路を変更し、加茂川を渡って産業道路へ。
東に進路を変え、追い風に運ばれて無事到着したのが17時5分。
結局このようなルートになりました。



せっかくなので、この日のリザルトを掲載。

走行距離  96.3km
Ave   25.2km/h
最高速度  54.0km/h
走行時間  3時間49分50秒
所要時間  4時間10分


でした。

距離が足りず、時間をオーバーしているので、今のわたしの実力だと、100km走るには4時間半程度必要だ、ということが分かります。
慰めは、一応の目標だったAve25km/hオーバーは達成できたこと。
今回は、短距離とはいえ5つのヒルクライムを含みましたので、純粋に平地だとどうなるかは興味があるところですが、日本である程度のロングを走る場合に、全く登坂なしで組めるルートは限られているので、まぁこんなもんだろう、と思います (^_^;)

この日、6月15日は、2号機Raleigh Carlton F号を購入してちょうど2年の記念日でした。
ロードバイクなるものに乗り始めて2年。
途中紆余曲折があったものの、今年は前半ヒルクライムレースを頑張ると位置付けてトレーニングに励む日が続いています。

43歳という年齢、クロモリというハンデ、なにより「自分はレーサーではない。いろいろな楽しみ方ができるのがロードバイク」という考えで「それなりに」頑張ってどれくらい走れるようになったのか。
その辺も確認したいと、この日は頑張ってみました (^。^)y-.。o○

結果としては、今の自分でも達成できるかもしれないと思った数値をクリアできなかったので残念、なのですが、2年前と比べれば随分走れるようになったと実感しています。

思えば2年前。
2号機購入後一か月で挑んだ、自宅から自走でのしまなみ海道を目指したサイクリング。
走行距離90kmと、この日のサイクリングよりも短距離でしたが、ほぼ一日を費やし、帰宅後動けなくなって脱水症状を呈したあの頃に比べれば随分走れるようになっていました (^_^)v

積算の走行距離も、この日9111kmを記録。
2年で9000kmは、もちろんすごい記録というわけではない(年1万キロ走る人だってざらにいますから)のですが、走った分だけちゃんと身についている、という実感があって、それなりに満足できる結果でした。

半日で100km走れるようになったな~と、自画自賛(笑)
その分、翌日に猛烈な筋肉痛に襲われることになったのですが、やって良かったなと思います (^。^)y-.。o○

まぁでもしんどいもんですね (^_^;)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ひろ父さん、こんにちわ~

2周年おめでとうございます!

私も1周年を迎えまして、ちょうど1年違いなんですね~
日曜にサイコンが4000km超えましたので、11月~1月のブランクを差し引きして、やはり週末ライダーはこんなもんかなってところですね(笑)

私は日曜、自宅~寒風山~旧道~瓶が森林道の往復コースを♪
天気が良かったため、瓶が森林道は自動車・オートバイの往来が多く、下界並みに排ガスのシャワーを浴びることになり、ビューポイントで引き返しました(汗)

ただですね、先日はすごく楽しかったのに、今回は修行でした。
瓶が森林道、あんなに坂がきつかったかなぁ??
みんなで走ると感覚が麻痺するみたいです♪

旧道ではお猿さんに遭遇し、この疲労感で100km弱かよ!とか、違う場所で同じようなことを楽しんだのでした~(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして

よく拝見しています。
私もほぼ同じ時期にロードに乗り始めました。多分道ですれ違った事もあると思います。

朝倉から黒谷に抜ける道は、一度だけ小さな猪を見かけましたが、経験上動物の出没率は高くないです。
旧寒風山の方がよっぽど高いです。距離が段違いというのもありますが。
ちなみに、逆方向に走ることをオススメします。
朝倉側からだと大したヒルクライムにならない上に、見通しの悪いカーブが続く黒谷側を下るのは危険度高いです。
黒谷側からだと距離の短い割に登り応えのあるヒルクライムになりますよ。

2号機2周年おめでとうございます

日曜日の夕方、土手沿いに走りましたけどあの風の中を25km/h維持ですか参考になります。
ひろ父さんを標的もとい目標にしていずれ追いつけるように日々精進に励みたいと思います。

Re: たこぼうずさん

おはようございます。
お祝いコメントありがとうございます♪

ついに自走で瓶ヶ森行っちゃいましたか(笑)
すごいですね~。
そうですよ、「あんなに」きつかったですよ。感じなかったたこぼうずさんが変(笑)
往復で8~90kmくらいですかね。
登って登って下って下って、まぁメリハリありすぎコースですよね。
今度ご一緒しましょう♪

Re: たいとさん

初めまして。コメントありがとうございます。

朝倉情報ありがとうございます。
そっか、反対側から登ったら、下りは勝手が分かっているので安全ですね。
今カンと二択になりますが、今度登ってみます。

Re: とさん

おはようございます。

向かい風は良いトレーニングになりますね。
ペダリングもそうですが、フォーム(前傾を強めて維持)を気にすると、途端にスピード維持が楽になりましたので、もっと向かい風に向かって走らないといけないなと感じました(笑)
標的?ど~ぞど~ぞ。寄ってきてくださいね~(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。